洋画

映画『ティファニーで朝食を』あらすじと解説/ここが見どころ!

解説>ニューヨーク五番街、ティファニー。早朝、クロワッサンとコーヒーを手に佇む黒いドレスの女性。あまりに有名な映画のオープニングシーン。自由奔放に生きるホリー。美しいオードリー・ペプバーンの全てを余すところなく魅せる、映画史上の不朽の名作。
洋画

映画『キングオブコメディ』あらすじと解説/ここが見どころ!

解説>一夜だけでもコメディ王になる。妄想癖の強いルパートが計画したテレビショーの出演。幻想と現実の境が分からないサイコパスの精神病理をロバート・デ・ニーロが淡々と不気味な演技で迫る、ニューヨーク派のスコセッシ監督が贈る孤独な悲喜劇。
洋画

映画『アフター・アワーズ』あらすじと解説/ここが見どころ!

解説>マンハッタン、退屈な仕事を終えて深夜のカフェで出会った女性、ほんの興味心のつもりが、次々に起こる不思議な因果。ソーホーで体験するついてない男の悪夢のような出来事の連鎖。帰るに帰れない不運な男ポール。ニューヨーク派のスコセッシ監督が贈るブラックユーモア。
スポンサーリンク
洋画

映画『狼たちの午後』あらすじと解説/ここが見どころ!

解説>杜撰な計画の銀行襲撃で、瞬く間に警察に包囲される。目当ての現金も無く、安全な脱出だけがソニーとサルの問題だった。人質、野次馬、TVカメラ、警察、FBI。晒されるソニーの私生活と神経質なサル。アル・パチーノとジョン・ガザールが演じる劇場型犯罪。
洋画

映画『アンタッチャブル』あらすじと解説/ここが見どころ!

解説>禁酒法時代のシカゴを舞台にアメリカ財務省捜査官たちの戦いを描いた映画。主任捜査官エリオット・ネスの自伝を元に映画化。警察すら手を出せないロバート・デニーロ演じるアル・カポネの凄まじい権力支配と非情な暴力のなか、4人の捜査官の不屈の正義が戦いを挑む。
洋画

映画『スカーフェイス』あらすじと解説/ここが見どころ!

解説>トニー・モンタナは、キューバから米国に亡命し、チンピラからフロリダの麻薬王に成りあがる。度胸と暴力で上昇するアメリカンドリームの壮絶な生き様。アル・パチーノの完璧な演技、オリバー・ストーン脚本、ブライアン・デ・パルマ監督のカルトなギャング映画。
洋画

映画『スタンド・バイ・ミー』あらすじと解説/ここが見どころ!

解説>あの12歳の時のような友だちは、もうできない。大人になり小説家になったゴディは、遠い昔を思う。仲間4人で2日をかけた死体を探す冒険。僕たちのかけがえのない友情。50’sに育まれたスティーブン・キングの自伝的なノスタルジックな少年たちの物語
洋画

映画『レオン』あらすじと解説/ここが見どころ!

解説>ニューヨークで孤独に生きる殺し屋レオンと、幼い弟を殺された可憐な少女マチルダ。二人は組んで復讐に向かう。暗く悲しいレオンの運命と、レオンに恋するマチルダの瞳。ジャン・レノの哀愁とナタリー・ポートマンの眩しさ。美しく悲しい大人と少女の物語。
洋画

映画『パルプフィクション』あらすじと解説/ここが見どころ!

解説>タランティーノ監督のくだらない話(パルプフィクション)と題したギャング映画、オムニバス形式で、始めと終わりが円弧のように繋がる。セリフが楽しめて、おしゃれなユマ・サーマンとトラボルタのダンスシーンは最高。全てがファッショナブルな作品。
短編小説

太宰治『ヴィヨンの妻』あらすじ|生きてさえいればという諦観と覚悟

解説>神におびえるエピキュリアン。都合の良い言い訳をする放蕩な夫、大谷の言動に生きていることを淡々とかみしめる妻。戦後の混乱の中、世間が道徳を見失い悪徳が避けられない時代に生のみを肯定する新しい倫理。
スポンサーリンク