洋画

映画『セント・オブ・ウーマン/夢の香り』あらすじと解説/ここが見どころ!

解説>盲目の退役軍人フランクは生きることに絶望しニューヨークへ自殺の旅に出る。同伴するチャーリーは学校で苦境に立つ。岐路に直面し思い悩むとき、損得では選ばない、真の人間の高潔さとは何かをアル・パチーノが熱演。アカデミー賞の主演男優賞受賞作品。
短編小説

梶井基次郎『檸檬』あらすじ|レモン爆弾が私の憂鬱を吹っ飛ばす快感

解説>私の心をおさえつける得体の知れない不吉な魂のせいで、私の生活は蝕まれ街を彷徨する。店で見つけた一顆の檸檬の単純な色、匂い、重さ、形。この完璧な檸檬が私を重苦しい憂鬱から爽快な気持ちにしてくれる。色彩を思い描きながら読み進む感性の世界。
洋画

映画『恋のためらい/フランキーとジョニー』あらすじと解説/ここが見どころ!

解説>男は、もう一度、恋をしたいと誓い、女は、もう二度と恋をしないと誓う。ニューヨークの小さなレストランで芽生えそうな小さな恋。忘れられない心の傷に月の光が優しくふりそそぐ。アル・パチーノ×ミシェル・ファイファー。せつない大人の恋愛映画。
スポンサーリンク
中長編小説

太宰治『人間失格』あらすじ|ただ、いっさいは過ぎて行くということ

解説>「恥の多い人生を送ってきました」の始まり、残酷な「無垢の信頼心は、罪の源泉なりや」の出来事。裕福な家に生まれながら人間関係に適応できない大庭葉蔵の人生は、破滅の道を歩みます。それは太宰自身を投影し弱者への慈悲の眼差しでもありました。
洋画

映画『シー・オブ・ラブ』あらすじと解説/ここが見どころ!

解説>ニューヨークの夜に、3人の男が殺される。現場に残る“シー・オブ・ラブ”のレコード。甘美な歌とリズムが流れる殺人。人生に疲れた中年刑事フランクと恋をハンティングする女ヘレン。アル・パチーノの刑事の眼とエレン・バーキンの謎の微笑みが交差する。
邦画

映画『復讐するは我にあり』あらすじと解説/ここが見どころ!

解説>実話にもとづく原作を映画化した作品。戦後最悪の事件が題材です。非情な殺人鬼にして詐欺師、そして常に愛人を伴う。悪魔のような残忍な犯罪に駆り立てた背景や心理を考えてみる。緒方拳の鬼気迫る演技と三国廉太郎/倍賞美津子/小川真由美の名演技がひかる。
邦画

映画『リップヴァンウィンクルの花嫁』あらすじと解説/ここが見どころ!

解説>SNSのクリックひとつで繋がる絆の希薄な社会。七海に訪れる受難。壊れそうに危うい真白。私には幸せの限界があるの。この世界は、ほんとうは幸せだらけなんだよ。黒木華×CoCo×綾野剛が繰り広げる不思議な現実。岩井俊二監督が贈る現代の御伽草子。
洋画

映画『ラストサムライ』あらすじと解説/ここが見どころ!

解説>武士の時代を捨て、西洋を模範に近代国家の建設を急ぐ日本。急速な改革に、忘れ去られる武士道。主君への忠誠、文武両道の精神の気高さを北軍士官のトム・クルーズと不平士族の領袖の渡辺謙が共演。アメリカ人の監督がつくった日本のサムライへの賛美。
洋画

映画『ニュー・シネマ・パラダイス』あらすじと解説/ここが見どころ!

解説>いつも映写室のなかで過ごした幼い頃。大人になったトト=サルヴァトーレは30年ぶりにシチリアに帰郷します。アルフレードの言葉通り、長い年月を経たことで懐かしい思い出に再会できた。夢を実現したトルナーレ監督自身の、映画と人生に込めた物語。
邦画

映画『深夜食堂』『続・深夜食堂』あらすじと解説/ここが見どころ!

解説>歌舞伎町ゴールデン街の裏通りの深夜食堂、無口なマスターと常連と毎回の訳あり客。今風、お江戸の人情噺し。今回は多部未華子出演の作品をご紹介します。ゆるくて、ほっこり、世間が恋しくなる。この際、テレビドラマを全編、ご覧になるのもおすすめです。
スポンサーリンク