志賀直哉『正義派』あらすじ|真実を告げる勇気と、揺れ動く感情。

解説>女の児が轢き殺される電車事故が起きる。口裏を合わせる監督と運転手に対して近くで目撃していた線路工夫が興奮と勇気をもって一声を上げる。監督の篭絡に屈せず、真実を証言した三人だったが、高揚は去り、静けさと侘しさが訪れ、ついに明日の生活を憂い涙する。正義を支えることの難しさを描く。

登場人物

年かさの丸顔の線路工夫(三人の工夫のひとり)
事故を至近距離で目撃しており、証人として率先して先頭に立ち警察署に行く。

眉間に瘤のある線路工夫(三人の工夫のひとり)
若い工夫で、同じく事故を目撃して監督が作り上げた話を嘘だと大声を上げる。

瘤の無いほうの線路工夫(三人の工夫のひとり)
若い工夫で、二人に同意し行動を共にするが、年寄りの母との暮らしを案じる。

運転手
狼狽しブレーキを引くのが遅れ事故となり、その後監督の話の組み立てに従う。

監督
有利に示談が進むよう話を組み立て、運転手を従わせ工夫にも説得を働きかける。

あらすじ(ネタバレあり)

正義から勇気ある発言をした、三人の鉄道工夫たち。

題である『正義派』とは、電車が女児を轢き殺してしまう事故が起こり、たまたま10mくらいの近くで敷石の補修工事をしていた鉄道工夫たちが一部始終を目撃し、電車の監督によって曲げられようとする作り話に対して真実の証言をします。この正義に連なる三人の工夫たちの時間と共に変化する感情の起伏と心象の風景を描いています。

事故を概略すると、或る夕方、日本橋の方から永代橋を渡ったすぐの処で、二十一二の母親に連れられた五つくらいの女の児が電車に轢き殺された。橋詰の交番から巡査が走って来た。電車の監督も人だかりを押し分け入って来た。監督は運転手に事故の状況をく。その後、警部、巡査、警察医が車で来て、現場を形式だけ取り調べをした。そして証人として運転手、車掌、乗客のひとり、さらに証人を申し出た三人の工夫が警察に行き、聴取された。

論点の違いは、

事故の現場にはいなく、やって来た電車の監督は、運転手の話をきながら「電気ブレーキを踏んだが間に合わず、救助網が落ちなかった」という話の組み立てをした。

事故の現場近くにいて、一部始終を目撃した三人の工夫は「運転手が狼狽して電気ブレーキを忘れていた。距離は充分あったので、直ぐにブレーキを掛ければ助かった」と話します。

物語の構成上、前提として工夫の云うことが真実です。

真実を告げた後の、感情の起伏が細やかに描かれる。

時間と共に変化していく感情の起伏とその心象の風景を追ってゆく。

警察での事情聴取の場では、運転手は「女の児が車の直ぐ前に飛び込んできたので、電気ブレーキでも間に合わなかった」と申し立てた。工夫はそれを上述の通り「運転手が動転してブレーキを掛けるのが遅れた」と否定した。

監督が色々とりなそうとしたが、三人は一切耳を貸さなかった。

ここでは、運転手はすでに監督が作り上げた話(=捏造ではないが正確な事実ではない)通りに申し立てます。自身が狼狽しブレーキをかけるタイミングが遅れたことは隠されました。

これに対して三人の工夫は運転手に向かって「全体手前がドジなんだ」とけわしい・・・・眼つきをします。運転手は監督の言う通りに従い保身になっており、鉄道工夫という雇われの身ながら安全を守るため線路の補修工事をしている立場からも、許せなかったのです。

三人の工夫は事故の現場を間近で目撃していますから、運転手の判断の鈍さ、遅さ。さらには電車の監督との辻褄合わせの嘘話も聞こえていますので、正義感がさらに強く出ています。

