映画『ゴッドファーザーⅡ』あらすじと解説|ふたつの時代の価値観と絆

家族の愛と名誉をかけた荘厳なオデッセイ。誇り、絆、愛、信頼、親子、兄弟、夫婦、組織、忠誠、戦い、安らぎ、隷属、裏切り、かけがえのないものを守るコルレオーネ・ファミリー。PARTⅡは、若き日のヴィトーの時代。そしてマイケルの覇権欲と壊れていく家族の姿を描く。

ゴッド・ファーザーは3部作になっています。

PARTⅠは、

ニューヨーク五大マフィアのひとつコルレオーネ・ファミリーのドン、ヴィトーの時代に繰り広げられるマフィアの熾烈な覇権競いの中で、三男のマイケルが、思いとは裏腹に運命に翻弄されながら新しいドンとなり権力が継承されるまでの物語を描きます。

PARTⅡは、

ヴィトー・コルレオーネが、故郷のシチリアからイタリア系移民としてアメリカに渡り、貧しい労働者からコルレオーネ・ファミリーを築くまでの物語と三男のマイケルに代わりファミリーのキューバへの野望と家族の苦悩がパラレルに展開していきます。

PARTⅢは、

家族の幸せを求め、ケイや子供たちとの関係を修復しようとファミリーを非合法から合法的なビジネスに変えようと死闘するマイケルの姿と、立ちはだかる政治やバチカンの伏魔殿のなか崩壊する家族の最期を描きます。

登場人物

ヴィトー・コルレオーネ(ロバート・デニーロ)
イタリア系移民。シチリアに生まれるが、幼い頃、アメリカに渡りNYで暮らす。

マイケル・コルレオーネ(アル・パトーノ)
コルレオーネ家の三男。父ヴィトーの後を継ぎ、ファミリーの新しいドンとなる。

フレド・コルレオーネ(ジョン・カザール)
コルレオーネ家の次男。心は優しいが気が弱い性格で、敵の罠に陥ってしまう。

トム・ヘーゲン(ロバート・デュバル)
コルレオーネ家の養子でマイケルの義兄。ファミリーの弁護士兼相談役である。

ケイ・アダムス(ダイアン・キートン)
マイケルの妻。長男アンソニーと長女メアリーと、三人目を身籠るが堕胎する。

コニー・コルレオーネ(タニア・シャイア)
コルネオーネ家の長女。兄妹で最年少、夫カルロをマイケルに殺され憎み続ける。

カルメラ・コルレオーネ(モーガン・キング、若年期:フランチェスカ・デ・サピロ)
ヴィトーの妻であり苦楽を共にする、ソニー、フレド、マイケル、コニーの母親。

ハイマン・ロス(リー・ストラスバーグ)
マイアミを根拠地とするユダヤ系のボス。キューバに利権を持ち、マイケルを誘う。

ジョニー・オーラ(ドミニク・チアニーゼ)
ロスの部下のシチリア人。フレドと内通し、マイケルの自宅の寝室を銃弾で襲う。

パット・ギアリー(G・D・スプラドン)
ネバダ州出身の上院議員。マイケルを侮蔑するが、罠に陥り言いなりになる。

ドン・ファヌッチ(ガストーネ・モスキン)
リトルイタリーのボス。みかじめ料を取り立てる、恐喝屋のブラックハンド。

ドン・チッチオ(ジョゼッペ・シラート)
シチリアのコルネオーネ村を支配するドン。ヴィトーの家族をかって皆殺しにした。

あらすじ

ヴィトー9歳、その生い立ちとイタリア系移民としてアメリカに渡る。

PARTⅡは、物語の起点に立つ。

シチリア島のコルネオーレ村で、後のゴッドファーザーとなるヴィトー・アンドリューは生まれる。

1901年冬、ヴィトーの父は地元マフィアのドン・チッチオを侮辱し殺されます。

復讐を誓う兄パオロも殺され、残されたのは母とヴィトーの二人、母はドン・チッチオに「この子は、小さくて弱虫なので」と命乞いに訪れるが、「大人になって、強くなって復讐をする」と聞き入れてもらえず、刃物を隠し持った母は自身の命を身代わりにヴィトーを逃します。

ヴィトーは仲間のはからいで難民船に乗り込みニューヨークに辿り着きます。

英語が解らないヴィトーを “コルレオーネ村より” との名札をみた係員は、ヴィトー・コルレオーネと呼び、天然痘に罹患していたためエリス島の収容所に送られます。

こうして両親も、兄弟も、頼るものは誰一人いない孤児となります、ヴィトーはこの時9歳でした。

コルレオーネ・ファミリーはネバダに移り、ホテルとカジノを展開する。

物語は現在に。1958年ネバダ州レイク・タホ。

マイケルは拠点をネバダに移し、レイク・タホに大邸宅を構えます。

ヴィトーの孫、マイケルの息子ヴィトー・アンソニー・コルレオーネの聖餐式が、荘厳に行われます。妻ケイ、母カルメラ、妹コニーとその恋人が顔を見せています。

式典で挨拶する州選出のギリー上院議員は、ネバダ州へのマイケルの寄付に感謝の辞を述べます。

部屋に戻ると、ギリー上院議員がマイケルを訪ね、ネバダへのホテルやカジノなどの事業拡張に対し、許可料の大幅なアップや売上のロイヤリティを強要し、さらにファミリーのプライドを傷つける言葉を浴びせかけます。マイケルは要求をその場で否定します。

