宮沢賢治

宮沢賢治

宮沢賢治『どんぐりと山猫』あらすじ|「ばか」が、いちばん「えらい」。

概要>だれがいちばん偉いかを決める裁判に呼ばれた一郎、わいわいがやがや自己主張ばかりのどんぐりたちに困り果てた山ねこ裁判長。一郎はたった1分半で解決します。 利己主義に満ちたこの世界で、自然を愛する一郎の説く解決方法とはどんな方法か、エゴな大衆への説法の仕方。
宮沢賢治

宮沢賢治『注文の多い料理店』あらすじ|動物を食べるなら、人間も食べられる?

概要>山で狩りをする二人の青年は、山奥の西洋料理店<山猫軒>を訪れる。そこは注文の多い料理店で、あれこれと指示に従うが、自分たちが料理され食べられることに気づく。何とか助かったが、その時の恐怖の顔は今も残ったまま。人間だけは許されると考える利己主義を自然が懲らしめる。
宮沢賢治

宮沢賢治『銀河鉄道の夜』あらすじ|ほんとうの幸いのために、生きて死ぬ。

概要>ジョバンニは、貧しく、病気の母の看病と遠洋の父を待ちバイトで生活を支える。遊びや勉強の時間のない孤独な日々を送る。そんなとき丘の上から銀河鉄道の旅に出る。親友のカンパネラと語りながら旅で知り会う人々と「ほんとうの幸い」のために生きる意味を知る。
スポンサーリンク
シェアする