宮沢賢治

宮沢賢治

宮沢賢治『銀河鉄道の夜』あらすじ|ほんとうの幸いのために、生きて死ぬ。

概要>ジョバンニは、貧しく、病気の母の看病と遠洋の父を待ちバイトで生活を支える。遊びや勉強の時間のない孤独な日々を送る。そんなとき丘の上から銀河鉄道の旅に出る。親友のカンパネラと語りながら旅で知り会う人々と「ほんとうの幸い」のために生きる意味を知る。
シェアする
タイトルとURLをコピーしました