映画『ショーシャンクの空に』あらすじと解説/ここが見どころ!

スポンサーリンク

概要>銀行の副頭取のアンディは冤罪だが終身刑が下り、ショーシャンク刑務所に収監。絶望の中で見た刑務官の横暴さ、囚人のいじめや暴力。それでも希望を失わず、諦めずに最後は脱獄して夢を実現する、ティム・ロビンスとモーガン・フリーマンの友情が二人を繋ぐ。

スポンサーリンク

登場人物

アンドリュー・“アンディ”・デュフレーン(ティム・ロビンズ)
大手銀行の副頭取、無実の罪でショーシャンク刑務所に終身刑で収監。
エリス・ボイド・“レッド”レディング(モーガン・フリーマン)
囚人で20年服役、いろいろ揃えられる調達屋でアンディと親しくなる。
サミュエル・ノートン(ボブ・ガントン)
刑務所の所長、規律と聖書を重んじながら、自身は私利私欲を貪る。
バイロン・ハドレー(クランシー・ブラウン)
ノートンの部下で主任刑務官、刑務所を暴力を用いて厳しく管理する。
ヘイウッド(ウィリアム・サドラー)
囚人でレッドたちの仲間で、アンディとも仲良くなる。
トミー・ウィリアムズ(ギル・ベローズ)
窃盗犯の新入りでアンディの事件で驚くべき新事実を伝える。
ボックス・ダイアモンド(マーク・ロルストン)
囚人で所内で「人間のクズ」と呼ばれるホモ野郎でアンディを狙う。
ブルックス・ヘイトレン(ジェイムズ・ホイットモア)
囚人で50年服役、図書係を務め仮釈放になるが適応できず自殺する。

あらすじ(ネタバレあり)

アンディは、法廷に立っている、妻とその愛人を殺害した容疑者として。

彼は大手銀行の副頭取をするほど優秀だった。ある日、離婚話を妻に持ちかけられる、その後、妻は愛人のもとへ出ていった。アンディは、バーで酒を飲み殺意を抱き愛人の家に拳銃を持参し向かうが、踏みとどまり銃も川に捨て家に帰った。

ところがその日、妻と愛人は何者かに殺害された。アンディは逮捕され無実を主張するが認められず、法廷は彼を終身刑とする。

1947年、アンディはショーシャンクの刑務所に収監される。

新しい囚人たちが、ショーシャンクの刑務所に送られてくる。古株の囚人たちは、新人たちの誰が最初に泣きだすかを賭けるのが習わしだった。レッド達は、それぞれに相手を予想し賭けが始まる。

集められた新人たちは、規律と聖書を重んじる所長のノートンと主任のハドレーに、厳しい挨拶の洗礼を受ける。ノートンは囚人たちの命は、自分の手の中にあり、ハドレーは刑務官の指示に従順であることを新入りの囚人に忠告する。

収監初日が最も辛い。裸にされ消毒され投獄される、その時から長い時間との葛藤が始まる。

一斉に消灯された後は、古株が新人をからかう、はずかしめる。すると必ず誰かが泣きわめく。案の定、耐えきれず、ひとりの新人が泣きわめきだした、そしてハドレーに激しい暴力を受けて死んだ。

これがショーシャンク刑務所の現実だった。

アンディは1か月後、はじめて人と話す。相手は調達屋のレッド。

アンディはロックハンマーが欲しいと言い、レッドは凶器にもなりうるが鉱物の趣味を再開するというアンディを信頼し了解する。そして、“人間のクズ”と呼ばれているホモのボグズが上品なアンディを狙っているので注意するように伝える。

レッドは、アンディの人柄に好意を抱いてた。レッドは、ロックハンマーを調達するが、それはあまりに小さなものだった。

ボグズに怯えながらも、ハドレーの悩みを解決してやるアンディ。

アンデーは、洗濯係に配属されるが、そこでボグズたちに性的暴行を受けてしまう。

その後も、アンディはボグズたちにつけ狙われ生傷が絶えず2年の月日が流れた。

1949年の春、ノートンは屋上の修理作業をするメンバーを選ぶ。5月の屋外作業は気持ちの良い仕事だった。レッドは調達したタバコで係員を買収して自分の仲間たちもその仕事につけた。

