浅田次郎『月島慕情』あらすじ|身請け話に、月島で見た真実は。

概要>吉原で生きる女郎ミノは、いなせな侠客の時次郎に苦界から身請けされ、やっとの思いで強運を引き寄せる。夢のような幸せのなか、憧れの月島でみた光景とは。時次郎とミノのそれぞれの「ばっかやろう」に涙する、浅田次郎の大正ロマンな人情お伽噺し。

登場人物

ミノ
故郷の村から一二歳で吉原に売られ、今では金看板の生駒太夫となる。
時次郎
ミノを身請けする筋金入りの侠客、江戸ッ子で生まれも育ちも月島。
卯吉
ミノを売った女衒で、ミノが誰よりも憎んでいる悪魔のような男。

あらすじ(ネタバレあり)

ミノという名前は、好きではなかった。

明治二十六年の巳年生まれだから、「ミノ」と名づけられた。

小学校を終える一二歳の頃に何人もの人買いが村にやってきた。ほとんどは、上州か諏訪の製紙工場に売られるが、器量良しは東京へ売られる。

ミノは、喜んだ。毎日、おいしいものを腹いっぱいに食べ、きれいな着物を着て暮らせる。

売られた吉原亀清楼で、ミノは「生駒」という源氏名を授かる。ミノという名前は、牛や馬のような名前だと思っていたのでやっと人間になれた気がした。

一七歳の初見世から三十歳を越えて、生駒太夫は金看板の御職、吉原亀清楼の最上位となっていった。

三度目の身請けの話は、侠客の時次郎だった。

一度目の身請け話は、初見世から二年も経たぬころで、相手は横浜の貿易商。玉の輿だったが“吉原の大火”に見舞われ話は立ち消えた。

二度目の身請け話は、大戦景気で大儲けした海運業だったが大暴落でそれどころではなくなった。

そして、三十歳を過ぎ、年もいった年増女郎の生駒太夫に三度目の身請けがあった。

相手は、駒形一家の平松時次郎だった。

借金二千円を身請けするという、二千と言えば、りっぱな家が建つ大金だ。時次郎は、親分が金を貸すくらいの信用と信頼がある目をかけられた男気だった。

時次郎のおかみさんになる、ミノはその強運がうれしかった。

時次郎は常盆の壺をふり、いずれ深川か月島のシマを預かるほどの男になると、親分に見込まれた筋金入りの侠客だった。

ミノは、鳥越神社の祭りで待つ時次郎に会いに、吉原大門をでる。二十年ぶりに吸う自由の風だった。

苦界ではあるが、吉原はミノのふるさとだった。 生まれ故郷を捨てた時は泣いたが、ここ去る時は笑って出ていこうと思った。

星空を見上げると、思い出が映し出された。

一七での水揚げ、すぐに三十人のお女郎の中で三番太夫を張る。二十三で二番太夫、二十六で金看板の御職に、一夜の揚代は、三十円という値になった。

にもかかわらず最高位を張るために衣装や髪代がかかり借金は減らず、出世したお女郎は身請け話がまとまるまでは飼い殺されるのだった。

三十を過ぎての身請け話は珍しく、惚れた男に添うことより、ミノはこの強運がうれしかった。

言葉少なに、「ばっかやろう」という時次郎。

鳥越神社のお祭りで、ミノは時次郎と落ちあう。

素顔がいいという時次郎に、堅気なよそおいで神社へ向かう。境内の賑わい、縁起物を売る夜店。ミノは、幸せをかみしめる。

時次郎と会いランデヴーを楽しみ、将来のことを語り合う。

汚れちまって、ありがとうの涙も出ない。しんそこ時次郎に惚れてはいるが、ミノの夢は苦界から這い出ることだった。時さんのためなら何でもする、借金が大変なら、お金はいつだってつくれるから。

感謝するミノに、時次郎は言葉少なく「ばっかやろう」という。

江戸ッ子のばかやろうは、愛の言葉と同じだった。

所帯のために幸せを掻き込む熊手も買ってもらった。熊手を買うときの “値の駆け引き” で時次郎のいなせっぷりがミノは嬉しくて仕方がない。嬉しいのは、平松ミノになるからだった。

ミノは一人で、月島に、時次郎に会いに行く。

時次郎は生まれ育った月島で、ミノと所帯を持とうと思っている。平松ミノ、ミノという嫌いな名前を、平松という幸せでくるんでくれるのだ。

ミノは時次郎との暮らしを思い、月島での暮らしを思う。ミノは相生橋の向こうの月島を知らない。
美しい名だと思う。東京湾に浮かぶその美しい島でこの人と生きていくのだと思う。

ミノは、どうしても時次郎に会いたかった。そして、そこで見たものは・・・

解説(ここを読み解く!)