お互いの偽善を確認しながら、さらにファミリーのプライドを傷つけることを許しません。

次の来客はコニー。離婚して間もないのに新しい恋人と一緒で、結婚して豪華客船エリザベスで旅行に行くために金を無心します。マイケルはコニーの放蕩を説教します。マイケルはコニーに子どもと一緒にタホの屋敷に住むことを薦めます。

コニーには前夫カルロを殺したマイケルへの恨みがあり、マイケルはそんなコニーに失望します。

晩餐の席でも、“1000年の家族の幸せを”との乾杯の唱和に、コニーは父ヴィトー亡き後の不幸な家族をうらめしく語り、次兄のフレドはパーティの席で気が強く我儘な妻の態度が手に負えません。

そのなかで疑惑に満ちた目で、マイケルをじっとみつめるケイ。

妹コニーはマイケルを恨み、次兄フレドは弱く、マイケルを家長とするコルレオーネの家族は、どこかぎくしゃくしています。

マイケルが銃撃される、それもケイと子供たちがいる自宅の寝室で。

会場にはニューヨーク時代のヴィトーの古参クレメンザのシマを受け継いだフランクと部下のチチが訪れ、マイケルへの面会を待っています。

次の来客はジョニー・オーラ。マイアミを拠点とするユダヤ人マフィアのボス、ハイマン・ロスの信頼する部下でシチリア人です。ジョニーはロスがマイケルの事業に協力を惜しまないとのメッセージを伝えに来ます。

フランクはやっとマイケルとの面談機会を得ます。クレメンザが残したナワ張りを傍若無人に荒らすロサト兄弟に我慢ならず、フランクはマイケルに粛清の許可を求めますが、ロサト兄弟はロスの庇護の下にあり、ロスとの友好を優先するマイケルは争いを認めません。

フランクはロサト兄弟の商売が売春や麻薬であることを馬鹿にして、マイケルの許可無しでも自分のシマの問題だからロサト兄弟を殺すと言います。マイケルはフランクにロサト兄弟と問題を起こすことを許しません。

マイケルはロスと父親のヴィトーが古い付き合いであることの話を持ち出すが、フランクは「ヴィトーは関係を大切にしていたが、信頼はしていなかった」と言います。

マイケルはロスとの事業の計画があり、フランクのニューヨークでのトラブルについて目をつぶらざるを得ないのです。話は決裂して、フランクは部屋を出て行きます。

夜も深まりマイケルはケイとダンスをします。ケイはマイケルに「5年で裏の世界とは手を切ると言ったが、それは7年目のことだ」と言います。マイケルは「分かっている、努力している」と答えます。

夜更けて寝室に入るマイケル、ベッドに横たわるケイと語らう中、突然、カーテンの向こうから銃が炸裂し部屋中に弾丸が撃ちこまれます。

マシンガンは容赦なく二人の寝室に銃弾を浴びせつけ、マイケルもケイもかろうじて難を逃れます。

マイケルは想定していたことが起こった、内部に裏切り者がいると考えます。 マイケルはトムに「ファミリーと言っても皆、損得のお金の感情で動いておりトム以外は誰も信じられない」と語ります。

そして唯一、信頼できるトムにファミリーや家族を全て任せ、明日、マイアミに出発すると言います。

妻とつつましく暮らす、若き日のヴィトーの正義感と義理堅さ。

1917年ニューヨーク、ヴィトー・コルレオーネ。

青年になったヴィトーはイタリア移民たちの街に住んでいます。貧しい暮らしですが愛する伴侶のカルメラを得て、長男ソニーも産まれます。

ある日、ヴィトーは相棒と連れ立って美人が出演すると言うオペラを見に行きます。

出番を終え楽屋に行くが、そこにマフィアのボス、ドン・ファヌッチが小屋の主人に金の取り立てを行っていました。貧しく気の弱いイタリア人たちはファヌッチにショ場代をむしり取られていたのです。

ヴィトーは同じイタリア人をなぜ苦しめるのか、と思います。

その夜、隣人が突然、ヴィトーに預け物をします。来週取りに来ると言って窓越しに投げ入れたのですが、それは拳銃でした。ヴィトーはカルメラに見つからないように保管します。

ファヌッチはヴィトーが働く雑貨店にも訪れ金をせびり、そして甥を働かせるように店主に命じます。断れない店主はヴィトーをクビにせざるを得ません。

ヴィトーは自分に優しくしてくれた店主に感謝をして店を去ります。職を失ったヴィトーは窓越しに荷物を預けた男と出会います、彼の名前はクレメンザといいました。

クレメンザは預かってもらったお礼に絨毯をプレゼントするといいます。そして金持ちの友達だと嘘をつき、家に侵入し絨毯を持ち出します。それはヴィトーが初めて盗みを働いた日になりました。