映画『鉄道員(ぽっぽや)』あらすじと解説/ここが見どころ!

スポンサーリンク

解説>北海道の幌舞駅長の佐藤乙松は、妻の最期も、娘の最期も看取れずに、鉄道ひと筋の人生だった。定年を間近に迎え人生を振り返るひととき、ふと目の前にあらわれた人形を抱いた3人の女の子。天職に一途に生きた“ぽっぽや”を高倉健が寡黙に演じる。

スポンサーリンク

登場人物

佐藤乙松(高倉健)
鉄道員ひと筋の人生、寡黙で部下や同僚を気遣い「乙さん」と慕われる。
佐藤静枝(大竹しのぶ)
乙松の妻、夫を支えるが病死の時、仕事で最後に会えないまま亡くなった。
佐藤雪子
乙松と雪子が授かった一人娘だが、わずか生後2カ月で病死してしまう。
佐藤雪子(山田さくや/谷口紗耶香/広末京子)
幼少、小学6年生、17歳の高校生、成長していく雪子の姿が描かれる。
杉浦仙次(小林稔侍)
乙松の同僚、退職後はトマムリゾートのホテルに再就職する予定。
杉浦明子(田中好子)
仙次の妻。乙松に代わり静枝の看病をする、仕事中心の乙松をなじる。
杉浦秀雄(吉岡秀雄)
仙次と明子の長男で、JR北海道の札幌本社で事務職として勤めている。
吉岡肇(志村けん)
閉山した筑豊の炭鉱から、仕事を求め幌舞の炭鉱に来たがリストラにあう。
吉岡敏行(安藤政信)
肇の長男、母が逃げ父と二人暮らしで、父の死後は養子となりムネと暮らす。
加藤ムネ(奈良岡朋子)
幌舞駅で「だるま食堂」を営むが、過疎化の影響で店をたたむ決心をする。

あらすじ(ネタバレあり)

蒸気機関車が、もくもくと黒煙を上げて警笛を鳴らしながら走り抜けていく。

缶焚(かまたき)は機関車を走らせるための火夫の仕事。重いシャベルで、高熱のなか、石炭を火室内に入れる重労働である。石炭をくべる若い男、佐藤乙松。鉄道ひと筋の男だった。晴れの日も、雨の日も、雪がふぶく日も、男はD51とともにあった。そして、長い年月が過ぎて行った。

定年が近い佐藤乙松は、過疎の町、廃線予定の幌舞駅の駅長をしている。

佐藤乙松は、定年が近くなっていた。乙松が駅長を務める「幌舞駅」は北海道の幌舞線の最終駅である。かつては炭鉱の町で賑わったが、今は過疎となり、わずかな人々を乗せてディーゼル車<キハ40-764>が走っている。

そんな鉄道ひとすじの人生を、乙松は誇りをもって”ぽっぽや”と自らを言う。

幌舞駅の傍で食堂” だるま屋”を営むムネのところも、客はめっきり減り、店をたたもうと考えている。養子の息子、敏行はイタリアへ数年間、料理の修行に出るという。

幌舞駅は、ローカル線廃止の計画のなかに入っている。

そして幌舞線の歴史と同じように、乙松ももうすぐ定年を迎える。

乙松が、いつものように雪深い幌舞駅で信号を送り機関車が発車した後に、小さな可愛らしい女の子が、お人形を持って乙松の立つホームに訪れる。乙松は「汽車は、もう出てしまった後だよ」と言うが、女の子は「来年1年に上がるんだ」と言って、乙松の手旗信号のマネをして、そして帰っていった。

乙松は、一人娘の雪子を生後2カ月で病気で亡くしている。

乙松には、共に、鉄道人生の苦楽を共にした杉浦仙次がいる。仙次も鉄道ひとすじの男で、息子の秀雄もJR北海道の札幌本社に勤めている。二人は“ 乙さん ”“ 仙ちゃん ”とお互いを呼びあう気心の知れた同僚である。

仙次は、ターミナル駅となる美寄駅の駅長で、退職後はトマムリゾートのホテルに重役で天下りをすることになっている。

17年前に妻と子を亡くした乙松は、“ぽっぽや”を貫いた人生を思い返す。

仙次は、晦日に幌舞駅に行き、乙松の駅舎で泊まる予定だ。一晩かけて、乙松の再就職について説得するつもりでいる。

幌舞線は輸送効率と採算の問題で廃止が決定している。幌舞線は、かっては幌舞炭鉱から石炭を運び出すドル箱路線で、一昔前の幌舞は、たいした賑わいだったが閉山で町は廃れ、路線の乗降客もほとんど無くなった。

