映画『ラストサムライ』|アメリカ人の感じた、日本の武士道精神。

武士の時代を捨て、西洋を模範に近代国家の建設を急ぐ日本。急速な改革に、葬られる武士道精神。主君への忠誠、文武両道の精神の気高さを北軍士官のトム・クルーズと不平士族の領袖の渡辺謙が共演。アメリカ人の監督がつくった日本のサムライへの賛美。

解説

西南戦争と南北戦争を融合させた、脚本の構想のアイデアが面白い。

『ラストサムライ』は、脚本も監督もアメリカ人の手によるものである。

ついプロトタイプに陥りがちな日本人や武士道の表現が多いなかで、静けさの中に精神性を浮かび上がらせるようで、素晴らしい出来だと思う。

監督のエドワード・ズウィックは、アイヴァン・モリスの晩年の著作となった『高貴なる敗北』「第九章 大西郷崇拝-西郷隆盛」に、多大なる影響を与えられたという。

「明治維新の実現に当初貢献しながらも、やがて新政府に反旗を翻した西郷隆盛の美しくも悲劇的な生涯が、我々の架空の物語の出発点となった」と語っている。

モデルとなる人々が時代的に少しズレていたり、忍者シーンなどの違和感(監督のこだわりだったという)もあるが、そのあたりは割り引くとして全体としては脚本、監督により日本の武士道精神が捉えられている。さらにそれを、自国アメリカの同時代の南北戦争と印象的に繋げている。

そのあらすじを追いながら、アメリカ人の監督が、日本の武士道の姿を如何に捉えたのかを、解説していきたい。

物語は、イザナギノミコトとイザナミノミコトの国生みの日本列島誕生の神話をモチーフに、古来、日本は “剣” からできたとのナレーションで始まる。

場面かわって、北軍の南北戦争の英雄のネイサン・オールグレイン大尉のエピソードが紹介される。

オールグレインは、反旗を翻す相手を制圧することが天職だと考え、幾多の戦いを勝ち抜くが、その武勲には罪のないインディアンを襲撃し、女や子供を虐殺したことがトラウマとなり、戦場の記憶を酒でまぎらわせる生活に陥っている。

そのころ明治維新直後の日本は、近代国家建設を目指していた。

近代化を急ぐ政府と、それを拒む武士たちの間で、古い時代と新しい時代のせめぎ合いが起こる。元老院の大村松江は、西洋化のために、フランスの法律家、ドイツの技術者、オランダの建築家を積極的に招聘する。

近代的な軍隊の育成では、アメリカを訪れバグリー大佐を通じて、オールグレイン大尉を法外な契約額で軍の指導教官としてスカウト。こうして彼は日本にやって来ます。

西欧近代化とともに消えて行く、素晴らしい日本の文武の情緒を表現。

当時の日本は、徴集兵で、兵隊は銃を触ったこともない農民でした。

さっそくオールグレインは、にわか仕立ての軍隊で、旧来の武士の軍団と戦う羽目になります。現場の指揮は長谷川という大将でした。

錬度の低い政府軍が、1000年の戦いの歴史をもつ武士に勝つ訳もなく、武士の一団の凄まじい勢いに、政府軍は一瞬で敗れ大敗を喫します。オールグレインも負傷し、囚われの身となります。

長谷川は敗戦の責任をとり自刃し、敵の大将に首を跳ねられます。

長谷川を介錯し礼をするその男こそ、武士たちを統率する領袖、勝元盛次でした。

オールグレインは、春が訪れ、雪が解けるまで、勝元の集落で暮らすことになります。囚われの身となり、サムライの風景を見ます。

勝元の妹たかに、傷の手当てを受け、村で生活をします。自然を巡り、人々を観察する中で、その礼儀・規律の正しさや、勤勉さ、文武に明け暮れるストイックな日々を体験します。

オールグレインは、勝元が戦場で長谷川の首をねた理由を聞くと、敗れて生きることは武士の恥辱であり、そのために介錯をすることは名誉な役目だと聞かされます。

オールグレインは、自分が殺した相手が、たかの夫 広太郎であった事を聞かされて胸を痛めますが、勝元は、武士として最後を誇り高く終えたのだと語ります。

仏僧のような勝元と交わす日本の武士道の話、オールグレインは勝元の生き方に興味を示します。

武道の修行や勤勉な暮らしに、オールグレインは神聖なものを感じ、心の静けさを取り戻します。

映画では、明治を迎え、西洋の議会制や公共、軍隊の輸入を急ぎ、天皇による統一国家、近代日本の確立の陰で、排除され捨て去られていく武士の美学や作法、暮らしぶりを “武士道” という誇りとして捉え、武士たちの集落を桃源郷のような世界観で見せています。