●吉原と月島、ほんの短い距離を隔てて苦界と幸福の境があった。

十代のころから女衒に連れられ三十を過ぎての身請けに、ミノは自分の強運がうれしい。

ざまァ、みやがれってんだ!
どいつもこいつも、寄ってたかって人をおもちゃにしァがって、ざまァみやがれ!

呪わしい親の顔、善人ぶった楼主の顔、守銭奴なおかみさん、出世をねたむ他の女郎たち、体を弄んだ男ども、そして悪魔のような女衒の卯吉。

ミノは、時次郎の存在よりも、二十年がかりの深川のお不動様の功徳を信じた。いなせな時次郎に身請けされる。やっと苦界から抜け出せる喜び、その身請けのありがたさ。

築地のツキの築島が、ぽっかり浮かぶ月があまりに見事なのでお月様の島になった。月島に生まれた時次郎と月を見ながら暮らす。お伽ばなしの様だった。吉原と月島、隅田川を下ればすぐそこに、夢見た江戸前の暮らしがある。

●苦界に生きるミノの自尊心、かけがえのないの矜持と切ない決断。

ミノは、時次郎の家を訪ね歩く。隅田川を下れば月島は思いがけなく近かった。

道を歩くと、古いお堂と、柳並木の商店街、買い物と職工で町は賑わっていた。ミノは買い物に出たり、近所の人と話したり、子供を産んで育てたりと月島の生活につぎつぎに夢を膨らませた。

時次郎を訪ねる道の途中、肉屋の看板の前で幼い子供がうずくまっている。

お金が足りず豚コマが買えないと涙して途方に暮れている。ミノがお金を払い、たっぷりの豚コマを買う。 戸惑う兄妹と連れ立って家路をともにすると、赤ん坊をおぶった女がいる。

頭を垂れる母の肩越しの玄関の表札に“平松時次郎”とあった。

この親子は離縁され、そして、その代わりに時次郎は惚れてくれた自分と所帯を持とうとしていることが分かった。別の女のために、家族と離縁する。おとっちゃんはひとでなしだと兄が言う。

あんたのおとっちゃんは、ひとでなしなんかじゃない。
性悪の女が、あんたのおとっちゃんをたぶらかしたのさ。

母親は、全てを察したようだった。

時次郎の妻と子供たちの暮らしぶりを見て、身請けされるわが身の幸運を捨ててしまう。

惚れているからこそ、ミノは、時次郎をむしずが走るほど嫌いな男に仕立てた。 そのために、悪魔のような人買いの卯吉を頼り、大きなお金を借りて美濃の国へ落ちる相談をする。

この世にきれいごとなんてひとつもないんだって、よくわかったの。だったら、あたしが、そのきれいごとをこしらえるってのも、悪かないと思ったのよ。

自分にふさわしい幸せは、奈落の中の幸せ。ミノの自尊心がそうさせた。

あたし、あんたのおかげで、やっとこさ人間になれたよ。豚でも狐でもない人間になることができた。大好きだよ、時さん。あたしにお似合いなのは、あんたじゃなくて、あんたの思い出です。

生駒の名前は吉原に置いて、次の源氏名は「美濃」にする。

ごめんね、時さん。月島の美しい月あかりが、お金で買えない、せつない慕情をミノに残してくれる。

ばっかやろう!月島の月に、声をかぎりに泣いた。

浅田次郎著「月島慕情」。叶わぬせつなさが月夜に浮かぶ作品です。

※浅田次郎おすすめ!

浅田次郎『ラブレター』あらすじ|ひたむきな手紙に涙する、大人の恋。
映画『鉄道員(ぽっぽや)』あらすじと解説/ここが見どころ!
映画『壬生義士伝』あらすじと解説/ここが見どころ!

タイトルとURLをコピーしました