映画『恋のためらい/フランキーとジョニー』あらすじと解説/ここが見どころ!

スポンサーリンク

解説>男は、もう一度、恋をしたいと誓い、女は、もう二度と恋をしないと誓う。ニューヨークの小さなレストランで芽生えそうな小さな恋。忘れられない心の傷に月の光が優しくふりそそぐ。アル・パチーノ×ミシェル・ファイファー。せつない大人の恋愛映画。

スポンサーリンク

登場人物

ジョニー(アル・パチーノ)
刑務所から出てきて「アポロ・カフェ」で雇われるコック。
フランキー(ミシェル・ファイファー)
「アポロ・カフェ」で働くウェイトレス。
ニック(ヘクター・エリゾント)
「アポロ・カフェ」のオーナー、知事の推薦状でジョニーを雇う。
ティム(ネイサン・レイン)
フランキーの隣の部屋に住む友人。
コーラ(ケイト・ネリカン)
「アポロ・カフェ」で働くウェイトレス。
ネッダ(ジェーン・モリス)
「アポロ・カフェ」で働くウェイトレス。

あらすじ(ネタバレあり)

90年代、ごみごみしてラップが響く危険でエキサイティングな大都会ニューヨークが舞台。

つまらない罪状で前科者となったジョニーは、一度、離婚を経験している。今度こそ、ちゃんとした人生をやり直そうと希望にみちて社会復帰します。

「アポロ・カフェ」で、ウェイトレスをするフランキーは、何か不幸な過去がある様子で、男には近寄らずに一人で気ままに生活を送っています。

アパートの窓から見える人々の暮らしを、カメラが捉えながら始まります。

ジョニーは、刑期を終えて出所します。

更生先は、知事の紹介状で料理の腕前をかわれて「アポロ・カフェ」に働くことになります。

早速、ジョニーは、そこで働くフランキーをデートに誘いますが、あえなく断られます。

フランキーは、仕事を終え、家に戻り、明かりをつけ、顔を洗い、アパートから窓の外を眺めます。それぞれの窓の向こうに、それぞれの暮らしがあります。フランキーは、物憂げな様子です。

ある日、 カフェの仲間で独り身だったヘレンが亡くなります。フランキーはコーラやネッダと共に葬儀に参列し、自分も孤独に老いて、このように終わるのかとふと寂しく思います。

そこに、ジョニーも現れ、面識のないヘレンの死に涙します。

フランキーは、恋はしないと決めています。友人のティムは、ボーイフレンドを紹介しようとしますが、フランキーはそれを断り、ソファーで寝そべってビデオを鑑賞する日々を送っています。

