江戸川乱歩

江戸川乱歩

江戸川乱歩『屋根裏の散歩者』あらすじ|節穴から覗く、完全犯罪。

概要>何をするのもつまらない郷田は、ある日、下宿の天井を上り屋根裏を歩きはじめる。そして持ち前の犯罪嗜好癖から完全なトリックを計画し遠藤を自殺に見せかけ殺害する。そこに現れた明智小五郎、些細な事実から謎を解く。江戸川乱歩の明智小五郎篇の名作。
江戸川乱歩

江戸川乱歩『押し絵と旅する男』あらすじ|絵の中の恋は、時空を越えた。

概要>男が恋焦がれた女性は、額のなかの押絵細工だった。それでも男は、自ら求めて自分自身も押し絵となる。仲睦ましい二人の押し絵をもって旅をする男、その男の話を聞きながら遠眼鏡で覗く額のなかの世界は、蜃気楼のように漂う私の幻想だったのか。
江戸川乱歩

江戸川乱歩『二銭銅貨』あらすじ|南無阿弥陀仏の、暗号を解く。

概要>紳士泥坊が盗み隠した消えた大金。二銭銅貨の中の一枚の紙片に綴られた南無阿弥陀仏の謎の暗号を解く、その素晴らしい推理でついに金を探しあてる松村、知識を誇る彼に私が仕掛けた悪戯なトリック、日本で最初の推理小説、江戸川乱歩のデビュー作。
江戸川乱歩

江戸川乱歩『人間椅子』あらすじ|醜い男が女性に触れる、異常な方法。

概要>世にも醜い椅子職人の男。内気で才能も金も無いが、甘美な夢だけは持っている。そんな男が考え出した方法。そこだけが、現実とは違う世界に自分を連れていってくれる。触覚、聴覚、嗅覚で、女性を堪能する。その方法とは何か、甘美で幻想的な怪奇物語。
スポンサーリンク
シェアする