駅長室で仕事をする乙松は、ふと昼に遊びに来た女の子が”人形”を忘れて帰ったことに気づく。

仙次は、駅舎を訪れ寝泊まりの場でもある奥の座敷にあがり、亡くなった乙松の妻、静枝の仏壇に手を合わせ、昔を偲ぶ。

乙松は、17年前に妻の静枝を病気で亡くした。雪子が死んで、しばらくしてのことであった。

病床の静枝の看病もままならぬうちに、危篤に際して、乙松は仕事のため静枝を看取れなかった。「ぽっぽやだから、仕方ないよ」と言って、息をひきとった静枝だが、仙次の妻の明子はそんな乙松を許せず、霊前でなじった。

乙松は「俺は、” ぽっぽや” だから身内のことで泣く訳にはいかない」と言う。 昔を偲ぶあまり、仙次は “げんこの代りに旗を振り、涙の代わりに笛吹きならし、喚く代りに裏声しぼる。”と鉄道で働く男の歌をうたう。仙次には、乙松の”ぽっぽや”の気持ちがわかっていた。

死んだ雪子を想い出す乙松と、思い出話しから再就職を進める仙次。

一夜明けて、年が新たまる。乙松と仙次は、二人きりでささやかに新年を祝う。

仙次は「来年退職でトマムのリゾートに横滑りすることを話し、乙松にも来ないか」と誘う。ターミナル駅の駅長の仙次には、定年後の横滑りが用意してあった。

乙松は遠慮して「鉄道のことしか知らんし、体で覚えてきたことばかりで、横滑りのきかないことばかり」と言う。

乙松は、初めて子供が生まれた時のことを思い出す。

静枝と結婚して17年目の高齢出産で心配したが、元気な女の子が生まれた。雪の降る日だった。静枝は「ぽっぽやには、なれないね」と気を遣うが、乙松は、出産を喜んだ。

「名前、雪子にしないか」と乙松は言う。静枝は「この雪みたいに綺麗な子になれるかなぁ」と言った。しかし雪子は、生後2カ月で幼くして病気で死んだ。乙松は、その日も仕事で死に際に立ち会えず、雪子は変わり果てた姿で、静枝に抱かれて美寄から幌舞駅に帰ってきた。

仙次は、「退職後は、どうするのかと」と乙松を心配する。

乙松は、「静枝も雪子もここで死んだので、ここに残るという」

定年すれば官舎にはいられない、また乙松は病気を患っている。また病気のことは仙次しか知らない。

仙次は、昔のことを思う。仙次も同じ缶焚きだったころ、ガスをたくさん吸いこみ、あやうく命を落とすところを乙松に助けてもらったことを思い出し「ぜひ、退職後も一緒にいてくれ」と乙松に言う。そしていつか居眠りをしてしまった。

仙次は「何とか乙松と退職後も一緒に働きたい」と誘うが、乙松は「鉄道屋以外はできないという、親父に憧れて“ ぽっぽや ”になって、どっかで繋がっているんだ、レールみたいに」としみじみと言う。

乙松も、昔のことを思う。組合争議の合理化反対ストの時、集団就職の列車を走らせたことを思い出す。「あんなに小さい子供たちが働きに出るというのに、俺たち“ ぽっぽや ”にできることは鉄道を走らせることだけだった」と乙松は、当時を懐かしんだ。

乙松の前に次々に現れると女の子と、幌舞の人々と生きた人生を振り返る。

すると小学6年生の女の子が駅長室に乙松を訊ねてやってくる。理由を聞くと、昼間の女の子のおねえさんで”人形”が無いと泣くから取りに来たというのだ。

「このあたりじゃ見かけないね」と乙松が言うと、「おじいちゃんのところに遊びに来た」と言い、女の子は、トイレに行きたいと言って「おっかないからついて来て」と駅長室の外にあるトイレに向かい、人形を乙松に預ける。

乙松は、ふと人形のことを考える。それは昔、雪子に買った人形と同じだった。

女の子は乙松に「目をつぶって、いいことがあるから」と言って、おませにキスをして「明日もまた来るからね」と言って帰っていった。

居眠りから目覚めら仙次は、乙松の話を聞いて「雪女じゃないか」と茶化すが、乙松は「雪女にチューされたら凍っちまうべ」と不思議な気持ちだった。

仙次と乙松は、それからも昔話に花を咲かせる。

仙次も若い頃は、腕っぷしが強く炭鉱夫相手に喧嘩もした。ある時、九州の筑豊から期間工でやってきた炭鉱夫の吉岡肇が、合理化で一番先に首切りにあって荒れて正規の工夫と、だるま食堂で大喧嘩になり、それを仙次がとめた。