アンディもそのメンバーに加わり、そこで主任刑務官ハドレーの悩みを聞いてしまう。

その内容は、ハドレーの兄が死に100万ドルの遺産があり、その分け前が3万ドルあるが、その相続税の多さに愚痴をこぼしていた。

アンディはハドレーに近づき、贈与の形にすれば非課税で遺産を相続できると説明し、贈与の書類作成は面倒で弁護士がいるので自分が無料で書類を作成すると言う、その代償としてできれば皆にビールを飲ませてやってほしいと頼んでみる。

ハドレーは了解した、アンディのおかげでレッド達はビールを味わうことが出来きシャバにいるような幸せを満喫した。

何故か微笑みながらひとり壁にもたれかかるアンディ、ヘイウッドがビールをすすめると「酒はやめたんだ」と告げる。アンディは、この件でレッドやヘイウッド達から仲間として受け入れられた。

アンディに安全が保証され、皆も仲間としてアンディを迎える。

アンディに興味を持つレッドは「なぜ人を殺した」と訊ねる。アンディは「無実だ」と答える。

レッドは、微笑みながら「刑務所では皆、自分が無実と答える」と話すが、それでも何かアンディに特別なものを感じている。

アンディは刑務所内の時間を利用してチェスの駒をつくるという。チェスの駒は大理石やせっけん石を選ぶ。オセロと違い、チェスは王と戦略のゲームだという。

映画鑑賞の日、アンディは調達屋のレッドに“リタ・ヘイワーズ”のポスターを頼む。

その日、アンディはボグズたちに襲われる、必死の抵抗で恥辱は免れたが、半殺しの目にあい1か月の大怪我で診療室に連れていかれた。

ハドレーは利用価値があるアンディを守るべくボグズを襲う。

以後、アンディには安全が保証され、ボグズは生涯、流動食となるほど痛めつけられて車椅子の生活となり囚人用の病院へ移送された。

やがて、診療室から戻ったアンディに、仲間たちは、アンディのためにチェスの駒となる鉱石を屋外作業のなかで採集し、レッドは、依頼された“リタ・ヘイワーズ”のポスターをお祝いに贈った。

刑務官たちの資金運用の相談に乗り、ノートンの信頼を得るアンディ。

ノートンはある日、抜き打ち検査を装ってアンディを値踏みした。ノートンは、アンディに図書係を命じた。場所は、ショーシャンク刑務所図書室。

長い間、図書係は一人で充分だったのに、二人になったことをアンディは疑問に思う。

ずっと担当している図書係で老囚人のブルックスは、話し相手が出来て喜んだ。

アンディの仕事は別にあった。刑務官のひとりが息子の進学で相談に訪れ、アンディは貯蓄計画をアドバイスする。アンディは銀行時代の知識と実績をいかして刑務官たちに無料の資産アドバイザーとして重宝がられた。

やがてアンディは刑務所の本の予算増を考える。ノーマンの許可を得てアンディは州議会に要請の手紙を書が、州からの返事はこなかった。

アンディは所長を含め全員分の刑務官のために所得申告を代わりにしてやる。

さらに刑務官のさまざまな経費処理のアドバイスを行い、繁忙期はレッドも手伝う状況だった。

ある日、老囚人のブクックスが仮釈放となるが、不安の中で錯乱しヘイウッドをナイフで刺そうとする。懸命にアンディは説得し事なきを得たが、レッドにはブルックスの気持ちが痛いほど分かっていた。

レッドは刑務所暮らしの現実を「最初は憎み、しだいに慣れ、長い月日の間に頼るようになる、
施設に慣れてしまうのだと。終身刑は人を廃人にする刑罰だ、陰湿な方法で。」と言う。

そして一通の遺書が届く。50年の刑務所暮らしを経て仮釈放され自由の身になったブルックスは結局、外の世界に馴染むことが出来ず自殺をした。

アンディの粘り勝ちで、図書館の予算増が州議会に認められる。

アンディは、その後も州議会に刑務所の図書館の予算増を申請し続けるが、6年後に要望が受け入れられ200ドルの小切手と古書やレコードが送られてくる。

その中に“フィガロの結婚”のレコードを見つけたアンディは、制止する刑務官を無視して、オペラを館内放送で流す。“フィガロの結婚”は、ショーシャンクの刑務所内や作業広場に流れた。