警察での審問は長くかかり夜九時に終わります。

三人は明るい夜の町へ出て、一種の愉快な興奮が互いの心に通いあっていることを感じます。

「べら棒め、いつまでいったって、悪い方は悪いんだ」と年かさの丸い顔をした男が大声で云います。

この言葉には、警察へ行く道々で監督が、年かさの工夫に『ナア君、出来た事は仕方がない。君等も会社で飯を食ってる人間だ』と云われたことに腹を立てています。工夫にすれば、通らない筋を曲げさせようとする、狡知で卑劣な嚇しのように聞こえたのです。

余程、警部の前で、監督のその言葉をすっぱ抜いてやろうと思ったと云うと、瘤のある工夫が口惜くやしそうに同意します。

然し夜の町は常と変わらず、それが彼らには物足りない。そして彼らは次第に愉快な興奮からめていく不快を感じる。そのかわりに報われるべきものの報われない不満を感じ始める。

ここは、監督からの言葉を聞いて、正義を興奮と勇気で語ったことの虚しさとその先に訪れる不安を予感させます。ある意味では、こういった感情は、一般の人々が国や会社など政治や権力の悪に対して糾弾するときの虚しさに近いものがあります。

そうしてやがて、彼らは昼間仕事をしていた辺りに差しかかる。女の児が轢き殺された場所へ来て、其処が常と全く変わらない、只のその場所にいつか・・・かえっていた。

彼らは、寧ろ異様な感じをして、その「空々しさ」に情けないような、腹立たしいような、不幸を禁じられなかった。

女児を轢き殺すという悲惨な事故の現場が、時間の経過で静寂を取り戻していることに、自分たちの興奮と落差が激しく、それが異様で空々しさを感じ、小さな命が儚く葬られることの腹立たしさや不幸の気持ちがいっぱいになります。ここは事故に対する虚偽の会社都合の後始末と、過失による幼い女児の命、母親の哀しみと云う根源的な憤りを表します。

さらに彼らは橋詰め交番の前に来て、その後の様子をうかがうと夕刻の事故のときとは異なる若い巡査が、工夫たちを怒ったような眼で見送っています。

年かさの男は不快から殊更に甲高かんだかく笑って、

「悪くすりゃ明日あしたッから暫くは食いはぐれもんだぜ」と云った。

「悪くすりゃ所か、それに決まってらあ」と瘤のある男でない若者が云った。

ここでは、真実を証言したこと。さらに監督の言葉という会社側の利益に逆い、堂々と正義を貫き通したことの結果として、会社をクビになり路頭に迷う不安が、冷静さを取り戻した後にこみ上げてきています。

三人は、やり場のない気持ちからすき焼き屋で酒を酌み交わし少し落ち着きます。ここでも彼らは既知となっていた事件の真実を、女中はじめ集まった四五人に大袈裟に話し出します。そして警察で話したことが明日の新聞にどうでるかなどまた興奮して云い始めます。

同じ二階の座敷にいる客が皆その話に聞き入り、彼らはまた満たされた気持ちになります。やがて客は帰り、女中も後片付けに下がってしまいます。すると三人はまた不満な腹立たしい耐えられない心持ちになります。

酔うにつれ一番興奮していた年かさの男が、「会社の仕事で食っているには違いない。然し悪い方は悪いのだ。追い出される事なんか何だ。そんな事でおどかされる自分たちではないぞ」と大声で罵ります。

家に年寄りの母を待たせている、瘤の無い方の若い工夫は先に逃げ帰って行った。

年かさの工夫と、瘤のある工夫は、車に乗り遊郭に向かいます。車の中では車夫も事故の出来事を知っており、そこでも工夫は車夫と大声で話します。

年かさの男は、車のなかで酔って眠ってしまいます。目的の場所についても酷く酔っ払って降りれる状態ではありません。若い工夫は車はそのまま走らせます。年かさの男は声を出して泣きだします。

こうして物語は、工夫たちの正義感に満ちた興奮した勇気は、裏切られ、虚無感が襲い、最後は、侘しく虚しいものとして終わってしまいます。

清兵衛と瓢箪・網走まで (新潮文庫) | 直哉, 志賀 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで直哉, 志賀の清兵衛と瓢箪・網走まで (新潮文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。直哉, 志賀作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また清兵衛と瓢箪・網走まで (新潮文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。