映画『シー・オブ・ラブ』あらすじと解説/ここが見どころ!

スポンサーリンク

概要>ニューヨークの夜、甘美な歌が流れる中、3人の男が次々に殺される。現場に残る“シー・オブ・ラブ”の古いレコード。人生に疲れた中年刑事フランクと恋をハンティングする女ヘレン。アル・パチーノの刑事の眼とエレン・バーキンの謎の微笑みが交差する。

スポンサーリンク

登場人物

フランク・ケラー(アル・パチーノ)
N.Y.市警で勤続20年になるアルコール浸りで、妻とも離婚した疲れた中年刑事。
ヘレン(エレン・バーキン)
詩を愛し、恋人募集のタブロイド誌で本能的に恋をハンティングする謎の女性。
シャーマン(ジョン・グッドマン)
112分署から事件解決のためフランクと合流し、チームを組む気のいい同僚刑事。
テリー(マイケル・ルーカー)
殺人の容疑者を目撃したと署にやって来て説明するマッチョなテレビの修理人。

シー・オブ・ラブ [Blu-ray]
アル・パチーノ, エレン・バーキン, ジョン・グッドマン, マイケル・ロッカー, リチャード・ジェンキンス, ハロルド・ベッカー 邦画・洋画のDVD・Blu-rayはアマゾンで予約・購入。お急ぎ便ご利用で発売日前日に商品を受け取り可能。通常配送無料(一部除く)。

あらすじ(ネタバレあり)

80年代末の大都会ニューヨークを舞台に男と女の孤独が漂うサスペンス。

N.Y.市警のフランク刑事は、40歳を越え勤続20年を表彰されるベテランだが、妻とも離婚し、夜になると酒浸りの日々を送っている疲れた中年刑事。

ある日、全裸のままベッドの上でうつ伏せにされ、銃で撃たれる殺人事件が起こる。同じ手口の殺人が別の112分署でも起こり担当するシャーマン刑事とフランク刑事は、この2つの事件が同一犯と確信しチームで捜査にあたる。

3つの殺人事件に共通する“シー・オブ・ラブ”の古いレコード盤。

賑わう大都会に、孤独で人恋しい人々が棲息している。

3人目の犠牲者が出た時に、3つの殺人に共通なことは“シー・オブ・ラブ“という古いドーナツ盤のラブソングのレコードがあったことと、男たちはニューヨークウィークリーという独身向け雑誌の恋人募集欄に広告を出していることだった。

そして広告の文面に共通な点は、3つとも詩で綴られていることを発見する。

そこで、同様のアプローチで容疑者を絞る、おとり捜査を考えつく。

今みたいにSNSのない80年代はフリーペーパーのタブロイド誌に、こんな投稿欄があったのです。就職の求人欄と同じような友達募集欄や恋人募集欄のようなイメージです。

フランクとシャーマンは、この恋人募集欄に詩を投稿し、そこに反応する女性たちをレストランに呼び、会話しながらグラスに残る指紋を照合して容疑者を絞っていくことを考えつきます。

このおとり捜査に、たくさんの愛を求める女性たちが集まってきます。

フランクとシャーマンの二人は、集まってくる女性たちの誰もが、外見は不自由の無い相応の社会的な立場や仕事をもつ人間ばかりなのに驚きます。そこには外見からは分からない都会に生きる人々の深い孤独感が漂います。

あなたには、動物的な魅力を感じられない、謎の女性はそう言います。

そこにあらわれるヘレン。

長身でスタイルが良く、金髪で野性的、そして個性的な表情が印象的です。

会話を始めるフランクをさえぎり、あなたには“動物的な魅力を感じない”と指をパチリと鳴らし、相性が合わないとつれない態度。

とりなすフランクですが、グラスに口もつけずに立ち去っていきました。

翌日、二日酔いで署に行くと、不審な人物を目撃したとテレビの修理人のテリーが情報を提供しにやって来ていました。

それから数日後、偶然、フランクとヘレンはグロッサリーストアで再会します。

ヘレンは、雑誌に掲載された広告の詩がフランクのものでないことを問いただします。

フランクは、詩は自分が書いたものではなく、母親が父親にあてたラブレターを、引用したことを告白します。その夜、二人はバーで語らい意気投合します。

ヘレンは、ひどい男とばかり付き合ってきたが、勇気があれば立ち直れると話します。フランクも結婚を夢見たが、うまくいかず仕事だけの人生で中年になったが、夜が深まると人恋しくなり、はめを外したくなると話します。

