サリンジャー『キャッチャー・イン・ザ・ライ/ライ麦畑でつかまえて』あらすじ|ホールデンの魂が、大人のインチキと闘う。

スポンサーリンク

概要>社会の欺瞞のなか、学校にも先生にも同級生にもうんざりする16歳のホールデン。目の前のインチキと闘いながら、暴走する魂が彷徨うクリスマス前のニューヨークのひととき。ライ麦畑で遊ぶ無垢な子供たちを想い、妹のフィービーが回転木馬に乗る姿に心癒された自分を回想する。村上春樹新訳。

スポンサーリンク

登場人物

ホールデン・コールフィールド
主人公で16歳。成績不振でペンシー校を放校処分になりニューヨークを彷徨う。
フィービー
ホールデンの幼い10歳の妹で、可愛くて頭の良い子で唯一心を許すことができる。
アリー
ホールデンの弟で、赤毛でかしこく性格の良いやつだったが白血病で死んでしまう。
DB
ホールデンの兄で、ハリウッドで脚本家として活動する。サリンジャーを投影している。
ウォード・ストラドレイター
寮の同室の四年生で、金持ちのインチキ男でジェーンとデートのことで喧嘩になる。
ロバート・アックリー
隣の部屋の四年生で、長身で猫背で歯が汚く顔がニキビだらけの陰険な底屈な男。
モロウ夫人
トレントン駅で乗ってきた40すぎの夫人で、ペンシー校のクラスのアーニーの母親。
二人の修道女
ニューヨークで出会う、献金して会話するが慈愛に満ちた慎み深さに親しみを持つ。
ジェーン・ギャラガー
ホールデンの家の隣に住んでいて、昨年の夏に彼女と知り合いになり親しくなった。
サリー・ヘイズ
ホールデンが昔つきあっていた女の子で、美人で目立ちやがり屋でスノッブな性格。
スペンサー先生
70歳くらいの歴史の先生で、ホールデンは退学処分になり別れの挨拶に自宅へ伺う。
カール・ルース
頭が良くホールデンの3つ年上で、前の学校の指導係で今はコロンビア大学に通う。
アトリーニ先生
ホールデンが一番話しやすく敬意を持っている若い先生で奥さんがとても金持ち。
※ブログ文中の章の表記は、白水社<キャッチャー・イン・ザ・ライ>J.D.サリンジャー 村上春樹訳から

キャッチャー・イン・ザ・ライ (ペーパーバック・エディション) | J.D. サリンジャー, Salinger, J.D., 春樹, 村上 |本 | 通販 | Amazon
AmazonでJ.D. サリンジャー, Salinger, J.D., 春樹, 村上のキャッチャー・イン・ザ・ライ (ペーパーバック・エディション)。アマゾンならポイント還元本が多数。J.D. サリンジャー, Salinger, J.D., 春樹, 村上作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またキャッチャー・イ...

あらすじ(ネタバレあり)

物語は、主人公のホールデン・コールフィールドが西部の病院で療養しながら、去年のクリスマス前後のひどい出来事を述懐する形式で記されていく。

ホールデンは、プレップスクールのペンシー校を成績不良で退学処分を受ける。作文だけはいいが、半分近くの科目を落第する。別れの挨拶に歴史を担当するスペンシー先生の自宅を訪れるが、ひどい嫌味を言われ、寮に帰ってくる。

隣の部屋から長身で猫背で歯がきたなくニキビだらけアックリーがやってきて読書の邪魔をされ退屈な話をする。同室の二枚目気取りのインチキなストラドレイターは今からデートに行くといい、相手はジェーン・ギャラガーだという。ホールデンは昨夏に親しくしていたジェーンだと聞いていらつくが、ストラドレイターは英語の作文の宿題の代筆を頼んで部屋を出ていく。夕食の後、ホールデンは頼まれた作文のテーマに迷い白血病で死んだアリーの野球ミットのことを書くが、ストラドレイターが帰った後、その作文に文句をつけられたことと、ジェーンとデートされたことの興奮で喧嘩となり、ホールデンは殴られ鼻血を出す。気が滅入り孤独でやりきれないホールデンは、退学の日を前に土曜の夜に寮から出て行ってしまう。

ニューヨークで、水曜になるまでのんびりして退学通知の手紙を親が受け取ったところにうちへ戻ろうと考える。駅まで歩いていき、夜の汽車に乗る。トレントン駅で女の人が乗ってくる。彼女の歳は四十過ぎくらいでモロウ夫人といい息子がペンシー校に通っているという。金持ちそうな微笑みで性的な魅力もある。ホールデンは、下司げす野郎の息子アーニーのことを、ペンシー校で一番人気のある生徒の一人だとモロウ夫人におべんちゃらを言う。

エドモントホテルに泊まることにする。部屋の窓から同じホテルの向こう側を見ると、女装を始める変態がいたり、笑い悶えながらハイボールを吹きかけあう男女がいたり、変人ばかりだった。それから階下のナイトクラブのラベンダー・ルームに行き、シアトルから映画スター会いたさにやって来た三十くらいの三人の女性たちとダンスを踊るが、低能に思えて気が滅入ってしまう。

ホールデンは、ロビーの椅子に座ってジェーンがストラドレイターと一緒にいるところを想像すると気が変になりそうになる。気晴らしにグリニッジ・ビレッジのナイトクラブのピアノ弾きのアーニーの店に行く。ピアノを弾き終わった時に聴衆の俗物的な喝采を受けたアーニーのインチキくさい謙虚な一礼の嘘っぽさに辟易する。兄DBの知り合いだというリリアン・シモンズという女性の話に、またもや気が滅入ってしまって嫌な気分になってしまう。