アンディは、「俺は、これが何の歌か知らない。だが、知らない方がいいことだってある。よほど美しい内容の歌なんだろう。心が震えるくらいのこの豊かな歌声が、我々の頭上に優しく響きわたった。皆が自由な時間を味わった。」と感じた。

怒るノートンを無視して、アンディはさらにボリュームを上げる。

アンディは懲罰房に2週間いれられた。

その後、仲間たちは心配してアンディを迎えたが、アンディは快適だった。頭の中で、心で、音楽を聴いて懲罰房を過ごし「音楽は誰にも奪えない」と言う。

心の豊かさを失わず希望を持つべきだと話すアンディに、希望は危険だとレッドは言う。正気を失わせる堀の中では、希望は禁物だとレッドは悟っている。

アンディは希望を抱き続けながら、ノートンの不正に協力する

レッドは刑期のうち30年を終え仮釈放を申請するが不許可となる。

アンディもショーシャンク刑務所で10年になる。

申請が叶わなかったレッドに、アンディはハーモニカを贈る。アンディの10周年にレッドはマリリン・モンローのポスターを贈る。

アンディは、引き続き州議会に予算の申請を続け、500ドルに増えた。そのお金で新たに格安な本や売れ残りの本で図書館を充実させる。図書館は、次第に囚人たちの憩いの場になった。

1963年、図書館も改造した。音楽も自由に聞けるようになった。

所長のノートンは“青空奉仕計画”を始めた。社会福祉事業だと善人ぶるが、ノートンの考えは、囚人を外で奉仕活動をさせその収益と業者の入札時のピンハネで私腹を肥やす狙いだった。

ノートンは、その管理を元銀行員のアンディにやらせた。

2口に分けてアンディはこれを管理した。そして絶対に国税から発覚しないように、“ランドール・スティーブンス”という架空の個人名義を使い、不正なお金をクリーンなお金に換えて蓄財していった。

アンディは外では善人だったが、刑務所に入ってから悪人になったことを笑う。

アンディの無実が明らかになるが、ノートンがそれをもみ消す。

1965年にトミーという青年が窃盗の罪で2年の刑で入所した。

トミーは、根っからのワルで悪事を働き様々な刑務所を転々としていた。しかし結婚して子供もいたため高校資格を取りたいと言う。アンディはトミーに1年がかりで勉強を教え高校の資格試験を受けさせる。

1966年ポスターはラクエル・ウェルチに変わっていた。

トミーはアンディの罪状を聞き、レッドが“妻とゴルフプロの殺害”を話すと、トミーは4年前にいたトマストン刑務所で相部屋だった新入りの囚人で、いけすかないエルモという名前の男が “昔、ゴルファーとその愛人を殺害して、なんと捕まったのはその愛人の旦那だった”と笑って話していたことを伝えた。

アンディの事件の真犯人は、トミーの言葉によって判明した。

再申請求を依頼するアンディに、ノートンはこの話を無視した。それは利用価値があるアンディがいなくなっては困るからであった。

裏金のことは秘密にすると懇願するアンディをノートンは懲罰房1か月とした。

アンディはすでにショーシャンク刑務所に無実の罪で19年になっていた。

トミーは高校の資格に合格したが、ノートンにとっては極めて都合の悪い人間だった。ノートンはアンディの無実をトミーに確認した後、ハドレーに命じてトミーを殺害した。ノートンは「トミーは脱獄をはかり仕方なく射殺した」と嘘をついた。

アンディの無実を証明できる唯一の人間はいなくなった。

アンディは、ノートンの会計係を辞退したいと申し出るが、ノートンは許可しない。続けなければ男色の囚人の相手をさせ、図書館を閉鎖して書物も燃やすと脅す。

ノートンにとって便利な人物のアンディは、同時に、今では事実を知る危険な人物でもあった。

失意の中でレッドと話すアンディは「外の世界に出たらメキシコのジワタネホの町に住みたいという。
その太平洋に面した町で、ホテルを開業したい」と言う。太平洋の別名は“記憶のない海”という意味だとレッドに話す。

