村上春樹『蜂蜜パイ』あらすじ|愛する人々が、新たな故郷になる。

スポンサーリンク

解説>小説家の淳平には学生時代からの仲の好い三人グループがいる。淳平は昔から小夜子が好きだったが、高槻が先を越し結婚、やがて二人は離婚した。娘の沙羅が4歳の時、神戸の地震が起こる。淳平は沙羅に「熊のまさきち」の童話を語りながら小夜子と一緒に生き、新しい愛の物語を書こうと思う。

スポンサーリンク

登場人物

淳平(主人公)
36歳、神戸生まれで小説家を目指す。人見知りで内省的だが、高槻と小夜子は大学からの親友。
高槻(カンちゃん)
長野の出身で淳平より一つ年上。背が高く肩幅が広く、人なつっこい性格でリーダーシップがある。
小夜子
高槻の妻。浅草生まれで美しい髪と知的な目をもった娘で、高槻より淳平に好意を抱いていた。
沙羅
小夜子の4歳の娘で感受性が強く、神戸の地震のTVニュース映像で情緒不安定で眠れない。
※ブログ文中の表記は、新潮社<神の子どもたちはみな踊る>から

神の子どもたちはみな踊る (新潮文庫) | 春樹, 村上 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで春樹, 村上の神の子どもたちはみな踊る (新潮文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。春樹, 村上作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また神の子どもたちはみな踊る (新潮文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

あらすじ(ネタバレあり)

淳平は、小夜子の4歳になる娘の沙羅に「熊のまさきち」の即席の童話をつくって聞かせます。沙羅はうまく眠れずに起きて来るようです。いろいろと鋭い質問を淳平にしますが、淳平はひとつひとつ丁寧に答えます。

沙羅が眠りにつくと、小夜子は淳平に御礼を言いながらくつろぎます。沙羅はこのところ毎日、真夜中過ぎにヒステリーを起こしてとび起きて、震えが止まらず泣きじゃくっています。

小夜子は、「神戸の震災のニュースを見すぎたせいだと思う」と言います。地震男がやってきて小さな箱に入れようとして、沙羅の手を引っ張って関節をぽきぽき折るみたいにむりに押し込める。そこで悲鳴を上げて目を覚ますというのです。

淳平と高槻と小夜子は、大学時代からの仲の良い三人でした。

淳平は人見知りでなかなか友達が作れなかったが、人なつっこく現実的で決断力がありリーダーシップを発揮する高槻と、なぜかうまがあい心を許し合えるほど仲良くなり、そこに小夜子も加わり三人のグループができます。

淳平は小夜子のことを好きでしたが、高槻に先を越されて、二人は付き合い始めます。

そのことを知った淳平は、茫然と喪失感のなかで過ごします。卒業後、小夜子と高槻は結婚します。高槻は一流の新聞社に、小夜子は大学院に進み、淳平は小説家を志し短編を出していました。

小夜子が30歳の時に沙羅が生まれますが、この頃、高槻には別の恋人がいて、沙羅が2歳の時には既に破局を迎えており、ついに二人は合意の上で離婚します。

淳平は学生時代からの三人仲良しの付き合いが現在もずっと続いていますが、神戸の地震後、4歳の沙羅は情緒不安定になり、淳平は「熊のまさきち」の即席の童話をして沙羅を寝かせるために、小夜子のマンションを訪れているのでした。

『蜂蜜パイ』の物語は、男二人、女一人という学生時代のあま酸っぱい恋愛の記憶を引きずりながら生きてきた淳平に、神戸の震災によって起こった人間の内面性の変化を捉えます。

地震という未曽有の惨劇の後で、4歳の沙羅がPTSDの障害に似た症状となり、自意識の高い小夜子に告白できなかったことも、淳平の自信の無さや臆病さの結果だと引き受け、責任をもって強く生きていこうとします。

そんな過去を引きずる淳平の心象を、即席の童話の「熊のまさきち」が集めた蜂蜜で、「熊のとんきち」が美味しい蜂蜜パイを作り、幸福に親友として暮らすという幸せな結末で、心温まるファンタジーとして物語に包み込みます。