定年を迎える二人は、長い鉄道員人生をお互いに懐かしんだ。

そのときの期間工は落盤事故で死に、肇の息子で一人残った敏行を、静子と乙松は養子にしようとしたが、静子は病弱で子育ては無理だった、結果、だるま食堂の養子となった。

それが、今度、だるま食堂をたたみイタリアへ修行に行く敏行だった。敏行は、イタリアのボローニアに行って学校に通いレストランで修行するという。

長い幌舞の時間を経て、敏行の新たな旅立ちを祝ったこともあった。

幌舞線の廃止とともに終わる、定年を迎える乙松の鉄道員としての人生。

翌朝、仙次は、乙松と共に静枝の墓に参る。そこでも、何とかトマムに来てくれるように乙松に願う。

敏行は、いよいよイタリアレストランをオープンする。名前は”ロコモティーバ”、機関車という意味だそうだ。照れくさそうに乙松や皆にお礼を言う。

仙次は、再就職の件をくれぐれもよく考えてくれと念を押す。乙松は「いま走っている汽車<キハ>は、どうなるのだろう」と言う。<キハ-40 764形>は昭和32年の製作である。仙次や乙松が、D51で缶焚きをしていたころのものである。「スクラップか博物館か鉄道公園の行き先だ。」と仙次は言う。

仙次が美寄に帰ったすぐ後に、仙次の息子の秀男から乙松に電話がかかってくる。

秀男は、JR北海道本社の鉄道事業本部で事務職で働く幹部候補で、一緒に行けなかったことと、鉄道関係の再就職先がなかなかうまくいかないことを乙松に詫びる。

乙松は「自分の親父に憧れ、D51形やC62形が、戦争に負けた日本を立上げて引っ張るんだと信じて、機関車乗りになり、そしてぽっぽやを全うしようとしている。悔いはない」と秀男に話す。

乙松は、“ ぽっぽや ”以外の人生を考えていない。 秀男は乙松に「幌舞線の廃止が早まり3月いっぱい」と言う。そして「雨の日も雪の日も送り向かいしてくれことを、上手く言えないけれどおじちゃんに頑張らせてもらったことを心から感謝しています」と言う。乙松は秀男に「おまえも“ ぽっぽや ” だべ、幹部としてもっとやることあるべ、がんばれ。ありがとう」と言う。

17歳の美しい雪子と楽しく語らう乙松と、“ ぽっぽや ”の幸せな最期。

吹雪の中、乙松は駅長室に戻ると、美しい高校生の女の子が待っています。三人目の女の子が人形を取りにやってきたのです。乙松は、てっきり近所にある寺の住職の孫だとも思い込む。

美寄高校の制服とそっくりな制服を着ていた女の子は、鉄道ファンとのことで、とても詳しい。乙松は、古い鉄道の部品などを女の娘に見せ「欲しいのがあれば、どれでも持って帰りなさい」という。女の子は「宝の山ね」と喜び、乙松と鉄道のことで楽しく会話がはずんでいく。

女の子は、乙松の古いアルバムを見ながら話しかけてくる、そして雪子の写真を見つける。乙松は、死なせてしまった雪子のことを女の娘に話す。

女の子は乙松に「幌舞線って無くなるの、無くなるとどうなるの」と訊ねる。

乙松は「あっつという間に原野に戻るさ、鉄道ができる前の原野に戻り、鉄道があったことも忘れられてしまう」と答える。

そして乙松は、いつものように定刻になりホームに立ち汽車を見送りに行く。遠い日の病気の静枝を幌舞駅から送りだした日をふっと思い出す。そして駅長室に戻ると、女の子があり合わせの材料で暖かい鍋をつくり乙松を待っていた。乙松は「何だか魔法にかかったようだ」と美味しく鍋を食べる。

そして乙松は「静枝も雪子も死なせてしまい、勝手に生きてきたのに、皆によくしてもらって幸せだ」と涙を浮かべしみじみ語る。

そのとき新年の挨拶で、たまたま寺の住職から電話があり、住職からは「娘も孫も帰ってきていない」と告げられる。乙松は、雪子が3人の子どもになってその成長を乙松に見せに来たのだと分かった。

乙松は、奇跡が起こったのだと思った。

乙松は、雪子が死んだ日も、ホームで雪をはみ、机で日誌に向かい“ 本日異常なし ” と書いていたと話すと、雪子は「お父さんは“ ぽっぽや ” だもの、仕方ないでしょ」と言い、「ごめんな」と乙松は言う。

「ありがとう、おとうさん、雪子は幸せだよ」そう言って、いつか人形も雪子も消えていた。

乙松は業務日誌に、この日も“ 異常なし ”と綴った。

翌朝、ラッセル車が、雪で埋まるホームに死んでいる乙松を発見した。

解説/ここが見どころ!