そして、レッドがシャバに出たらぜひ手伝ってほしいと言う。その時、レッドは、自分がシャバに出たらブルックスと同じく生きられないだろうと考えていた。

アンディは、必死に生きるか、必死に死ぬか、の決断をせまる。

アンディはレッドに「仮釈放になったらバクストンの牧草地に石垣があってカシの木が1本生えている場所を目指せ」と告げる。そこはアンディが妻にプロポーズをした場所だった。そして「その下にある黒曜石の下を掘り返せ」と言う。

レッドはアンディが自殺するのではと心配でその夜は眠れなかった。

翌朝、点呼の時、アンディはいなかった。

ただ窓のへりに鉱石で作ったチェスの駒があるだけだった。激怒したノートンが、チェスの駒をあたりに投げつける、そのひとつがポスターにあたり突き抜けた。

ノーマンはポスターの裏の壁の穴を見つけて唖然とする。

1966年、アンディは脱獄した。

19年間をかけてアンディはロックハンマーで壁に穴をあけて掘り続け、それをポスターで隠していた。アンディは穴を掘り続けることで何とか正気を保っていた。

アンディは、穴を抜けて460mの下水管をはって刑務所の外に出た。外は 激しい雷雨だが、稲光の中で
アンディは自由を勝ち得た。

街に出たアンディは、ノートンが着用するスーツと靴を身につけていた。

ノートンの架空口座を、かねてからの“ランドール・スティーブン”の名義で、出生証明や免許証も用意して難なく37万ドルを全額解約し、メキシコに向かった。

さらにノートンの不正と刑務所内の殺人の事実を新聞社に告発した。新聞は、ショーシャンク刑務所の不正と殺人の事実を一面で報じた。

警察が訪れハドレーは逮捕され、ノートンは拳銃で自殺した。

アンディからのハガキを受けとったレッドは、自由の身になったアンディの姿を想像し爽快な気分になった。同時に彼がいなくなって空虚な日々が続いていた。

やがてレッドは仮釈放になり、40年ぶりにシャバに出た。レッドに用意されたねぐらは、 自殺した ブルックリンと同じ部屋だった。同じ更生の仕事も得た。

そしてレッドもまたブルックリンと同じようにシャバの自由が馴染めず怖く怯えていた。

そんな時、アンディとの約束を思い出す。レッドはバクストンの牧草地に向かい、石垣の下の黒曜石の下を掘った。そこには、レッドが釈放した時にと記された アンディからの手紙と現金があった。

手紙には「ジワタネホにいる私のところに来て、仕事を手伝ってほしい」とあり、「希望は素晴らしい、何にも替え難い、希望は永遠の命だ」と綴ってあった。

レッドも、“必死に生きる道”を決断した。彼は仮釈放違反をおかし町を出てアンディのもとに向かった。彼はメキシコに向かう長旅の中、ほんとうの自由を手に入れた。

レッドは、海岸線を歩き、太平洋を臨む美しい砂浜でボートを磨くアンディを見つけた。

二人は笑顔で抱擁しあった。大きな青い空と碧い海が二人を迎えてくれた。

解説/ここが見どころ!

アンディの“冤罪”を前提に、物語を考える

無実の罪で収監された若く有能な銀行の副頭取だったアンディは、希望を抱き続け人生を諦めることなく長い服役に耐えながら “自身の改心”と“夢の実現”のためにこつこつとロックハンマーで壁に穴を掘り進み脱獄に成功します。

アンディは、法廷で有罪の無期懲役の判決が下されて絶望します。

諦観の中で、獄中生活を送りますが、妻殺しの真犯人の名をトミーから聞きます。アンディの精神は、
トミーの<入所前>と<入所後>がポイントになります。

<トミーの入所前>は、ほとんどの懲役期間を占めますが、希望を失わずに、刑務官の望む脱税や資産作りを手伝い、図書館の充実で知への充足を満たすことなどを自身の長い服役時間のなかで精神の平衡を維持する行為としています。

