映画『タクシードライバー』あらすじと解説/ここが見どころ!

スポンサーリンク

概要>男はベトナム戦争の帰還兵で、精神を病みひどい不眠症に悩まされる。退廃するニューヨーク、男の孤独と焦燥は、吐き気のする嫌悪にかわり、悪を洗い流す浄化への妄想はやがて現実になっていく。ロバート・デニーロ演じるトラヴィスの狂気が覚醒する。

スポンサーリンク

登場人物

トラヴィス・ビックル(ロバート・デニーロ)
戦争による深刻な不眠症から、朝まで勤務できるタクシー会社に就職。
ベツィー(シビル・シェパード)
トラヴィスが好意を寄せる、バランタインの選挙事務所に勤務する女性。
アイリス(ジョディ・フォスター)
マティッシュ(通称:スポーツ)の管理の下、売春で稼ぐ未だ幼い少女。
マティッシュ(ハーヴェイ・カイテル)
アイリスのヒモ、言葉巧みに売春で稼がせ抜け出せないようにしてる。
チャールズ・パランタイン(レナード・ハリス)
上院議員で大統領の候補者として、選挙キャンペーンを行っている。

Amazon | タクシードライバー [Blu-ray] | 映画
ロバート・デ・ニーロ, ジョディ・フォスター, ハーベイ・カイテル, マーティン・スコセッシ 邦画・洋画のDVD・Blu-rayはアマゾンで予約・購入。お急ぎ便ご利用で発売日前日に商品を受け取り可能。通常配送無料(一部除く)。

あらすじ(ネタバレあり)

トラヴィスは、タクシー会社を志望した。それは彼は、ベトナム戦争で精神を病み極度の不眠症を患っており、また社交性にも欠けているので、タクシードライバーの夜勤の仕事が都合がよかったからである。

マンハッタンの夜の深い闇を走る、タクシードライバー。

夜のマンハッタンを流し、客を拾う。そこはドラッグ、売春、ゴロツキ、ゲイと 目を覆うばかりの悪が溢れ、薬物と性欲に溺れる得体の知れない人々が棲息する吐き気がする場所だった。

ある日、トヴィスは運転中に、次期大統領候補バレンタインの選挙キャンペーン事務所を通りかかり、選挙活動スタッフの清楚で美しいベツィーを見かける。それは、汚れた掃きだめのようなこの街で唯一、天使のように感じられて魅かれていく。

トラヴィスは、やっとの思いで、ベツィーをデートに誘うのだが、彼の日ごろの趣味であるポルノ映画に彼女を誘ってしまい激昂されそれきりになってしまう。

何とか取りなそうとするトラヴィスだが、二度と電話に出てもらえなかった。所詮、彼女も上級の冷たい人間なんだと開き直り、トラヴィスは事務所を訪れベツィーを罵り別れてしまう。

街を流しているある日突然、トラヴィスのタクシーの後部座席に女性が逃げ込んできた。彼女はまだ少女の年齢で売春婦のようで、すぐにヒモのような男に連れ戻されていった。

タクシーには素性の知れない人間たちが乗ってくる。また別の日には、女房の浮気現場を確認するためにトラヴィスのタクシーに乗り込み、車内から女房のいる部屋を監視し、「マグナム44で顔を跡形もなくぶっ飛ばして殺んだ」と話しかけてくる異常な男も乗せた。

恋にも政治にも絶望し、大統領候補の暗殺を企てる。

何もかもが不条理。トラヴィスの不眠症はますますひどくなり精神をさらに病んでいった。

トラヴィスは、失恋の痛手もありひどく落ち込んでいき、タクシードライバーの生活を止めて何か大きなことをしたいと考えるようになる。

彼はブローカーを通じて銃を4丁、手に入れる。マグナムの破壊力や38口径の操作性、自動銃のコルト25口径やワルサーを気に入り買い揃えた。

そして身体を鍛え直し、射撃の練習をつみ、入念に戦闘の準備をした。

次第にトラヴィスは半狂人と化していく。

トラヴィスは、非番でニューヨークの街を歩く。街角で、以前タクシーに逃げ込んで来た少女売春婦を見つける。用心深いマティッシュを安心させ指名する。宿に案内され、個室に入る、彼女の名前はアイリス。

客を装いながら懸命に仕事を辞めるように諭す。アイリスは、ヒモのマティッシュに騙されているが、真剣に話をするトラヴィスに理解を示していく。しかし結局はマティッシュの甘い嘘の言葉にからめとられていく。

このような悪を野放しにしてしまう社会、やがてトラヴィスの妄想はピークに達する。

トラヴィスは、大統領候補パランタインの暗殺の計画を実行に移す。

遺書とアイリスへの数百ドルを封書に入れ、トラヴィスはアーミーの迷彩服にモヒカン刈りの出で立ちで、パレンタインの街頭演説の会場に現れた。 不審に思うシークレットサービスに目撃され人混みに紛れて何とか逃げ切った。

