映画『深夜食堂・とろろご飯』あらすじと解説/ここが見どころ!

概要>歌舞伎町ゴールデン街の裏通りの深夜食堂、無口なマスターと常連と毎回の訳あり客。今風、お江戸の人情噺し。今回は多部未華子出演の第二話『とろろご飯』をご紹介します。ゆるくて、ほっこり、世間が恋しくなる。この際、テレビドラマを全編、ご覧になるのもおすすめです。

登場人物

マスター(小林薫)
深夜食堂の寡黙な店主、本名、生年月日など一切不明、左目に切り傷の後がある。
小寿々(綾田俊樹)
お店の常連客で、新宿2丁目でゲイバーを営んでいる、甘い卵焼きが好物。
剣崎竜(松重豊)
お店の常連客で、鬼島組の幹部、地回りのヤクザ、赤いウィンナーが好物。
ゲン(山中宗)
お店の常連客で、竜の弟分。感情の起伏が激しい。きんぴらごぼうが好物。
マリリン松嶋(安藤玉恵)
お店の常連客で、「新宿ニューアート」の看板ストリッパー。タラコが好物。
キミトシ(高橋周平)
マリリンの彼氏で、マッサージ師。マスターの腱鞘炎を治す。
忠さん(不破万作)
お店の常連客で、マリリンのファン、いろいろと街の情報通。
お茶漬けシスターズのミキ(須藤理彩)
お店の常連で、お茶漬けシスターズの一人、いつも梅茶漬けを頼む。
お茶漬けシスターズのルミ(小林麻子)
お店の常連で、お茶漬けシスターズの一人、いつもたらこ茶漬けを頼む。
お茶漬けシスターズのカナ(吉本菜穂)
お店の常連で、お茶漬けシスターズの一人、いつもシャケ茶漬けを頼む。
塙千恵子(余貴美子) 
老舗料亭「ほおづき」の女将で、マスターに好意を持つ。みちるを店に引き取る。
栗山みちる(多部未華子) ※今回の主人公
マスターに拾われ「めしや」で働きその後、「ほおづき」の料理人見習いとなる。
長谷川タダオ(渋川清彦)
みちると同郷で、料理の上手さを見込んで東京に出店を持ちかけるが金を持ち逃げする。
小道(宇野祥平)
フリーのカメラマンで、かずみに好意を寄せている。
かずみ(谷村美月)
大阪出身で、性格のはっきりした浪速っ子でボーイッシュな感じ。
小暮(オダギリジョー)
よもぎ町交番勤務、飄々としているが人情味のあるおまわりさん。
野口(光石研)
新宿署の刑事、ヤクザの竜とは高校時代の親友。
夏木いずみ(篠原ゆき子)
刑事・野口の相棒、野口にやたらと絡む。

あらすじ(ネタバレあり)

深夜食堂は、もとはビックコミック連載の漫画。テレビドラマは、第1部~第3部まで全30話あります。舞台は、新宿ゴールデン街にある食堂。店の名前は“めしや” マスターのナレーションで始まります。

「営業時間は夜12時から朝7時頃まで。人は”深夜食堂”って言ってるよ。」

「メニューは、これだけ。あとは勝手に注文してくれりゃあ、できるもんならなんでも作るよ、 ってぇのがオレの営業方針さ」

「客が来るかって?それがけっこう来るんだよ。」

と続きます。物語の中では、マスターの本名、素性、経歴など一切、語られません。

マスターは、なぜか左目に切り傷の跡がありますが、理由は明かされません。作務衣を着たマスターの言葉少ない渋い演技と、夜な夜ないろんな人がやってきて、いろんな悩みがありますが、人情の機微に触れ立ち直っていきます。

定番メニューは「豚汁定食600円」だけ。あとは、一話ごとのテーマに、料理が一品あって、うまい役者が話のネタを提供。一話が30分程度の構成、それぞれに、いい味が出ています。

今回は、多部未華子出演の深夜食堂第二話「とろろごはん」篇をご紹介。

みちるは、お金がなく空腹でたまらず、めしやで無銭飲食を強行します。

栗山みちるは、ネットカフェのドリンクバーでひたすら飲んでいる。

周囲の客の視線もお構いなしに、まるで野良猫がほんのわずかな餌にありつくようなしぐさで、のどの渇きと空腹を癒しています。お金も無く、寝る家もなく、風呂にもずいぶん入っていず、いよいよお金が尽きて限界な様子です。

