瘤取り

芥川龍之介

芥川龍之介『猿蟹合戦』あらすじ|蟹は死刑!価値観は急に変化する。

解説>猿蟹合戦のその後、蟹はどうなったか?というお話。これまでの勧善懲悪や武士道精神は無くなり、法の下で裁きを受けます。すると、理不尽で不条理にも、蟹は死刑の判決を受けてしまいました。そして読者の皆さんこそが蟹なのですと忠告します。
芥川龍之介

芥川龍之介『桃太郎』あらすじ|鬼が島は楽土で、桃太郎は侵略者で天才。

解説>伊弉諾(いざなぎ)の国産みの神話の桃の木は八咫烏(やたがらす)に啄まれ、落ちた桃から生まれた桃太郎が、犬猿雉を伴い鬼退治。鬼たちは平和で静かに暮らすなか、何故、征伐されるのか分からない。芥川の桃太郎、侵略者なのに天才とされる理由を考えます。
太宰治

太宰治『お伽草紙/カチカチ山』あらすじ|少女の心には、残酷な兎がいる。

解説>戦時中、安全を求め転々と疎開する家族。落下する焼夷弾に防空壕の中で、子ども抱きあやしながら絵本を読み聞かす傍ら太宰流の新説、お伽噺し。「瘤取り」「浦島さん」「カチカチ山」「舌切り雀」を1作ずつ紹介。その創作意欲と、子どもへの愛情を思う。
太宰治

太宰治『お伽草紙/舌切り雀』あらすじ|あれには、苦労をかけました。

解説>戦時中、安全を求め転々と疎開する家族。落下する焼夷弾に防空壕の中で、子ども抱きあやしながら絵本を読み聞かす傍ら太宰流の新説、お伽噺し。「瘤取り」「浦島さん」「カチカチ山」「舌切り雀」を1作ずつ紹介。その創作意欲と、子どもへの愛情を思う。
太宰治

太宰治『お伽草紙/浦島さん』あらすじ|年月は、人間の救いである。

解説>戦時中、安全を求め転々と疎開する家族。落下する焼夷弾に防空壕の中で、子ども抱きあやしながら絵本を読み聞かす傍ら太宰流の新説、お伽噺し。「瘤取り」「浦島さん」「カチカチ山」「舌切り雀」を1作ずつ紹介。その創作意欲と、子どもへの愛情を思う。
太宰治

太宰治『お伽草紙/瘤取り』あらすじ|性格は、人生の悲喜劇を決める。

解説>戦時中、安全を求め転々と疎開する家族。落下する焼夷弾に防空壕の中で、子ども抱きあやしながら絵本を読み聞かす傍ら太宰流の新説、お伽噺し。「瘤取り」「浦島さん」「カチカチ山」「舌切り雀」を1作ずつ紹介。その創作意欲と、子どもへの愛情を思う。