太宰治『お伽草紙/カチカチ山』あらすじ|少女の心には、残酷な兎がいる

スポンサーリンク

解説>戦時中、安全を求め転々と疎開する家族、落下する焼夷弾に防空壕の中で子ども抱きあやしながら絵本を読み聞かす傍ら太宰流の新説、お伽噺し。「瘤取り」「浦島さん」「カチカチ山」「舌切り雀」を1作ずつ紹介。その創作意欲と、子どもに向ける愛情を思う。

スポンサーリンク

登場人物


16歳の無垢で純真な美少女、少女特有の残酷さ持っている。

37歳の醜悪大食な中年男、可愛い兎に恋をしている。
読み手(太宰)
防空壕のなかで、子どもに絵本を読み聞かせながら新作お伽噺を創作。

あらすじ(ネタバレあり)

話し伝えられる昔話には、いろいろなストーリーや類型があり、同じような話が日本だけでなく世界に
あります。まず、典型を確認して太宰流の新説を味わっていきます。

典型的な「カチカチ山」のお話。

悪知恵のはたらく狸は翁の畑を荒らして食物を盗み食べる。翁は、狸を捕まえ狸汁にするようにと媼に伝え畑に戻る。改心の情を装う狸は、媼に縄を解かせて、逆に撲殺し婆汁をつくり狸は媼に化ける。

知らずに婆汁を食べた翁を冷やかし山に帰っていった。翁は仲良しの兎に仇討ちを相談する。兎はタヌキの成敗にでかける。

金儲けを口実に柴刈りに誘い、背負った柴に火をつける。「カチカチ」という火打ち石の音が気になる
狸に、ここはカチカチ山といってごまかし、タヌキに火傷を負わせる。そして傷に効くとトウガラシ入りの味噌をすりこませ、さらに痛みは増す。

しまいには、狸の食い意地に目を付けて漁に誘い出し、欲張りな狸は木の船よりも大きな泥の船に乗り漁に出る。泥の船は溶けて沈み始めるが、助けを求める狸に兎は櫂で溺れ死にさせる。めでたくウサギは媼の仇を討つ。

新説、太宰のカチカチ山は16歳の美少女と醜悪大食の中年男の話。

カチカチ山は、兎は少女、狸は少女に恋する醜男というのが疑いのない事実だ。

これは富士五湖の河口湖畔の出来事で甲州の人情は荒っぽいが、それにしても発端となる婆汁などは、あまりにひどすぎて、児童読物としてはふさわしくない。

改訂版は、狸が婆さんに怪我を負わして逃げたとされているが、そうだとすれば、兎の狸に対する懲罰は執拗すぎる。生殺しにしてなぶって、最後は泥船で沈めてしまう。

発売禁止を顧慮して、婆さんには、狸汁ではなく軽い怪我をさせたと改訂されており、そのわりには、
狸へのかずかずの恥辱と苦痛、そしてぶていさい極まる溺死とは、やや不当な感じがするではないか。

どうもこの仇討ちの仕方は男らしくない。子どもでも大人でも、正義に憧れている人間には、不快の情を覚える。私は考え、そして分かった。この兎は十六歳の処女なのだ。

人間のうちで最も残酷なタイプだ、ギリシア神話では月の女神アルテミスのような。

このような女に惚れたら男は大恥辱を受けるに決まっている。それでも愚鈍な男ほど、こんな危険な女性に惚れ込みやすい。気の毒な狸とは、アルテミス型の少女に思慕の情を寄せていた中年男なのだ。

アルテミス型の少女から、愚鈍大食の男は悲惨な仕打ちを受けることに。

狸は爺さんに捕らえられ狸汁にされるところを逃げ出す。それを得意満面に兎に話す。しかし兎は「あの爺さんと婆さんは仲良しで、美味しいお豆をいただいたりする友達で、あなたこそが敵だ」と言う。

この時すでに兎には復讐心があり、処女の怒りは辛辣である、まして醜悪で魯鈍な者に対しては、容赦がない。適当に謝りながらも木の実を拾い食いする狸を、兎は助平で食い意地が汚いと蔑み、トカゲやうんこを食べたことなどを指摘し身をひいてしまう。

それから兎は、眼を輝かせながら「一度だけ許してあげるけど、それには条件がある」という。それは、爺さんが落胆して山に柴刈りに行く気力が無いので、私たちが代わりに柴刈りに行って、手伝ってあげようというもの。

狸は、柴を刈って爺さんの家に届けることで、兎の気をひこうと賛同する。

兎は、狸を柴刈に誘いカチカチ山と嘘をつき、背中を燃やす。

夏の朝は、すがすがしい。河口湖の湖面は朝露に覆われていた。

山頂では狸と兎が、せっせと柴を刈る。狸は一心不乱どころか半狂乱に近いあさましい有様で鎌を振り回す。大労働をみせつけ弁当に手を伸ばす。弁当の中身は相変わらずグロテスクだが、兎は、無言で、技巧的な微笑みを浮かべ狸の狂態を知らんふりして見逃している。

お昼近くになり、それぞれに刈った柴を背負って、帰途につく。蛇が怖いといって狸を先頭に兎が後方に歩き出す。何だか、カチ、カチと背後で音がする。

狸が兎に聞くと「当り前じゃない、ここはカチカチ山だもの」と言う。狸はこの山に来て三十何年になるが、こんな音を聞いたことが無いという。

兎はそれを聞き、狸がまえに自分は十七歳と嘘をついたことを責める。「ああ、いやそれは兄の話」だと狸は胡麻化して話しているうちに、なんだかキナくさい。

そのうちに背中の柴がボウボウと燃えていることをしり「あちちちち」と狼狽える。

翌日、薬屋を装う兎は、狸の火傷の傷跡にトウガラシを擦りこむ。

翌日、狸は火傷の痛みで、穴の中で唸る。そうして「おれは死ぬのではないか」と悲観し「これまで自分の男振りのせいで女が自分に近づけない、俺は高邁な理想主義者ではないのに女どもが遠慮する」などと自意識を過剰に口走る。

