映画『フォレスト・ガンプ/一期一会』あらすじと解説/ここが見どころ!

スポンサーリンク

概要>人生はチョコレートの箱、開けてみるまでは分からない。誠実さと足の速さはだれにも負けない知能指数75のフォレストは、ひたむきに生き好奇心と強運で次々に人生が展開する。アメリカ現代史も楽しみながら心で見て心で感じることの大切さを教えてくれます。

スポンサーリンク

登場人物

フォレスト・ガンプ(トム・ハンクス)
IQ75と知能指数は低いが、好奇心を持ち自分の人生を強運で拓いていく主人公。
ミセス・ガンプ(サリー・フィールド)
フォレストを愛し、自分の人生は自分で切り拓くように教えてくれたママ。
ジェニー・カラン(ロビン・ライト)
フォレストの愛を感じながらも、正反対の道を歩んでいくが最後は結ばれる。
バッバ・ブルー(ミケルティ・ウィリアムソン)
ベトナムでの戦友で、二人でエビ漁をやろうと誓い合ったが戦死してしまう。
ダン・テイラー(ゲイリー・シニーズ)
ベトナムでの上官で、両脚を失うがフォレストのおかげで生きる意味を取り戻す。
フォレストJr.(ハーレイ・ジョエル・オスメント)
ジェーンと一夜をともにしてできた息子で、障害はなく利口で一緒に暮らす。

Amazon.co.jp | フォレスト・ガンプ 一期一会 デジタル・リマスター版 [Blu-ray] DVD・ブルーレイ - トム・ハンクス, ロビン・ライト, ゲイリー・シニーズ, サリー・フィールド, ミケルティ・ウィリアムソン, ロバート・ゼメキス
Amazon.co.jp | フォレスト・ガンプ 一期一会 デジタル・リマスター版 DVD・ブルーレイ - トム・ハンクス, ロビン・ライト, ゲイリー・シニーズ, サリー・フィールド, ミケルティ・ウィリアムソン, ロバート・ゼメキス

あらすじ(ネタバレあり)

小さなはねが一片、フォレストの足もとにゆっくりと舞い落ちてきます。彼はそっと羽をつかみ、カバンを開けて本の間に挟み大切にしまいます。“人生はチョコレートの箱みたい、食べるまで中身は分からない” ママからそう教わったフォレストはバスを待つ間、ベンチに腰掛ける隣の人々に自分の半生を回想していきます。

少し知能が低いフォレストを、ママは普通の学校に入れます。

ママは南北戦争の英雄ネーサン・フォレストの名にちなんで『フォレスト』と名前を付けました。血が繋がっているといいますが、彼は後にKKKというクラブをつくった人で、これが“フォレスト・ガンプ”の名前の由来ということでした。

フォレストの最初の靴は、魔法の靴でした。

フォレストはアラバマ州グリーンボウルに住んでいました。父は家を出ていったきりで、家族はフォレストとママの二人。背骨が曲がってうまく歩けないフォレストは、両足に矯正器具をつけてもらいます。フォレストは知能指数(IQ)が75しかなく、学校の先生は彼を養護学校に入れることを薦めますが、母親は普通の子供と同じように育てたいと主張し公立小学校に入れます。

家はずっと昔から住んでいる大きな屋敷で使わない部屋が多くあり、旅人たちを泊めて生計をたてています。時には部屋が旅人で満杯になることもありました。

ある日フォレストは旅人でギターを弾く若い男のリズムに合わせて、体を動かし腰を振ってノリノリで踊ります。その後ママと買い物に行った帰り道で街頭のテレビで、その男がフォレストのからだのふりを真似しながら踊り歌っているのを見ました。それは後にキングと言われた“エルヴィス・プレスリー”でした、その後、彼は歌いすぎで心臓マヒを起こしたとか。

はじめて学校に行く初日、スクールバスに乗って挨拶をするフォレストですが、誰もが冷たい態度です。そのなかで唯一、バスの席を空けてくれた美しい女の子と出会います。彼女の名前はジェニー・カラン、フォレストにとって天使でした。ママ以外の人で話してくれたのは彼女が始めてで、その日から二人は豆と人参のようにいつも一緒でした。

