映画『狼たちの午後』|犯罪の劇場化と、時代の共振性。

杜撰な計画の銀行襲撃で、瞬く間に警察に包囲される。目当ての現金も無く、安全な脱出だけがソニーとサルの問題だった。人質、野次馬、TVカメラ、警察、FBI。晒されるソニーの私生活と神経質なサル。アル・パチーノとジョン・ガザールが演じる劇場型犯罪。

解説

ふたつの実際の事件をモチーフに、製作された映画。

1972年8月22日、ニューヨーク州ブルックリン区。ごみごみとしたダウンタウン、ビル開発が進む工事の槌音、市街を急ぎ足で行く人々。暑さを逃れ河畔に佇みブルックリン橋からマンハッタン区を臨む、その日はうだるような暑さだった。実際に起こった事件をもとに製作された『狼たちの午後』、そのあらすじを追いながら劇場化犯罪に共振する社会について解説します。

14時57分、チェースマンハッタン銀行ブルックリン支店を3人の男が襲うが、最初からスティーヴは怖気づき脱落してしまう。

残るはソニーとサル。慣れない手つきでマシンガンを取り出し支店長と行員、守衛など8人を威嚇する。金庫を開けさせるが、現金は既に集荷されて予備が1,100ドルしかない。何とも杜撰ずさんな計画にもとづいた不手際な銀行強盗だった。

30分で終わるはずの銀行強盗、事態は予想外の展開に変わっていく。

すぐに電話がかかってくる。電話口はニューヨーク市警のモレッティ巡査部長だった。

銀行は警察に包囲され、ビルの上には狙撃部隊が配置される。素早く強盗を行い早々に立ち去る計画は崩れる。ソニーとサルは、人質をとって銀行に立て籠もる羽目になる。

籠城するソニーとサルを、250人の警察が包囲する。

鳴り響くパトカーのサイレン、集まりだす野次馬、行内では年長の銀行員が「なぜ、こんな無計画なことをしたのか」とソニーをなじる。ソニーは支店長に協力するように伝え、警察はすぐ射殺することをアッティカ刑務所の暴動事件を引き合いに説明する。

モレッティはソニーと事件解決のため直接、話すことを望む。ソニーはこれに応じ持病で診察が必要な黒人の守衛をひとり開放する。解放された守衛を犯人と誤認して、警察は一斉に銃を向け騒めきたつ。

その危うさに付き添っていた女性行員も、警察の乱暴さに憤りをぶつける。懸命に説得を試みるモレッティと警察の包囲の状況を確認するソニー。警察は皆、ソニーに銃口を向けている。

反体制、体制へ強力な反抗のメッセージ、アッティカ刑務所暴動。

映画の中で警察に包囲され、銃口を向けられたソニーは、 “アッティカ、アッティカ” と連呼し、野次馬たちもこれに呼応して合唱する。

この話は<1971年のニューヨーク州のアッティカ刑務所での囚人の暴動>を指している。暴動の目的は、所内の生活状況の改善。集められていた囚人は、アフリカ系アメリカ人やプエルトリコ人が多く、所員は全員白人で看守らは公然たる人種差別者であったこと。

そこで2200人の囚人の1000人が暴動に参加し、刑務所を制圧して33名を人質にとった。囚人の要求した交渉は不調に終わり、強硬策で武力による制圧が行われ、29人の囚人と10人の所員が死亡。

このアッティカ事件を通して、人々は権力の行き過ぎた横暴に対して反体制的になる。この出来事は、この銀行強盗事件の前年のことで人々の記憶に鮮明にあった。

権力の不当な圧力に対する不満が、ソニーの野次馬を巻き込んでのアジテートの賛同となります。

ソニーは、人だかりの中で一瞬、体制に逆らうヒーローになります。

さらに本映画は実際に起こった事件にもとづいて制作されたものです。1972年8月に、チェースマンハッタン銀行が襲われ、銀行員7人を14時間にわたり監禁し、犯人の一人はFBIに射殺され、映画の主人公になった犯人は、逃走後、逮捕され20年の刑に処せられます。