実はことし37歳になる狸だが、いままでカチカチ山やボウボウ山など体験したことが無く、不思議がっていることころに、薬売りの行商がやってきた。

「やけど、切り傷、色黒に悩むかたに“仙金膏”」と呼ぶ声がする。

薬売りは背中の火傷のひどさを心配する。薬売りは兎だが、何でも男の薬売りの兎で、三十年間、この辺りを売り歩いているという。「カチカチのボウボウ山は気をつけな」という狸に、兎は思わず、くすくすっと笑う。

美しい高ぶった処女の残忍性は限りが無い。平然と立ち上がり狸の火傷に唐辛子を練ったものをこってりと塗る、狸は苦しみのあまり哀れなうわ言を口走りぐったりと失神してしまった。

狸は兎に作ってもらった泥舟に乗って、溺死してしまいます。

全快した狸が、兎を訪ねてくる。またもや兎は悪魔的な一計を案出する。

河口湖においしい鮒がいることを話す。兎は「あなたが、鮒がすきなら一緒に獲りに行ってあげてもいい」という。網ですくえば簡単だからといい、舟を漕げると法螺を吹く狸を信じたふりをして、兎は狸のために頑丈に泥をこねた舟をつくってあげるという。

ふたりは揃って湖畔に出る。ウサギは早速、泥をこねて粘土の舟をつくった。狸は兎のような器用な働き者を女房にしたら遊びながら贅沢ができるのではと色気に加え欲気まで出てきた。

夕景をうっとり望見し「おお、いい景色」と兎がいう。どんな極悪人でも、残虐な犯罪を行う直前に山水の美に見とれる余裕などないはずだが、この十六歳の美しい処女は目を細めて鑑賞している。無邪気と悪魔は紙一重である。

「ひゃあ!水だ水だ」と悲鳴を上げる狸。「うるさいわね、泥の舟だからどうせ沈むわ」と言う兎。

必死にすがる狸は、兎の櫂を掴もうとするが、兎は櫂で狸の頭を殴る。狸は、兎の悪計を見抜くが既に遅かった。ぽかんぽかんと無慈悲の櫂が頭上に降る。

狸はぐっと沈んでしまった。

評価(ここがポイント!)

女性には無慈悲な兎が一匹住み、男性には善良な狸が溺れかかっている

お伽噺は時代の変遷とともに内容も少しずつ変わる。このカチカチ山もこのころは婆汁ではなく、婆さんに怪我を負わしたいう改訂版を太宰は前提にしています。

その上で、柴を焼いて火傷を負わしたり、その傷に唐辛子をすり込んだり、果ては鮒を釣りにと騙し泥舟をつくって溺死させる。

婆さんの怪我の代償としてはひどすぎる、これはきっと男の仕業ではない、女だ。

それも、十六歳の美しい処女の仕業だと自信をもって決定づけます。

そして男性諸兄にその年頃の女性には注意をしてかかれと警告します。

あまりしつこくすると極度に嫌悪され殺害の危険すらあり節度を守れとか、勧善懲悪のような道徳の善悪よりも、感覚の好き嫌いによって世の中は成り立っていることや、もっと言えば、“惚れるのが悪い”というのである。

年頃の女性には、無慈悲な兎が住んでいることを肝に銘じるべし。

防空壕で子供に絵本を読み聞かせながら書かれた新説、お伽噺

冒頭の前書きに、

物語を創作するというまことに奇異なる術を体得しているのだ。
ムカシ ムカシノオ話ヨなどと、間の抜けたような妙な声で絵本を読んでやりながらも、
その胸中には、またおのづから別個の物語が醞醸せられているのである。

当時は、日本の敗戦は濃く、容赦なく傷痍爆弾が落とされ、日本人は安全を求めて逃げ惑っていました。太宰は、この「お伽草子」を防空壕の中で、子どもたちを守りながら原稿を握りしめていました。

生命の危険に晒されながらも、子どもたちには絵本を読み聞かせ、胸中では太宰流に、日本古来の昔話に新解釈を加えている。

それは、戦争という極限の有事の中にあってもひるむことなく、大人たちへ向けての風刺に満ちた創作活動を続ける太宰の気概でもありました。

作品の背景

太宰晩年の作品にあたります。昭和20年3月に「前書き」と「瘤取り」の執筆にかかりますが、東京大空襲となります。その後、甲府市の妻の実家へ疎開を決断し、5月から「浦島さん」「カチカチ山」、6月から「舌切り雀」が書かれます。7月7日未明、ついに疎開先も焼夷弾攻撃をうけ、妻の実家も全焼。
知人宅に身を寄せ、28日、妻子をつれて東京を経由して津軽に向かいます。31日、津軽金木町の太宰の生家に着きます。『お伽草紙』の巻頭にも記されている通り、太宰はこの話を防空壕の中で子どもをあやしながら書き上げていきます。

発表時期

1945(昭和20)年10月、筑摩書房から刊行。短編小説集として「瘤取り」「浦島さん」「カチカチ山」「舌切り雀」の4編を収める。太宰治は、36歳。まさに戦火が熾烈を極めるなかでの創作活動です。空襲が激しくなり、物資の欠乏から作品発表の場が制約されていく中、これほどの創作活動を展開した文学者は文壇にはいませんでした。