梶井基次郎

梶井基次郎

梶井基次郎『桜の樹の下には』あらすじ|絶対の美と死は、表裏一体。

概要>桜の樹の下には屍体が埋まっている!で始まる有名な短編。どうして桜はあんなに美しいのかが信じられない。それはきっと死と繋がっているからだと思う。神秘的な美しさと、醜い屍体。表裏一体を幻想的に表現し不安や憂鬱から解放されていく。
梶井基次郎

梶井基次郎『檸檬』あらすじ|レモン爆弾が、憂鬱を吹き飛ばす快感。

概要>私の心を抑えつける得体の知れない不吉な魂のせいで、私の生活は蝕まれ街を彷徨する。ある時、店で見つけた一顆の檸檬の単純な色、匂い、重さ、形。この完璧な檸檬が私を重苦しい憂鬱から爽快な気持ちにしてくれる。色彩を思い描きながら読み進む感覚の世界。
スポンサーリンク
シェアする