犯人は銀行の窓口勤務の経験があり、ゲイの恋人の性適合手術の費用を得るためであったとのこと。大枠の物語の骨子は、現実の事件とほぼ同じです。

映画では、犯人のキャラクターとして本妻と同性愛者をもつソニーと、刑務所から出てきた神経質なサルの二人のコントラストが、人質とのコミュニケーションの明暗をつくっています。

反権力の象徴としてアティカを連呼するソニーと野次馬たちのシンパセティックな関係、本妻とゲイという理解しがたい関係が、厳格な保守からリベラルな社会への許容、ライブな状態で、母親や女房をTV中継に取込むマスコミの野蛮さや、その始終を現場からライブ中継するリアルな同時体験

犯罪の劇場性と人々の共振性を、余すところなく詰め込んだ作品。

この間にも、人質の体調や外からのいたずら電話などパニックは続く。神経が過敏になっていくソニーはモレッティとじりじりとやりあうが、バスで脱出してケネディ空港でのジェット機の乗り換えの手配と妻を呼ぶことを承知する。

食料やアスピリンを要求し小康状態が続くと、人質とソニーとの緊張の中で親和状態ができる。ストックホルム症候群のように人質たちは、犯人とできるだけ気軽に話し心理的なつながりを築いていく。

この親和状態が人質同士を何とか頑張らせ、ソニーもできるだけ紳士的に接する。夜になって停電になる、これまで静観していたFBIシェルドンが動きだす。シェルドンは行内に入り人質を確認、ソニーには君は救うが、サルは危険と呟く。レオンはソニーと話し投降を促すが、ソニーは受け入れない。

逆に、ソニーはレオンに、一緒に海外に逃避行するかどうかを訪ねる。レオンは共犯になりたくないし病院へ戻ると言う。そして、もうこれ以上、ソニーとは付き合いきれないと別れを告げる。

銀行強盗の動機のひとつだったレオンへの思いも打ち砕かれソニーは落胆する。ゲイの団体もやってきてそんなソニーの心情を感謝する。女房にも連絡をとるが、全く身勝手で意思の疎通ができない。さらにソニーの母親も説得に駆けつけるが話がかみ合わない。

全てを尽くし、FBIのシェルダンは10分後にソニーの要求通りに動き出すことを伝える。事態はいよいよクライマックスに近づく。ソニーは口述で遺書を残す。

何とか送迎バスに乗り込んだソニーとサル、人質たちはFBIや警察の護衛にはさまれて出発する。やがて空港に到着し、用意されたジェット機が送迎車に横づけにされる。FBIのシェルダンとマーフィーとソニーは飛行機に移動する最後の段取りに入る。

一瞬のシェルダンの合図を受けてマーフィーが車に隠した拳銃でサルの眉間を打ち抜く。観念するソニー、ぎらぎらした暑い夏の1日はこれで全て終わった。

ソニーは20年の刑で服役、妻アンジーは子どもたちと生活保護を受けている。レオンは女性に転換して、ニューヨークに在住。こうして物語は閉じられる。

この様々な要素を取り込んだ劇場型犯罪をシドニー・ルメット監督は、社会派映画として、輻輳ふくそうする人間描写として、盛り込んでいます。特に撮影された70年代はアメリカンニューシネマの特徴でもあるベトナム戦争後の平和運動や自由解放、ヒッピーやゲイ、リブ運動。体制への反抗を反映しています。

Dog day は英語で、“盛暑”の意味で、邦題の『狼たちの午後』とは何の関係もありません。

しかし猛暑の中で犬が舌を出しているシーンを想像してみると、どうしようもなく暑く気だるく汗が止まらない茫漠とした状況下、この事件すらが蜃気楼のような感じで、観るものをまさにライブ映像に引き込むような錯覚に陥らせます。

尚、実際の事件では、強盗計画は失敗しますが、犯人は映画の収益の一部を供与され、その費用を恋人の手術費用にすることができ、性転換したその恋人はニューヨークに住み1987年にエイズで死亡。主犯は出所後、2006年に60歳で癌で死亡とのこと。

この社会派映画の評価を決定づけた、アル・パチーノ35歳の迫真の演技が印象的です。