●D51形式蒸気機関車の象徴的なオープニングシーンについて。

煙をもうもうと吹き上げながら走るD51のオープニングシーンは、あらためて蒸気機関車の動力が凄い迫力であることを見せつけます。何かどう猛な生き物のような感じさえします。

そこに缶焚きをする佐藤乙松。乙松は親子の二代の鉄道員です。

父親は、戦後復興の重要な役割として貨物を中心に人々を運ぶ鉄道の仕事に誇りを持っています。乙松も、父の背中を見て育ち憧れの鉄道員になります。そこには敗戦日本がもう一度、立ち上がるための大きな使命感があったこと、そして当時の幌舞は産炭地であったことも重要です。

原野を鉱山とし石炭を掘り燃料にする、あるいは石炭からコークスを生成して高炉のエネルギーとして製鉄に用いる、そこに集う人々。その貨物や人を乗せる鉄道は、まさに近代化に貢献する天職だと考えた事でしょう。

●乙松の一途に仕事に生きる“ ぽっぽや ”という職務の在り方について。

キャッチコピーは「男が守り抜いたのは、小さな駅と、娘への想い」「一人娘を亡くした日も、愛する妻を亡くした日も、男は駅に立ち続けた」です。

何故、乙松は、妻や子を看取ることもせずホームに立つのか。それは、この幌舞駅と幌舞線はかけがえのないライフラインだからです。そして過疎になった今も、乙松の思いや日常は効率では計れないのです。
乙松の気持ちは “ ひとりの乗降客のために ” そして “ ひとりひとりに訪れる人生の時間のために ”との
思いです。

そのために鉄道員として安全に正確に運行することが使命なのです。鉄道や、郵便局など国の運営には、本来、そのようなライフラインの意味合いがありました。この”公”を理解しておく必要がありそうです。

そこで物語は、この公において、子どもの死に目にも、妻の死に目にも会えないのです。

現代では理解しにくい公共のサービス、ここでは毎日、事故無く時間に正確に鉄道で安全に人々を送客するという使命感があり、交代要員のない小さな駅ではやむを得なかったのでしょう。この前提を共有しなければ、乙松の“ ぽっぽや ”という仕事と胸に秘めた人生は分かりません。

●3人の少女が雪子の成長をみせる、乙松に訪れる奇跡な幸せが泣けてくる。

そして雪子の生まれかわりとして、小さく可愛い幼少のころ、元気でおませな小学6年生のころ、大人になった美しい17歳の高校生のころと、3人の女の子が乙松の前に現れます。

3人とも“ ぽっぽや ”が大好きです。最初にやってきた幼少の可愛い女の子は無邪気に手旗信号を真似、おませな小学校の子はキスをして、美しい高校の娘は鉄道マニアで料理もつくります。

それは生後2カ月で死んだ雪子の人生や、申し訳なく思う静枝に対して、幌舞の雪国が、乙松に幸せな贈りものをしたのです。生きていれば17歳の雪子が、幼少の時代、中学校に上がる時代、そして大人になっていく時代の成長の節目を乙松に見せてくれたのです。

そして「ありがとう、お父さん」と“ ぽっぽや ”の乙松の子であった短い人生に感謝します。

それは幌舞の駅で、人々の人生を応援し安心や安全を鉄道に乗せて、仕事を全うした“ぽっぽや”の乙松へ雪国の人々からの感謝でもありました。

今日も、吹雪くホームの上で、もうすぐ鉄道員を卒業する乙松は、幌舞駅も幌舞線も、雪子との思い出も大切に胸にしまいながら、“ ぽっぽや ”としての幸せな人生を終えることができました。

“異常なし”と業務日誌に綴り、乙松は雪のホームで死んでいきました。

流れる口笛が、“テネシーワルツ”であることも高倉健の人生の情感を漂わせます。

降旗康夫監督、浅田次郎原作
映画『鉄道員(ぽっぽや)』1999年公開の日本映画
2000年 第23回日本アカデミー賞で最優秀作品賞、最優秀主演男優賞(高倉健)など主要部門をほぼ独占。
高倉健、男の情感を寡黙に表現できる日本でただ一人の名優でした。