二人はお互いの人生を経て、愛の海に漂いそうな気配です。

フランクはシャーマンに定時連絡を入れます。「彼女だけが指紋を採集できてなく危険だ」というシャーマンの忠告を無視して、その夜、二人はフランクのアパートで体を合わせ朝を迎えます。

ヘレンが帰った直後に、アパートのベルが鳴ります。ドアを開けても、誰もいません。エレベーターが閉まる様子に人の気配を感じ、フランクは不審に思います。

翌日、フランクは、ヘレンの勤める靴屋に訪れます。そこに、二人組のチンピラがあらわれます。フランクは、鋭い視線で威嚇しながら退却させますが、同時に、刑事であることが、ヘレンにばれてしまいます。

嘘の職業を告げたことを詫び、フランクとヘレンの恋はなんとか進んでいきます。

フランクは、ヘレンをグロッサリーストアに呼び出し、その夜はヘレンの家に泊まります。 明け方に、帰ろうとするフランクは、ヘレンのレコード箱の中に“シー・オブ・ラブ“の古いレコードを見つけます。

背後から不審に思うヘレンに、「このレコードが好きなんだ」とフランクが取り繕うと、ヘレンは、「もう何年も聞いておらず、お値打ち品になるのを期待して保存している」と応えます。

3つの殺人事件には、つねに「シー・オブ・ラブ」のレコード盤がありました。

フランクの疑惑は深まりますが、同時にフランクはヘレンへの恋に落ちていきます。

恋をしながらも、ヘレンの疑いが晴れないフランクは、彼女のバックから社会保障カードを手に入れ、コンピュータで犯罪記録の照合を行いますが、ヒットせず、ひとまずは安堵します。

それでも、ヘレンが殺人犯かもしれないとの疑いは続き、悩むフランクですが、やはり彼女を信じる決心をします。そして気持ちを伝えるためにヘレンの家に向かいます。

フランクは「一緒に暮らしたい」とやるせない思いを告白し、夜も眠れぬくらいに思いが真剣であることを彼女に伝えます。「母親に話し了解を得たい」と応え母親の寝室に消えるヘレンでした。

ところがヘレンを待つ間、死んだ3人の投稿記事をマーキングした切り抜きが無造作に台所の冷蔵庫に貼ってあるのが、フランクの眼に飛び込んできます。

瞬間、フランクの疑惑は確信に変わります。

母親は眠っていたので明日またというヘレンに対して、真剣な打ち明け話から一転、つれなくCatch you later!(じゃ、また!)と軽い言葉を残し、フランクは失意のなか家に帰ります。