ところ変わって、めしやでは、小道とかずみが来ていてマスターと会話している。

マスターの手の動きに、かずみは「腱鞘炎じゃないの、しばらく店閉めらたいいやん、そんな難儀してるんやから」と心配する。

そこへ、お腹を鳴らしてみちるが店に入ってきて「とろろご飯」を注文する。

空腹を察して、マスターがとりあえず、お浸し、きんぴらやウィンナーなどを出してやる。黙々と食べるみちるだが、どうもマスターは、やはり右手が腱鞘炎になったようだった。

そして、とろろ飯が出来上がったところで、みちるは居なくなっていた。

マスターがとりあえず出してくれたものをすっかり平らげて消えていた、空腹に耐えられず、とうとうみちるは無銭飲食を強行したのである。

あくる日、お茶漬けシスターズの3人組が、小道から昨日のみちるの話をきいていると、千恵子が糠床をもって、めしやにやってくる。

千恵子は、マスターの古くからの知り合いで、今は新橋のほうで老舗割烹「ほおずき」の女将をやっている。千恵子は、マスターに好意を持っているようだ。

マスターに詫びに来たみちるは、めしやで当分のあいだ働くことになる。

翌日みちるは、めしやを訪れマスターに無銭飲食を詫び、お金がないので働いて返したいとお願いする。

一人でやっているのでと、マスターが断ると、みちるは厨房に入り三本の包丁をきれいに磨き上げた。
その手さばきに感心したマスターは、自身の右手の腱鞘炎のこともあり治るまでみちるに手伝ってもらうことにする。

みちるの卵焼きは、常連に評判が良かった。味にうるさい千恵子だけは、少し塩が濃いと注文を付ける。それでも料理の素質を認めたマスターは、鍵を渡し、めしやの二階をみちるにあてがった。

こうしてみちるは、めしやで住み込みで働くことになる。

みちるは、めしやの二階の六畳間に上がり故郷のおばあちゃんのことを考えます。みちるは、何か訳ありで東京に出てきたようでした。それでも、清潔な布団で久しぶりにゆっくりと安心して眠ることができました。

みちるの料理は評判がよく、めしやの常連からも可愛がられていきます。

みちるは、ゲンたち風鈴売りから、お気に入りの音色の風鈴を買います。

みちるは、腱鞘炎のマスターを助け、一緒に材料の仕入れにでかけ八百屋で見つけた素材でふる里、新潟で食べる糸かぼちゃをつくり常連客にふるまったりうちとけていきます。新潟の親不知町(おやしらずまち)の出身のみちるは、方言も含め、その純朴さで、めしやの常連たちにも可愛がられました。

マリリンの彼氏のキミトシが、めしやにやってきます。キミトシはマッサージ師の仕事をしていて、マスターの腱鞘炎を心配し、一度、整骨院に来るようにと話しかけます。

ある日、みちるが八百屋から帰ってくると、整骨院帰りのマスターの右手は、良くなっていました。そしてそれは、みちるにとっては、めしやのバイトを終わることです。

みちるは「わかっています、マスターの右手が治るまでの約束だったので」、そして「一週間だけ時間をください」と言います。

二階の窓には夏祭りの夜に買った風鈴が、爽やかな夏の風に揺れています。

恋人を振り切り、夢を叶えるために頑張るみちるを千恵子が引き取る。

ある日、みちるを追いかけて、恋人だった長谷川が迎えにきます。

長谷川は、みちるの料理の腕を評価し料理店を持とうと誘いますが、みちるの貯金を使い込み、逃げ出した男でした。男は、みちるの故郷のおばあちゃんの病気のことまで話題にしながら、未練がましく、もう一度、やり直そうと言います。