家の近くの大きな木で、木登りを教わり、ぶら下がる事を教え、読み方を教わり、ブランコを教えて。ただ座って星を待つ日もありました。ジェニーは何故か家に帰るのを嫌がります、彼女はフォレストのたった一人の特別な友達でした。

フォレストの魔法の靴は、だれよりも早い足に変えてくれました。

ママは “奇跡は起こる”と言いましたが、ほんとうに奇跡が起こります。

ある日フォレストはいじめっ子たちに石を投げつけられ追い回されます。ジェニーは「逃げて」とフォレストに言います。フォレストはジェニーの言う通り不自由な足で逃げだします、捕まりそうになりながらも必死で逃げていると、なんと両足の矯正器具が外れて思いのままに自由に走れるようになりました。そしてさらに早く、風のように走れるようになりました。

ママは “神様の働きは不思議だ”と言います。

それから父親に性的虐待を受けていたジェニーを、フォレストは手をとって草原に隠れ、鳥になって父親から逃げだすことを一緒に祈ります。やがて鳥ではなく警察がやってきて父親は逮捕されジェニーは親戚のおばあさんに引き取られ虐待を逃れます。その家はフォレストの家の近くで、夜になると時々ジェニーは家を抜け出して遊びにやってきました。

こうしてフォレストとジェニーは高校生になっても仲良しでした。フォレストは高校でもいじめられっ子に石を投げられ車で追い回されて懸命に逃げていくうちに、アメリカンフットボールの試合中のグランドに紛れ込みます。そして足の速さが買われてアラバマ大学へスポーツ推薦で入学することになりました。さっそくフットボールチームではフォレストは俊足をいかして大活躍をします。

ケネディ大統領に会い、そしてべトナム戦争に志願し出征する。

ジェニーは女子大に進みます。「大人になったらなにになる?」と聞くジェニーに、フォレストは「ぼくは僕だ」と言います。ジェニーは「ジョーンバエズのような有名な歌手になりたい」と言います。

フォレストはアメリカンフットボールの試合に連勝し全米代表チームに入り、ケネディ大統領に会い、記念撮影もします。その若き大統領が銃で撃たれ、数年後に弟もホテルのキッチンで撃たれます。

フォレストはアラバマ大学の卒業式の日に軍隊にスカウトされ入隊を決意。志願者が乗り込むバスの中で自己紹介をするフォレストですが、ここでも誰もフォレストを隣に座らせませんでしたが一人の黒人が席を空けてくれました。

名前は“ベンジャミン・バッバ・ブルー”、同じアラバマ州の出身で皆はバッバと呼んでいます。

バッバの家はママもそのまたママも代々がエビ料理のレストランをしていて、バッバも兵役を終えたら、エビで暮らしを立てていくといいます。

フォレストは新兵の訓練所では命令に対して「はい」と答え、言われたことを疑わずにただ行う軍隊の規律がなぜかあっていました。それでも兵舎の夜は寂しく、時々、ママやジェニーのことを考えます。

ジェニーは雑誌プレイボーイの写真モデルがばれて大学を退学となり、メンフィスの劇場でストリッパーをやっていました。ある時、酔客がジェニーをからかい、フォレストはジェニーを守ろうと喧嘩になりました。フォレストはいつもジェニーを想いますがジェニーにはその優しさが重荷になっています。

フォレストはべトナムへ出征することをジェニーに告げます。ジェニーは「何かあったら勇気など見せずに走って逃げること」をフォレスト約束させます。そしてフォレストはベトナムへ出征します。

戦場でフォレストは勇敢に戦い、親友のバッバを失くします。

ベトナム戦線に参加したフォレストは、小隊長のダン・テイラー中尉が率いる第4小隊に配属されます。ダンは歴戦の勇者で頼りになる上官でした。戦地はメコンデルタ地区で、雨季の川を渡り進撃します。フォレストとバッバは相棒として助け合います。