ホテルまで歩いて帰ると、エレベーター・ボーイのモーリスに女を買わないかと持ちかけられ、一回なら五ドル、オールナイトで十五ドルと言われて、興味気分で一回と伝える。ホールデンは童貞だった。やがてサニーという娼婦がやって来たがその気になれずに会話だけで返そうとしたら十ドルと言われ、モーリスがでてきて諍いとなり結局十ドル盗られたうえに殴られてしまう。

翌朝、ホールデンは金持ちで美しい女友達のサリーとデートの約束をする。小さなスナック・バーで朝食をとっていると感じのいい二人の尼さんと隣り合わせになる。ホールデンは、献金として十ドルを差し出す。慈愛にみちた慎み深いふるまいに親しみを感じる。

ブロードウェイに向かって歩いていると教会から帰る親子に会い、子どもが縁石のそばを歩きながら「ライ麦畑でつかまえて」の歌をきれいなかわいい声で歌うのを聞き、気分が晴れる。フィービーのために『リトル・シャリー・ビーンズ』のレコードを買って、そしてサリーと一緒に見るためにブロードウェイ『アイ・ノウ・マイ・ラブ』の切符を手に入れる。サリーと会ってラント夫妻を観る。有名人だと意識した演技や物知り顔を装う観客たちの会話にうんざりし、ロビーではアイビー・リーグの知り合いの顔を見つけそわそわしているサリーにひどいことを言って怒らせるが、その後、サリーの提案でスケートに行く。

ホールデンは、サリーに「ニューヨークなんて住まずに、二人してマサチューセッツかバーモンドかどこか小川は流れる所に住んで結婚しよう」と言う。サリーに「そんなのできるわけないじゃない。私たちまだ子供なのよ。仕事もなくお金も無く飢え死にするだけじゃない。そんなのぜんぜんおとぎ話よ。そういうことは先になって大学を卒業したあとで時間はたくさんある」と言われると、ホールデンはそれではだめだという。そして言い争いになり「スカスカ女」といって激怒される。そして何もかもがおかしく感じるホールデンは、笑ってしまう。そしてホールデンは、「もし彼女が行こうと言っても、決して自分は行かなかった」と思い、自分はきっと変なんだと思う。

スケートリンクを出てジェーンに電話をかけるが出ないので、仕方なく三つ年上の前の学校で指導係だったカール・ルースに電話をかける。ルースとバーで話すがますます気分は落ち込んでいき、ルースと別れ泥酔してサリーに電話をして、その後、アヒルたちがどうなったのかと考えながら公園まで歩く。ホールデンは、無性にわびしかった。

公園に足を踏み入れた時に、誤ってレコードを落とし割れてしまう。アヒルの姿はどこにもなかった。ホールデンは、肺炎になって死ぬんじゃないかと思う。そして死んだアリーの墓地に人々が墓参に来て、雨に降られて駆けだしていってしまったことを思い出しながら、魂は天国にいると知りながらも雨の中で一人きりのアリーの墓地を心配する。

それからホールデンは、フィービーに会おうと考えこっそり家に戻り忍び込む。フィービーといろいろと話すうちに、「どうしてうちに帰るのが水曜日でなくなったの?」と訊ねられ、「早く帰してくれたんだ」というホールデンに対して、勘のいいフィービーに「学校を追い出されたんだわ!そうよ、きっと!」と言われこぶしすねをぶたれる。それからフィービーは「お父さんに殺されちゃうんだから」と繰り返す。

フィービーに呆れられて「いったい何になりたいの」と問われ、ホールデンは、自分がなりたいものは「子供たちがライ麦で遊んでいて崖に落ちそうになったらたすけてあげるキャッチャーなんだ」という。

その後、両親が帰って来たので見つからないように出て行く、その時にフィービーにお金を借りると急に泣いてしまう。そうしてホールデンは赤いハンチング帽を彼女にやって、アントリーニ先生のところへ行く。ホールデンは先生の助言を聞きながらあくびがでてしまう。眠りから目を覚ますと先生が頭を撫でていて、変態と思ってしまい怯えたホールデンは急いで身支度をして出ていく。

翌朝、五番街を歩きながらホールデンは、家に帰らずにどこか誰にも知れない西部の遠くに行って、そこでガソリン・スタンドで雇ってもらって聾唖者のふりをして生きようと考える。誰とも無益で馬鹿らしい話をしないですむし、必要なことは紙に書いて知らせ合えばいいと思う。そして稼いだ金で小さな小屋を建てて、同じ聾唖者と結婚して子供は学校にやらずに自分たちで育てて、そこで死ぬまで暮らそうと考える。

そこでフィービーに最後にさよならを言うために美術館の入り口で待ち合わせするが、やって来たフィービーは、自分も一緒についていくと言い出す。言い争いになり困り果てたホールデンは、動物園まで歩いていき回転木馬にフィービーを乗せる。そしてフィービーの乗った木馬が、廻り始めるのを見て心が安らぐ。

ホールデンは、フィービーに家に帰ることを約束する。雨がひどく降ってきたが、ずぶ濡れでも平気だった。フィービーが廻り続けるのを見ながら、突然、とても幸せな気持ちになった。

そして後書きに、17歳のホールデンはこの神経症による病院での療養のなか、9月からの学校のことをぼんやり考え、兄のDBから心配されていることを思い、あのストラドレイターやアックリーやモーリスにさえなつかしい気分を感じる。