村上春樹『パン屋再襲撃』あらすじ|非現実的で不思議な、襲撃の結末は。

スポンサーリンク

解説>僕と妻は、耐えがたいほどの空腹感に同時に襲われる。その理由は、僕が昔、相棒とパン屋を襲撃したときの呪いが、かかったままだからだと妻が言う。結婚したての二人に訪れた都合よく行かない問題と修復のための共同作業。心理療法のような村上春樹の世界。

スポンサーリンク

登場人物


28-29歳、法律事務所に勤めている。10年前に相棒とパン屋を襲撃したことがある。

夫より2年8か月年下、結婚したばかりでデザインスクールで事務の仕事をしている。

新装版 パン屋再襲撃 (文春文庫)
新装版 パン屋再襲撃 (文春文庫)

あらすじ(ネタバレあり)

夜中の二時前に僕と妻は、二人とも同時に目を覚まして強烈な空腹感に見舞われる。

僕は妻に外で食事をしようと提案するが、妻から 「夜十二時過ぎに食事のために、外出するなんて間違っている」 と古風なことを言われ、それが何かの啓示のように耳に響く。夜の終夜レストランなんかで便宜的に充たされるべきではない特殊な飢餓だと感じられた。僕らは結婚してまだ二週間で、お互いの食生活の共同認識が無い。

妻はかつて経験のしたことの無いこの空腹感は、僕との結婚が原因ではないかと思っている。僕が「この気持ちは10年前のパン屋襲撃のときと同じだ」と妻に話すと、何のことかと訊ねるので、僕はパン屋襲撃の話をする。ここで一作目の「パン屋襲撃」の話が妻に語られます。

それは貧乏な青春時代に相棒と二人でパン屋を刃物で襲った話です。そのときクラシック音楽が好きな店主は僕らにある条件を提示します。その条件とは「ワグナーを聞いてくれたら、好きなだけパンを差し上げる」というのです。

僕らはその提案に従いワグナーを聞き、好きなだけパンを食べる。結局、僕らは「襲撃ではなく、交換を行うことで、うまくいった」と思っていた。けれどもずっと “ ワグナーとパンの相関 ” について悩み続けていて、<ワグナーのプロパガンダができたこと>の引き換えに<腹いっぱいパンを食べることができた>ことに重大な間違いが存在していると僕らは感じた。そしてその誤謬が解明されず我々の生活に暗い影を落とした。そんな昔話でした。

妻は「この空腹感はきっとその時の呪いがかかった状態のままだからだ」と言います。そして妻は、結婚生活にも「その呪いの状態を感じている」と言い、今すぐ二人で力を合わせこの呪いを解くべきだといいます。

そして、呪いを解くためにはパン屋を再襲撃しなければならないというのです。

でも結局、パン屋はみつかりません。妻はマクドナルドを見つけます。僕は、「マクドナルドはパン屋じゃない」といいましたが、結局、妻と僕は、そこを襲撃することにしました。

散弾銃で店員を脅し「金は要らない、ビッグマック30個」と要求します。

「灯かりを消しシャッターを閉めろ」との指示に、店員は、「そんなことを勝手にやれば、本部に叱られて罰則となる」と応え、「また30個を無料で渡すとレジ会計が面倒臭くなるから、お金を渡す」と言います。それでも脅して、何とか30個を袋に詰めて持ち帰ります。

店員が「ビッグマックを30個食べて、それが何の役に立つの?」と聞くので、「悪いと思うけれど、パン屋が開いていなかったのよ」と妻が説明します。そして、我々は心ゆくまでハンバーガーを食べました、僕は6個、妻は4個。

こんなことをする必要があったのだろうか?」と訊ねる僕に、「もちろんよ」と彼女は答えます。そして、妻は眠りにつきました。

一人きりになってしまうと、僕はボートから身を乗り出して海の底を覗きこんで見たが、そこにはもう海底火山の姿は見えませんでした。

解説(ここを読み解く!)