そこに、交番の小暮が、一芝居します。

小暮は、みちるにプロポーズして、ちかく結婚をするというのです。

千恵子は「あんたは用済みと言うことなのよ」ときっぱりと長谷川に言います。

長谷川は、くやしさに「そりゃせつないのぉ、ばあちゃんも用済みと言うことかいね」と嫌味を言って出て行きます。

それを見た千恵子は「うちの店で働いてみない」とみちるに声をかけます。

マスターを離れ、みちるは老舗料亭「ほおずき」の料理見習いで修行する。

マスターの腱鞘炎が治って、みちるは、めしやを出ていきます。

みちるは、若くに両親を亡くし、おばあちゃんに育てられてきた。そんな大好きなおばあちゃんを心配しながらも、料理への道を諦めません。

マスターは、はなむけに、みちるの好きな「とろろご飯」をご馳走します。風鈴はマスターの思い出として「めしや」に残りました。

東京に出てきて一人ぼっちでも、ひたむきにまっすぐに生きています。

その後みちるは、料理の腕と真面目さを買われ、新橋にある千恵子の老舗料亭「ほおづき」で料理人見習いとして働きます。やがて頑張るみちるに、ふる里のおばあちゃんから元気との便りが届きます。

解説/ここが見どころ!

みちるの素朴で健気でひたむきな姿勢、多部未華子の演技が素晴らしい。

この「とろろご飯」編では、多部未華子が初々しい。冒頭のシーンでは、まるで野良猫のように腹をすかせたハングリーな演技が、オムニバス二話目の冒頭の掴みとなります。

田舎から東京に来たばかりの警戒感や素朴さ、方言やしぐさなど自然体の演技のうまさがひかります。 一気に新潟弁で、まくしたてるシーンではセリフ入れも完璧。実力派の本格的な女優さんの素質は、もうたっぷりでています。

また、和服を粋に着こなす余貴美子も女将オーラがすごい。みちるを追いかけて来る男に、ぴしゃりと最後通牒を言い渡すシーンで、その眼力は迫力満点です。

その余貴美子と多部未華子とのからみにおいても、貫禄のある女将に対して、芯の強い頑張り屋さんのみちるを演じています。

多部未華子は、「深夜食堂」と「ピースオブケイク(共演:綾野剛)」で2015年に第25回日本映画プロフェッショナル大賞を受賞しています。

孤独が素材で、深夜食堂で料理され、ほろっとした味わいにしてくれる。

店名は“めしや”で、主人は“マスター”、メニューは“豚汁定食”だけ。

新聞やテレビで知識人や評論家が、「コミュニティがなくなった」とか「ふるさとが喪失した」とか「庶民がいなくなった」とか、人情味の無くなった社会の話を見聞きすることが多くなりました。

しかし深夜食堂では、夜12時から朝7時までいろんな人生が、入れ替わり立ち替わり店を訪れ、わいわいと会話が繰り広げられます。そこには自分を愛し、他人の人生も応援する、ほほえましい姿があります。

今だけ、金だけ、自分だけを考える人は、この居酒屋は入れてくれません。

ヤクザ者、オカマ、ストリッパー、さすらい人、売れない演歌歌手、OL3人組、AV男優、料理評論家、流しの歌手、ボクサー、新聞配達青年、わけありアイドル、ソープ嬢、不倫の女子大生、学生デリヘル嬢、シナリオライター、詐欺姉妹、違法カジノ店の店長、謎の浪速女など、いろいろなキャラクターが登場します。

ただし全員と出会うにはテレビドラマ30編を制覇する必要がありますが。

一気に観てもいいし、1週間に一話というペースだと何カ月も楽しめます。

深夜食堂は、肩書き持込み禁止、皆、生き方にプライドがある。

登場人物には、お昼の丸の内でバシッときめて歩いているような人はいません。皆、凹み経験がある人、でも悩みながら何かを信じて立ち直る。そして元気になって深夜食堂から旅立っていく。

言葉に人生が滲んでいる、染みこんでいる、湿っている、人情もの。

まさか現実では夜12時を過ぎて、電車も無いのに、歌舞伎町ゴールデン街の居酒屋の常連になることは難しいでしょう。でも、ちょっとだけ、映画から想像力をもらってみましょう。

あなたではない別の誰かの人生に、目を向け、耳を傾けて真剣に聞くことで、これまでの失敗も厚みになってあなたを優しく迎え入れてくれるかもしれません。

人生、どこか行きあたりばったり、そんなに考えすぎてどうすんの。あなたもゲストでいかがですか。

ようこそ、深夜食堂へ!ただしその時は、肩書や口うるさいお説教話は禁止です。

松岡錠司監督、安倍夜郎原作
映画『深夜食堂』2015年公開の日本映画
はまっちゃったら、『続・深夜食堂』とテレビ番組の方も制覇ください。

タイトルとURLをコピーしました