江戸川乱歩『人間椅子』あらすじ|醜い男が女性に触れる異常な方法

スポンサーリンク

解説>世にも醜い椅子職人の男。内気で才能も金も無いが、甘美な夢だけは持っている。そんな男が考え出した方法。そこだけが、現実とは違う世界に自分を連れていってくれる。触覚、聴覚、嗅覚で、女性を堪能する。その方法とは何か、甘美で幻想的な怪奇物語。

スポンサーリンク

登場人物

佳子(よしこ)
外交官を夫に持つ女性作家。ファンから手紙がくるほど有名になる。

容貌の醜い腕利きの椅子職人。佳子へ罪悪を手紙で告白する。

あらすじ(ネタバレあり)

夫を外務省書記官にもつ妻の佳子は、いまでは有名な女性作家です。今日も、彼女のもとにファンレターがいくつか届いています。

見知らぬファンからの手紙とも原稿ともつかない分厚い郵便に目を通すと、そこには、表題は無く、

文章のはじめは、“奥様”との書きだしで、ぶしつけな手紙を出すことを最初に詫び、奥様に対して行った世にも不思議な罪悪を、告白しはじめます。

私は、醜い容貌の持ち主なのに、不相応な夢に憧れている。

自分は、生まれつき世にも醜いお化けのような容貌のくせに、胸の中には、美しく激しい情熱があり、
甘美で、不相応な「夢」にあこがれています。

しかし、現実には、金もなく、芸術的な才能も無いような男です。そんな人間であることを、まず、
覚えておいてください。

仕事は、椅子職人。腕の良さを買われて、上物の注文が多く、そのことは自分でも誇りに思っています。

ひじ掛け、クッションの具合など、細部にこだわった椅子をつくり、どこに置かれるかを想像しながら、自分が、そこで貴公子になり美しい恋人と語らっている姿を妄想してしまいます。

しかし現実には、椅子はやがて、自分の知る由もないところに納品されてしまうのです。

自分の腕をいかして、人間が入れる椅子を完成させた。

来る日も、来る日も、同じ椅子職人の世界から、外へ出る方法は無いかと考えているうちに、悪魔の囁きが聞こえ、椅子の中に人間が入れるように改良をしはじめました。

人間が隠れるような大きな椅子で、腰かけ部分に膝を入れ、背もたれの部分に首と胴を入れます。

出来上がった椅子は、人間が入っても不自由の無いもので、底に仕掛けた出入口からすっぽりと、もぐりこめるようになっています。

椅子は外国のホテルに納品されラウンジ用に使用されることになりました。

こんな椅子をつくった動機は、もちろんお金を盗むことなので、夜な夜な椅子から 出て部屋を荒らし、金を盗み、そして椅子の中に戻っていきました。

そして、周囲が騒ぐのを椅子の中から面白く見ていました。

私は、椅子の皮一枚を隔てて、人の体を感じることを発見します。

ところが、数十倍も楽しめる奇怪極まる快楽をあるとき発見します。それは、人が椅子に座ると、椅子の皮一枚で、その人の体を感じることが出来るのが分かったのです。

最初は西洋人の大男でしたが、いろいろな人が入れ替わり腰を下ろしていきました。
彼らが柔らかいクッションだと信じているものは、実は私の血の通った太腿だったのです。

私は座る人を、肌触りによって識別することができるようになりました。

人間は容貌や指紋の他に、感触によっても識別することができるのです。

そこには、丸裸の肉体と声音と匂いがありました。

あるとき私に、異国の乙女がやってきて、豊満な、しなやかな肉体を投げ出します。
私は、薄いなめし皮一枚で、乙女の肌のぬくもりを感じました。

醜い気弱な私が、椅子の中だけで感じることのできる官能の世界でした。

あるときホテルは売却されることになり、私と椅子も転売されることになりました。

椅子の中の恋、その不思議で陶酔的な魅力は、誰にも分らない。

私は、がっかりしましたが同時に、これまで愛してきた女性は全て外国人で、好ましい肉体ですが精神的に物足りなさを感じていました。

私は、新たな売却先に期待しました。やがて、日本人の金持ちの官吏の家に買い手がつきました。

立派な邸で洋館の書斎に、私は、置かれました。嬉しいことに、その書斎を使うのはご主人ではなく、
若く美しい婦人のほうでした。以来、婦人のしなやかな身体は、いつも私の上にありました。

彼女は美しい身体の持ち主で、始めて本当の恋を感じました。

私は婦人にとって、座り心地の良い椅子になるよう優しく迎い入れました。
そして私の欲望は、分不相応に膨らんでまいりました。

たった一度でよいから、その恋人の顔を見て、言葉を交わしたい。

それができたならば、死んでもいいと思いました。その恋人とは、奥様、あなたなのです。 

そして分厚い手紙を読み終わった奥様に、後日、新しい手紙が届きます。

手紙には、先日お送りした長い手紙が私の拙い創作であり、 表題には「人間椅子」とつけたいと思っていることが記されていました。

評価(おすすめポイント!)

最初は、人間椅子というタイトルとその意味がよくわかりません。しかし醜い男の境遇と大きな革張りの椅子に自分を隠すという発想。そのために椅子の部位を、ことごとく改良していく職人作業の描写。このプロットを合意で進むと、そこには幻想や官能の世界が広がります。

皮膚感覚で想像をかきたてる幻想的で官能的な物語。

世にも醜い男が、金も無く、芸術の才能もなく、しかし、甘美な夢をいつもみている。顔を見せられない恥ずかしさから、触覚、聴覚、嗅覚で女性の肉体を堪能する。

その実現のために、最も可能なものは、毎日、腰を降ろし身体を委ねる椅子ということになります。

それは習慣化されはじめた西洋の生活様式の象徴でもあります。様々な洋式文化に、はじめて接する日本人は驚きをもって迎い入れたことでしょう。椅子だから、人は、惑いもなく疑いもなく座ります。

その椅子の中に、人間が入っていることのおぞましさ。その発想に、独自性を感じます。

無防備ゆえ、自然な状態で触れられることの不気味さが伝わります。

さらに気づかれない程度に、椅子は、微妙に手や足や腰を動かし、座った人を迎えています。
無防備な状態にある人を、知らず知らずに官能を刺激する。後ろから体に触れる感覚でしょうか。

ここまで官能的になると、椅子に限らず、白布でも、何らかの媒介で感触が伝われば、前衛芸術の舞台などでの演出も可能です。

それは、背後から身体を通じて、精神までもからめとっている異常性かもしれません。

江戸川乱歩著「人間椅子」幻想的で甘美な怪奇小説の世界です。