その最後の武士<ラストサムライ>の姿は、西郷隆盛を想起させる勝元の生き方です。

春を迎え、満開の桜のもとで勝元は、 オールグレインに話します。それは、オールグレインのインディアン虐殺の命令とは全く異なるものでした。

勝元は、名誉とともに、“人も桜もいつかは散る”  恥じることなく、生命を尊び、滅んでいく武士道の考え方を説きます。

こうして勝元は政府に呼ばれ上京します。勝元は天皇に謁見し、大村のような自己の利害ではなく、士族はじめ民の思いをご理解いただくべく申し立てますが、近代国家の建設を急ぐ天皇は、勝元と元老院の調和を望みます。

大村は、勝元に服する侍が増えると内乱が10年に及び、近代化が遅れることを恐れ、オールグレインに勝元の討伐を打診します。

すでに廃刀令が発布され、武士は象徴である剣を捨てなければなりません。帯刀する信忠を道でみつけた政府側の軍人は、信忠のまげを落とし恥ずかしめを与えます。

元老院の参議の一人である勝元は、廃刀令に異を唱え、東京にて謹慎の身となります。

オールグレインは不平武士の鎮圧の総指揮の依頼を断り、逆に、蟄居を命じられている勝元を、氏尾や信忠などの部下と共に救い、襲いかかる刺客と戦います。息子 信忠は死に、勝元は政府軍と戦い果てることを決断します。

オールグレインは、アメリカで失った尊厳を取り戻すためにも、勝元と共に戦うことを決意します。日本の武士道のように、彼もまた武士道を理解した生き方、死に方を覚悟するのでした。

ここは不思議な設定ですが、勝元の率いる最後の武士集団にアメリカのネイサン・オールグレイン大尉が加勢することを決めます。先住民のインディアンを虐殺し滅ぼしたことで精神を病むことになった軍人が、滅びゆく武士である勝元とともに在ることで尊厳を取り戻そうとしたのでしょうか。

殺戮の記憶がトラウマになっているオールグレインは、訪れた日本の地で、武士の集落で暮らすなかで礼儀正しさや勤勉さ、心身の鍛錬などに触れて、こころのやすらぎを “武士道” の精神に見出し、救われていきます。

武士道に敬意を表し親愛の情を示す、アメリカ人の監督作品に感謝。

それはアメリカの近代化の名のもとに行われた、戦いの行為への鎮魂の意でしょうか。

アメリカの内乱である南北戦争(1861-1865年)と、日本の内乱である西南戦争(1877年)という、2つの国内の戦争を比較しながら、その戦争の原因までには深く立ち入ってはいませんが、そこにある差異を案じさせており、日本の場合においては、西洋近代化に抗う、良き武士道の静謐さと激烈さを伝えていただき、有難い気持ちになります。

勝元と武士の反乱軍そしてオールグレイン、大村とバクリー大佐率いる政府軍。

初戦は、凄まじい戦いの末に、勝元軍は政府軍を撤退させますが、多くの仲間を失います。続き、政府軍の波状攻撃は2連隊が投入されます。もはや滅びの道が残されるのみでした。

最後は、生きるために死ぬ道を選び、生き残った勝元たち少数とオールグレインは、大村とバグリーの陣へ突撃し接近戦になります。

劣勢の中、死力を尽くし、大村めがけ進む反乱軍。 サムライたちの英雄、勝元の決死の突撃にひるむ政府軍でしたが、最新兵器である回転式機関銃ガトリング砲のすさまじい威力が炸裂します。容赦なく反乱軍に銃撃が浴びせかかり、力尽き、勝元とオールグレインの二人を残して全滅します。

自刃をはかる勝元を、オールグレインは止めようとします。勝元は、オールグレインに向かって「お前は名誉を取り戻した」「わたしにも名誉の死を」と最後の言葉をふりしぼります。

勝元はオールグレインに介錯を頼み、“パーフェクトだ” と言い残し最期を迎えます。脳裏には、満開の桜が今、散ろうとする瞬時が映ります。

最期のサムライ勝元の死を悼み、政府軍の兵士は皆、脱帽しその死にざまに敬意を表しひざまずきます。

謁見したオールグレインは、勝元の 遺刀を掲げ「武士のちからを守りとされたし」と勝元の言葉を天皇に伝えます。

天皇が「勝元の死に様を教えてくれ」と尋ねられると、オールグレインは「生き様をお教えします」と答えます。

謹厳実直で文武に励む武士道の精神を、決して忘れることなきようにと身を挺した勝元の生涯でした。

この映画が、日本人ではなく、アメリカ人によって表現されたことに驚くと同時に、そのメッセージが、高潔な日本人へのリスペクトになっていることに感謝したい。

映画『ラストサムライ』は、渡辺謙とトム・クルーズの演技が素晴らしく、日本とSAMURAIの姿に誇りが持てるファンタジーな作品です。