森鴎外

森鴎外

森鴎外『山椒大夫』あらすじ|安寿と厨子王の童話を、現代に再生する。

概要>人買いに売られるも逃れ、運命を拓き出世して山椒大夫を懲らしめる厨子王。中世の説教節を年代や大筋はそのままに近代にアレンジする。昔から親しまれた安寿と厨子王の話を換骨奪胎して、姉弟愛や孝行の物語にした鴎外の創作技法の素晴らしさを味わう。
森鴎外

森鴎外『舞姫』あらすじ|エリスへの愛か自己の保身か、青年の葛藤。

概要>近代日本をつくるためドイツに留学する豊太郎。そこで美しい踊子、エリスと出会い、暮らし始める。職を辞し生活に窮するも幸せな日々を過ごすが、自身の将来への苦悶から身籠ったエリスを捨て日本に帰る。発狂するエリスを残し出世の道を選んだ悲恋の物語。
森鴎外

森鴎外『高瀬舟』あらすじ|あなたは喜助を、殺人罪で裁けますか?

概要>決定的な死にいたる場合、その死を前に苦しむものがあったら、楽に死なせてその苦を救ってやるという死を幇助する行為、鴎外は江戸時代の随筆『翁草』の「流人の話」を題材に、従来の道徳観を超えて「安楽死」の問題を提起しました。
スポンサーリンク
シェアする