<トミーの入所後>は、真実を知ったことで再審請求をしますが、ノートンの企みでトミーが殺され真実が闇に葬られた後に、脱獄して架空名義の預金を解約し刑務所の不正を告発します。アンディの不屈が小気味よく展開します。

規律と聖書を愛する偽善のノートンに対して、アンディは、日頃、使用している聖書の中身をくり抜いてロックハンマーを隠していたことは高潔と狡猾が交差します。

真実がトミーから明かされ、もみ消されたことが、アンディに不正を正すことを駆り立て、脱獄後の話を素早く面白く展開させます。

冒頭のシーン、アンディが車の中で銃を握るシーンがあります。

そして、脱獄の前日、トミーが死に真実を証言する機会を失った絶望の中で、アンディはレッドに、ジワタネホで妻にプロポーズしたことを話し、愛した妻に殺意を抱いたことに対して、この冤罪も受け入れ罪滅ぼしの19年間だったと話します。

希望も生も決して諦めないが、同時に、ショーシャンク刑務所の長い時間は、“妻への殺意”という自身の反省を充分に償ったものとして捉えています。

ノートンが初日に洗礼を浴びせるときに使用した「規律と聖書を重んじる」との偽善に満ちた言葉。
この映画でも聖書はその節や言葉を引用しながら正義のかたちや信じる者への救いなどの支えとなるメッセージとして使われています。

アンディとレッドの意見の違いと交差する地点を楽しむ

アンディ(ティム・ロビンズ)を軸とした物語ですが、オフナレーションではレッド(モーガン・フリーマン)が観衆に語りかけています。

アンディのショーシャンク刑務所の一部始終をレッドが観衆に語るかたちで物語が進行します。

アンディは、もともと若くして銀行員の副頭取決であり上品で家柄も教養もあり、冷静で沈着な思考の持ち主で、“無実の罪による終身刑”で服役します。

終身刑の絶望の中でも、冤罪ですから、悪に手を貸しながらも無実を晴らす機会をうかがうアンディの不屈な精神力と実行力が観衆を唸らせます。

ティム・ロビンズの抑え気味の演技で、それでいてプライドが高く粘り強く緻密な性格が伝わるアンディのキャラクターが、恐怖におびえた最初の頃から時間を経過して偽善な刑務官や低俗な囚人を越えた存在感として伝わってきます。

レッドは、哲学者のような所作ですが、事実は “殺人を起こしたまさに殺人犯”です。ただし、粗暴犯ではないようです。きっと何かの事情はあったのだと思わせます。そして服役年数の節目の 数度の仮釈放審査でも、 都度、彼は改心の意を表明しますが、仮釈放の許可はおりません。

これは服役年数が充分では無いので、一応、形式的に行われているだけだとみるべきでしょう。

レッドが、「終身刑は人を廃人にする刑罰だ、陰湿な方法で。」という言葉に現れていますし、事実、50年の服役を経てやっと仮釈放されたブルックスはシャバに適合できず自殺します。

希望を持つことを諦めないアンディに対し、レッドは自身を受け入れて淡々と刑務所暮らしを送ります。

しかし、アンディは、ロックハンマーをレッドから調達した時点で、壁の穴を掘り進むことを決意していますし、刑務官に取り繕い不正の手伝いをすることで、刑務官のみならず囚人たちとのコミュニケーションも円滑に運ぶように自身を演じます。

レッドは、ゴマをすっているのかとアンディを冷やかします。

「人生で希望を持つことが大切だ」と語るアンディに、「ここで希望を持つことは危険だ」とレッドは戒めます。レッドは、終身刑で希望を持つことの先には、自殺という自由を選択するしかないと考えます。

しかしアンディは、最後に、レッドに調達屋が必要だと共に仕事をすることを誘い、ほんとうに夢は実現してレッドは真の自由と生きがいを手に入れます。

この観衆に語りかけるレッドの心情の変化が、もうひとつの楽しみ方でもあります。

スティーブン・キング原作、フランク・ダラホン監督
映画『ショーシャンクの空に』1994年公開のアメリカ映画
1994年アカデミー賞7部門ノミネート
ティム・ロビンスとモーガン・フリーマンの静かな演技が魅力です。