トラヴィスのバランタインの暗殺計画は未遂に終わった。

計画の照準をアイリスの救出に変え、彼女を闇の手から開放する。

トラヴィスは、計画を変更しアイリスを救いに向かう。

まずは、ヒモのマティッシュの前に現れる、ふざけた会話のやりとりで、次第にいらつくマティッシュにワルサーの銃弾を撃ち込む。続いて、連れ込み宿の用心棒の指を殺傷力の高いマグナムの一撃で吹っ飛ばす。追いかけてきたマティッシュにナイフでとどめをさす。元締めの男に首筋を撃たれるが、すかさず仕込んだコルトで反撃し絶命させる。

連れ込み宿の個室とそこに通じる階段は血の海となり、恐怖におののき泣き叫ぶアイリス。自殺を試みるトラヴィスであったが、既に弾は尽きていた。そして駆けつけた警察に身柄を拘束される。

マスコミは、少女を闇社会から救い出した男としてトラヴィスを称える。

新聞はタクシードライバーの勇気の記事で溢れ、故郷に帰ったアイリスの親からは、「行方不明になっていた娘を救ってくれて我々家族にとってあなたは英雄です」と感謝の手紙が送られる。

事件は一段落し、タクシーの仕事に戻っていたある日、トラヴィスの車にベッツイーが乗り込む、彼女とほんの少し会話をして、彼女を下ろした後、彼は夜のマンハッタンの街を一人、また彷徨う。

解説/ここが見どころ!

●退廃のニューヨークの描写とトラヴィスの孤独な叫び。

眠らない街、ニューヨーク。まさに多民族、多言語が集う人種の坩堝るつぼ

治安が極度の悪化して当時は不名誉ながら、犯罪都市ニューヨークと言われていました。

南北に走るブロードウェイ、タイムズスクエア近辺の不夜城ではドラッグや売春、ポルノショップなど不眠に襲われるトラヴィスの視界には反吐がでるほどの汚れた街に映ったことでしょう。

その街をただただ客を乗せ、指示された場所へ送り届けるタクシードライバー。

不眠症で薬の飲み続け、日々の憂鬱を日記に記しながら次第に狂気が覚醒します。
視界に入る退廃の風景のなかで孤独な叫びが、声にならず唸っているようです。

トラヴィスの孤独は、極度の精神異常に陥り、ベトナム戦争の後遺症も加わり先鋭化されていき、倫理もモラルも無い不条理な社会への憎しみは、銃による制裁に向かっていきます。

●恋にも政治にも絶望するが、トラヴィスはアイリスを救う。

やがてトラヴィスは、選挙キャンペーンスタッフの ベツィー に好意を寄せ、やっとデートに誘いだしますが、所詮、底辺のタクシードライバーで何とか生計をたてるトラヴィスと、上流の人間であるベツィーとでは、もともと住む世界も趣味も生活スタイルも異なります。

恋に破れ、それは逆恨みになっていき、綺麗ごとの政治のスローガンも見せかけの嘘話だと見破っているトラヴィス。

自分の力で、すべての邪悪を大雨のように流しさり浄化しようと目論み、銃を調達し完全に武装して、その標的に偽善者としての象徴の大統領候補を狙うが未遂に終わります。

そこでトラヴィスはターゲットを変更します。それは自殺を覚悟のうえで、この街のゴミを一掃すべく売春を強いられている少女アイリスを闇の世界から救い出すことを決意しまし。

●俳優ロバート・デニーロと監督マーティン・スコセッシ 。

ロバート・デニーロといえば役になりきることで有名です。 頭髪を抜いたり体重を増やしたりと役作りにこだわる俳優です。

この映画では、数週間にわたり実際にタクシーの運転手を行い、役の研究を行いました。またトラヴィスが鏡に向かい「You talk’in to me? (俺に用か?俺に話しているんだろう?)」と呟きながら、素早く銃を抜くシーンもデ・ニーロのアドリブです。

また、バイオレンス映画を得意とする監督のマーティン・スコセッシは、シチリア系イタリア移民の出身です。その出自から腐敗した矛盾の中でいかに人間の倫理や善良さが大切であるか、さらにそれを実践することの苦悩をテーマとした映画を数多く手がけています。

この作品ではメガホンだけでなく俳優としても登場します、浮気した自分の妻の殺害をほのめかす異常なタクシー客として出演しています。神経質そうな早口の言い回しが印象的です。

アメリカン・ニューシネマと呼ばれた映画ジャンルは、1960年代後半から70年代後半にかけて制作され、ベトナム戦争後の若者たちの反体制的な心情を綴ったテーマが多く、本作品はその後期と言えます。

映画『タクシードライバー』1976年のアメリカ映画
第29回カンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞作品
ロバート・デニーロの狂気に向かう心理描写の名演技が凄味ある作品です。