田山花袋

田山花袋

田山花袋『蒲団』あらすじ|中年男のキモイ、恋の妄想。

概要>中年の時雄は人生の倦怠の中、弟子の美しい女学生、芳子に恋の妄想を膨らませる。若い時から常識人としてつまらぬ人生だった自分が性に惑溺していく日々。やがて恋人が現れ、別れが来て、芳子の残した夜具の匂いを嗅ぐ。赤裸々に内面を描いた自然主義文学の代表作。
スポンサーリンク
シェアする