パン屋再襲撃のお話は、まるで心理療法のようだ。

妻の空腹と僕の空腹が同時に起こり、妻はかつてない空腹、僕は十年前と同じ感覚の空腹です。

そこで妻は、十年前の僕の空腹の感覚がまだ続いていて、自分も同じ状況になったと考えます。

果たして僕は、過去のパン屋襲撃の話を妻にしたことが正しかったかのかと思いますが、話してしまったことは話してしまったことだし、それが原因で生じた事件は、既に生じてしまったんだと考えます。

それは若い頃に、我慢できない空腹からアウトローに走りパン屋襲撃を謀ったが、店主の提案を受け入れワグナーの音楽を聴くこと引き換えにパンを食べたという話でした。ここで大切なポイントは、

アウトローの目標が達成できず、襲撃でなく交換に終わったこと。そのことが呪いとなったこと。

妻は僕の話を聞いて、中途半端な襲撃に終わったので呪いがかかったままだと言うのです。そして呪いは妻にもかかり、それを解くためには今すぐパン屋を再襲撃しなければならないと主張します。

十年前の空腹は僕と友人の問題だったけれど、今回の空腹は夫婦の問題なので二人で解決する必要があるとのこと。その理由は、今は妻が僕の相棒だからと言います。

そしてこの呪いをすぐに解かないと、今後の結婚生活にも影響するのだと言います。

僕は「特殊な飢餓」をイメージします。そして妻との会話で僕の頭にはボートが浮かび、ボートから海底火山をのぞくと、どんどん近づいたり、距離が無くなったりしています。静かな洋上に浮かぶボートは、平和な日常(事件のない平常な状態)の象徴。だとすれば海底火山の出現は、感情の爆発の予兆でしょうか。

一作目の「パン屋襲撃」での空腹の解決方法は間違っていたする妻とは、まだ結婚二週間で食生活の共通認識のない状態。僕は平静を装いますが意識の底には微妙な心理が揺らめいています。

こうして妻の考え方に連動して、ボートからのぞく海底火山も変化します。

二作目の「パン屋再襲撃」ではパン屋ではなくマクドナルドを襲撃します。

最初はマニュアル範囲外の行動に対して店員は困惑しますが、保険にも入っているのでと、最終的には淡々と30個のビッグマックを手渡します。

一作目も二作目も、パン屋を襲うことは達成されません。襲撃で想定したアウトローの “ 恐怖 ” の醍醐味も成就していません。

友人と僕の襲撃は、<パン>と<ワグナーを聞くこと>という受動の交換で終わる。

妻との僕の襲撃は、<パン>と<ビッグマックを30個>という能動の代替で終わる。

妻は、空腹を満たし眠りにつき、僕の海底火山は見えなくなります。一応は、二人は和んで平常な状態になったようです。それでも、夫婦にかかった呪いが完全に解消したのかどうかは分かりません。

“特殊な飢餓”は4つで、状況次第で変化しています。

この“特殊な飢餓”を映像で表現するとすればと、以下の4つの状況が示されました。

➀  僕は小さなボートに乗って静かな洋上に浮かんでいる。
② 下を見下ろすと、水の中に海底火山の頂上が見える。
③ 海面とその頂上のあいだはそれほどの距離はないように見えるが、しかし正確なところは分からない 。
④ 何故なら水が透明すぎて距離感がつかめないからだ。