ジョニーは、根っからの楽天主義の陽気な性格。

店でフランキーを見ると、一目惚れをして熱心にデートに誘います。彼は、何とか自分の人生を愛する人ともう一度、立て直したいと考えていました。

ただただ前に進むジョニーと、なかなか前へ踏み出せないフランキー。

カフェの仲間がシナリオライターとして認められ、パーティが開かれます。ジョニーは、フランキーをエスコートしてパーティに連れ立ち初めてのデートが叶います。

気さくでさっぱりしたフランキーと教養ある物知りを自慢するジョニー。

素敵な会話の数々をご紹介しますと・・・

フランキーの部屋を訪問するジョニーは、ティムから彼女の象の収集の趣味を聞く場面で、

・ティムが、フランキーの象の置物を指して“上向きの鼻の象は運を呼ぶのに”と話すと、

・ジョニーは、“窓に向いてないと悪運を呼ぶよ”と返します。すると、

・ティムが、“道理でだからかぁ”とフランキーの境遇を嘆きます。

部屋に訪れたジョニーの猛烈なアタックに、困惑するフランキーがティムと話す場面で、

・フランキーが、“ジョニーのことをどう思うか”とティムに尋ねると、

・ティムは、“とてもナイスだが殺人犯かもしれない”とフランキーの緊張をほぐすシーン。

花市場を訪れ、花と語らうことが好きで、それを誰にも秘密にしているとのジョニー。

・ジョニーが、真剣な眼差しでフランキーを見つめると、

・フランキーが、“その食い入るような目つきよ、やめて”と戸惑うシーン。

ふたりの語らいのシーンをカメラがズームバックし、生花店のガレージが上がると、

一面の花をバックに、フランキーとジョニーのツーショットになる。この映画の中で、鮮やかな色彩に包まれた印象的で美しいシーンです。

少し距離をおいて、ゆっくり付き合っていきたいフランキーに、

・ジョニーは、無神経に“家族が欲しい、子供が欲しい”と土足で心に入ってくると、

・フランキーは、“私は産めないのよ、やたらに恋なんかしないでよ”とキレる。

それでもめげずに電話攻勢をかけるジョニーに、フランキーは電話に出ない。

・ティムは、“電話を切るよ、だってきみからの電話がかかってくるから”と告げ、

・ジョニーは、受話器の向こうで、なぜか明るく歌っている。

機嫌を直してもらおうとジョニーは、持ち前のコックの腕前で、じゃがいもを飾り切りして、赤いシロップにつけ“キッチンで咲くバラ”を作ります。

レストランの主人ニックは、ポテトのバラが、ロマンチックかとあきれます。

素敵な会話を楽しむだけで、何だかこちらも楽しい気分になれます。

根っこは、前科者でバツいちの中年男性と暴力に心を病んだ中年に近づく女性のハードルの高い恋愛テーマだけど、演技上手の二人から目が離せません。

難しさを軽々と越えて大人のラブロマンスにしてくれています。

この部屋の中にこそ、二人が望んでいるものがあるんだ。

そしてクライマックスが訪れます。

部屋で語り合う二人に、深夜のラジオから心なごませるピアノ曲が流れます。

この恋しかないと猛烈に求愛するジョニーに、フランキーは誰かに守ってほしいと自分の本心を話し、なぜ、避けたい話題ばかりをするのかと苦しみます。

愚直なジョニーの求愛は、深く傷ついているフランキーには届きません。

度重なる説得もフランキーの神経をいらだたせるばかりでした。

やがて無神経なジョニーを、フランキーは罵倒してしまいます。

ジョニーは、深夜のラジオ局に電話をかけ、リクエストを受け付けないことを承知の上で、アンコールをお願いします。心をなごませてくれたピアノ曲 “月の光(Clair de lune)” 

この部屋に求める全てがあるとジョニーは話します。

ゆっくりと、バスルームからでてくるフランキー。

フランキーは、ついに深い傷となった過去を明かします。子供を妊娠したが、相手の男のひどい暴力で流産して子供が生めなくなった記憶を忘れられない。

男の人を愛することが怖くて、どうしてもできないと伝えます。

涙で、フランキーは、続けます。

独りになることが怖く、独りになれないことも怖い。

自分がこれでいいのか、これからどうなるのか。

すべてに怖がっていることに、疲れてしまったと。

ジョニーは、精一杯、語ります。

俺には不幸を防ぐことはできないけれど、これからはそういう時には、自分がそばにいると。

それでもフランキーのこころは、開かれることはありませんでした。ジョニーは、諦めます。

そこにDJのはからいでもう一度、その曲が流れはじめます。

クロード・ドビュッシー “月の光”。

それはニューヨークの夜のしじまに注がれる、優しいピアノの調べでした。

閉じこもったバスルームから、ゆっくりとでてくるフランキー。

解説/ここが見どころ!

深く傷ついたフランキーに、無神経なジョニーの猛進ぶりは、かなり引きます。が、そこは映画のことですからご容赦をいただくとして。

閉ざされたこころが開かれたときに、朝の光がすがすがしい。

もしかしたら、深く傷ついた人に、もう一度、恋する力を与えるのは、諦めずに自分をさらけだして猛進する熱量なのかもしれません。

ラジオからドビュッシーのピアノ曲 “月の光”が、静かに流れてきたときに、フランキーが、もう一度だけ、人を信じようと決心してバスルームのドアをあけるシーン。

そして二人がよりそう朝の窓際に、かすかに鳥のさえずりが聞こえます。

カメラは、家々の窓が、眠りから目覚めようとする朝を捉えていきます。“無条件に私を受け入れる?”との質問に、うなずくジョニー。

フランキーは、ほんとうは36歳だとあっさりと告げます。

カメラは、二人の部屋を横に移動して、天井から見下ろすアングルから、窓を映すシーンで固定。あっ、こんどは象の鼻も窓を向いています。

孤独な都会の夜にも月の光はやさしくふりそそぎ、そして朝がくる。キュートなミシェル・ファイファーとアル・パチーノのめずらしいラブロマンス。

映画「恋のためらい」心なごむ、優しくなれる作品です。