浅田次郎

浅田次郎の作品をまとめました

邦画

映画『鉄道員(ぽっぽや)』あらすじと解説/ここが見どころ!

概要>北海道の幌舞駅長の佐藤乙松は、妻の最期も、娘の最期も看取れずに、鉄道ひと筋の人生だった。定年を間近に迎え人生を振り返るひととき、ふと目の前にあらわれた人形を抱いた3人の女の子。天職に一途に生きた”ぽっぽや”を高倉健が寡黙に演じる。
邦画

映画『壬生義士伝』あらすじと解説/ここが見どころ!

概要>幕末の激動期、仇花として咲いた新選組。そこに、生きるために人を斬り、愛するために生き抜いた男がいた。壬生の狼と恐れられた南部盛岡藩脱藩、新選組隊士、吉村貫一郎の故郷と家族への愛を描いた浅田次郎原作、中井貴一主演の義に生きた男の物語。
浅田次郎

浅田次郎『月島慕情』あらすじ|身請け話に、月島で見た真実は。

概要>吉原で生きる女郎ミノは、いなせな侠客の時次郎に苦界から身請けされ、やっとの思いで強運を引き寄せる。夢のような幸せのなか、憧れの月島でみた光景とは。時次郎とミノのそれぞれの「ばっかやろう」に涙する、浅田次郎の大正ロマンな人情お伽噺し。
浅田次郎

浅田次郎『ラブレター』あらすじ|ひたむきな手紙に涙する、大人の恋。

概要>高野吾郎の仕事は、歌舞伎町にある裏ビデオ屋の雇われ店長。偽装結婚をした中国人女性の突然の訃報に対処するなかで、なぜか感じる憤りとせつなさ。それは、女性がしたためたひたむきな手紙のせいだった。見知らぬ妻からのラブレター、ぜひ読んでください。
シェアする
タイトルとURLをコピーしました