「深夜レストランなんか行きたくないと」と妻に言われ、僕に浮かんだイメージは①②③④でした。

それは啓示的で、夫婦の関係に起こる変化を示唆しています。そして妻との会話や、眠気との戦いの中で、①②③④のイメージが現れては消えます。

パン屋再襲撃によって、僕と妻の二人の共同作業は十分に達成されたのでしょうか。

マクドナルドは、パン屋じゃないが、パン屋のようなもので、妥協も時に必要だ。

パン屋のパンのように手作りのいろんな種類を楽しめないけれど、ビッグマック30個という圧倒的なボリュームと個数で、妥協して満足を代替えしようとする妻の考え方。

不思議な村上春樹の世界です。「パン屋襲撃」の続編が、「パン屋襲撃」です。

二つの作品を読むと、ともに襲撃でパンを獲得することはできていません。一回目は、音楽を聴くことでの”交換”、二回目はビッグマック30個での“代替”です。

それでも、海底火山の姿は見えなくなりました。

僕と妻、二人の食生活の共同認識は、少しは深まったのでしょうか。

この作品が暗示するものは完全一致は不可能であり、相手の認識と行動を尊重し、啓示と捉えながら自身の感情をうまくコントロールするという夫婦生活の教訓なのでしょうか。

パン屋を襲う
Amazonで村上 春樹, カット メンシックのパン屋を襲う。アマゾンならポイント還元本が多数。村上 春樹, カット メンシック作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またパン屋を襲うもアマゾン配送商品なら通常配送無料。

※村上春樹のおすすめ!

村上春樹『風の歌を聴け』あらすじ|言葉に絶望した人の、自己療養の試み。
村上春樹『1973年のピンボール』あらすじ|死霊との対話で、絶望からの出口を見出す。
村上春樹『羊をめぐる冒険』あらすじ|邪悪な羊に抗い、道徳的自死を選ぶ鼠。
村上春樹『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド』あらすじ|閉ざされた自我の行方、ふたつの不思議な世界。
村上春樹『ノルウェイの森』あらすじ|やはり、100パーセントの恋愛小説。
村上春樹『ダンス・ダンス・ダンス』あらすじ|生きる意味なんて考えず、踊り続けるんだ。
村上春樹『国境の南、太陽の西』あらすじ|ペルソナの下の、歪んだ自我。
村上春樹『ねじまき鳥クロニクル』あらすじ|時空を繋ぐ、人間の邪悪との闘い。
村上春樹『スプートニクの恋人』あらすじ|自分の知らない、もうひとりの自分。
村上春樹『海辺のカフカ』あらすじ|運命の呪縛に、どう生き抜くか。
村上春樹『アフターダーク』あらすじ|損なわれたエリと危ういマリを、朝の光が救う。
村上春樹『1Q84』あらすじ|大衆社会に潜む、リトル・ピープルと闘う。
村上春樹『パン屋再襲撃』あらすじ|非現実的で不思議な、襲撃の結末は。
村上春樹『象の消滅』あらすじ|消えゆく言葉と、失われる感情。
村上春樹『かえるくん、東京を救う』あらすじ|見えないところで、守ってくれる人がいる。
村上春樹『蜂蜜パイ』あらすじ|愛する人々が、新たな故郷になる。
サリンジャー『キャッチャー・イン・ザ・ライ/ライ麦畑でつかまえて』あらすじ|ホールデンの魂が、大人のインチキと闘う。
フィッツジェラルド『グレート・ギャツビー/華麗なるギャツビー』あらすじ|狂騒の時代、幻を追い続けた男がいた。

作品の背景

1981年の「パン屋襲撃」の続編が、1985年の「パン屋再襲撃」です。「パン屋襲撃」を謀ったアウトロー志望の若者も大人になり今では社会人として働き結婚しています。しかし結婚2週間という時期に、10年前のあの不思議な理不尽な空腹が襲ってきます。しかし今度は、平穏な夫婦生活のために再び襲撃を行わざるをえなくなる。前回は、ワグナーを聴くことでの交換行為だったが、今回は、どうなるかという話です。2つの作品を読むと、繋がりは分かりますが、それでも正確な作者の意図は解りません。この作品が暗示するものは何なのか、不思議な気分にさせてくれる村上春樹の世界です。

発表時期

1986年(昭和61年)4月、文藝春秋より刊行された。1989年4月、文春文庫として文庫化。初期の傑作全6編の表題作。初出はマリ・クレール1985年8月号。村上春樹は、37歳。後の2013年にドイツ人の女性イラストレーターであるカット・メンシックにより「絵本」となる。そこでタイトルも「パン屋を襲う」と「再びパン屋を襲う」に改題され、新潮社より2013年(平成25年)2月刊行される。