Catch you later!殺人の気配が忍び寄ります。

ここからクライマックスを迎えます。

すると逆にヘレンが、深夜にフランクを訪ねて来ます。ほのかな灯かりしかないアパートの廊下は殺人の予兆を感じさせミステリアスな空気感を高めていきます。

ヘレンはフランクに尋ねます。

Catch you later?(じゃ、また?)とは、どういう意味なのか、一緒に暮らそうと真剣な話をしに来たのではなかったのか、どうして軽くいなすのかと・・・。

ヘレンは、フランクの好きなものを持ってきたと“シー・オブ・ラブ”のレコードをターンテーブルに乗せ針を降ろします。

いよいよ殺人の秒読みです。錯乱するフランクはヘレンを疑い、尚、恋する気持ちもあり、彼女を詰問し罵声を浴びせ、ついには追い返してしまいます。

ヘレンが出ていった後に、すぐにベルが鳴ります。ドアを開けると、大男が押し入ってきて、怪力でフランクをねじ伏せます。

そしてベッドにうつ伏せに寝かせて、3人の殺害と同じように銃口を向けます。

フランクの必死の抵抗で、格闘のすえ男は窓から落ちて死んでしまいます。男は、以前、目撃者として情報提供をしたテレビの修理人のテリーで、彼はヘレンの元夫でした。

フランクは、ヘレンと寝て、そしてヘレンを疑っていたこと。いかれたテリーの次が自分だったことで、彼女の気持ちを察し、彼女への思いを諦めようとします。

事件が一段落して、何故、ヘレンがあんな異常な男と結婚したのかと不思議がるシャーマンに、それが男と女っていうもんだ、相手を知ることは容易じゃないんだとフランクが辛そうに語ります。

でもシャーマンはフランクが諦められないことを知っていて、にやりとします。

そう、すでにフランクは愛の海を漂流していたのです。

フランクは長い間、禁酒をします。そしてヘレンの気持ちがおさまった頃を見計らって、ヘレンへ愛の告白に向かいます。

解説/ここが見どころ!

疲れた中年刑事が、愛の海でもがきながらも恋人を掴むお話。

サスペンスゆえ節々に謎は設定されますが、勘のいい方なら消去法ですぐに犯人は解ってしまう内容です。そこで見どころは、あえてラストシーンをおすすめします。

アル・パチーノ(フランク)といえばどうも甘いマスクやニヒルな仕草が目立ってしまいます。この映画は、どうしようもないほど疲れきってくたびれた中年刑事で神経質な役柄を演じます。寧ろ、エレンバーキン(ヘレン)の面構えやスタイリッシュな動きの方に圧倒されます。

最後のシーンは、どうしてもヘレンを諦めきれないフランクが、ヘレンへ愛の告白に向かいます。待ち伏せして靴屋から出てくる傷心のヘレンに渾身の猛烈なアタックをするシーンがチャーミング。

傷心で疲れ切ったヘレンにフランクのアプローチは、始めは全く効き目なし、ホトホトあきれたヘレンが「生まれ故郷のヨークに帰る」と今生の別れを告げ、最後通牒であえなく撃沈かと思いきや・・・。フランクは、全くひるまず押しまくります。

すかさず、フランクは「なんて偶然なんだ、ヨークの警察から依頼があって、新鮮野菜を買い占めてるマフィア組織があり、自分もヨークへ行く予定だから、そこで一緒に小奇麗なアパートを探して暮らそう」と話します。

この間、3分程度の演技ですが、とてもお洒落な会話としぐさの連続です。

根負けしたヘレンは、あの少し口をゆがめ目を細め、笑いを浮かべた表情でフランクを許します。

そして、二人はニューヨークの喧騒に消えていきます。

ということで、クライムミステリーの面白さはどこに行ったのだろうって感じです。

というか、この映画はラブロマンス&ミステリーサスペンスって感じなのです。大貫禄の男優アル・パチーノを前に、女優エレン・バーキンのスタイリッシュな演技が見どころです。

このラストシーンでフランクの会話とヘレンの表情の変化が、長いアベニューに続きます。そしてやがてニューヨークの喧騒のなかに消えて行く二人をカメラは追いながら、ズームバックしてエンディングとなります。

大都会のたくさんの人々、話すだけではわからない孤独な人々の心、傷つき、傷つけあっても誰かを信じて求め合う。多くの孤独と危険を背中合わせに、人々は生きています。

アル・パチーノの舞台演劇のような大きな動作でのセリフ回しや表情の演技、さらにエレン・バーキンの雰囲気や存在感。似顔絵にしやすい、あのキメ表情が素敵ですね。

大都会そのものが“シー・オブ・ラブ=愛の海”なのかもしれません。

ハロルド・ベッカー監督
映画『シー・オブ・ラブ』1989年公開のアメリカ映画
アル・パチーノとエレン・バーキンの危険なラブロマンス&ミステリーサスペンス。