志賀直哉

志賀直哉

志賀直哉『城の崎にて』あらすじ|生から死を見つめる、儚き思い。

概要>電車に跳ねられ、後養生に城崎温泉にて療養をする。そこで観た蜂、鼠、蠑螈の生物たちの死に、自身の事故と人間の生き死について思う。自然の風景や人間の営みのなかに、偶然すら「あるがまま」に心静かに生死を受け入れる死生観を漂わせる。
志賀直哉

志賀直哉『小僧の神様』あらすじ|少年の冒険心と、大人の思いやり。

概要>秤屋の小僧の仙吉は、鮨が食べれずに意気消沈しているところを粋な客に腹いっぱいの鮨を食べさせてもらう。なぜ自分の気持ちだけでなく、行きたい鮨屋まで分かっているのか不思議に思いながら、きっと自分には神様が見てくれているのだと思う。
スポンサーリンク
シェアする