中島敦

中島敦

中島敦『山月記』あらすじ|虎とは何か、尊大な羞恥心の変態した姿。

概要>李徴は比類ないほど優秀だが、我儘で自信家のため役人を辞め詩人を目指す。しかし詩作するも評価は上がらず「臆病な自尊心」と「尊大な羞恥心」により発狂し虎にかわる。そして親友の袁傪に人間として不適格な自分を恥じ、苦悩の中で虎として孤高に生きていく。
スポンサーリンク
シェアする