バッバはフォレストに「除隊したら俺とエビ商売を始めないか?」と誘います。バッバは経理のできる頭のいい男でした。フォレストは戦地からジェニーに手紙を送ります、自分のことを書きジェニーのことを尋ねます。そして最後にはいつもおなじように “愛をこめてフォレスト・ガンプ” と綴りました。

ある日、雨季があけ空がさっと晴れた日に突然、敵のすさまじい攻撃を受けます。小隊は大打撃を受けダン中尉は後退を命じます。フォレストはジェニーに誓った通り全力で走って後退します。ところが、バッバが心配で助けに戻る途中に、たくさんの負傷した仲間たちがいました。フォレストは戦友たちを探してはひとりひとり担ぎ上げ、無我夢中で自慢の俊足で川のほとりの安全な場所に避難させます。

負傷しながらも味方の総攻撃を要請していたダン小隊長も助け、かえしてバッバを救助に向かいますが、バッバは被弾してすでに致命傷を負い瀕死の状態でした。フォレストは味方のナパーム弾による総攻撃の前を全力でバッバを背中に担いで走ります。

フォレストにとってバッバはかけがえのない親友でした。バッバはエビ採り船の船長になるはずだったのに「うちに帰りたい」と言い残してベトナムで死んでしまいます。

戦場の功績で大統領から栄誉勲章を授かり、ジェニーとも再開します。

戦いで尻に被弾したフォレストは軍病院に送られ手当てを受けます。隣のベッドには両脚を失ったダン中尉がいました。ジェニーに出した手紙はすべて宛名不在で返送されていました。病院では同じ負傷兵にピンポンを教わり、なぜがピンポンとの相性がよく、あっという間に上達します。

ある夜、ダン中尉は戦場の英雄として死ぬつもりだったのに救助され両脚を失い生きていくことの辛さを、助け出してくれたフォレストになじりました。みじめで不自由な姿になってしまった自分に苦悩するダンは、翌日、帰国します。

フォレストも2週間後に帰国し、勇敢に戦い戦友を救助した功績でジョンソン大統領の叙勲式に出席し栄誉勲章を贈られます。

首都ワシントンを見物しているとベトナム反戦デモの行列に加えさせられます。そしてフォレストは反戦黒人解放組織のブランクパンサー党の仲間として集会で戦争の悲惨さを伝えるスピーチを依頼され、観衆の中にいたジェニーと再会します。ジェニーはUCLAの反戦委員長と付き合っていました。

首都の街を一晩中、フォレストはジェニーと歩き想いを伝えますが、相反する立場のジェニーは「私たちの進む道は違う」と言います。それでもフォレストは「これをきみに」と大統領からも授かった勲章をジェニーに渡します。そしてジェニーはフォレストの前から姿を消しました。

ピンポン外交に貢献しジョン・レノンと対談、ダンに再会し悲しみを知る。

テレビがアポロの月面着陸をニュースで報じるころ、フォレストはベトナムには戻らず、特別奉仕隊に入りピンポンで負傷兵を慰問します。そして全米代表卓球チームとして中国への「ピンポン外交」を行います。

そしてアメリカに帰ったフォレストは、中国に行ったアメリカ人としてテレビショーに招かれてジョン・レノンとも対談します。ジョン・レノンは、その後、何の理由もないのに誰かに撃たれます。

偶然ニューヨークで両脚を失ったベトナム時代のダン中尉と会います。ダンは脚がないのでもっぱら腕を強くする運動をしていました。フォレストはクリスマスをダンと一緒に過ごします。そして大晦日の夜、賑やかなタイムズスクウェアでジェニーのことを思います。

新年を迎えた夜に部屋で愉快な二人の娼婦たちとハメを外すダンですが、娼婦がフォレストを蔑んだことで彼女たちを追い出します。人にはそれぞれ嫌いな言葉があります。ダン小隊長は“身障者”という言葉、フォレストは“バカ”という言葉。それからダンはフォレストに「新年おめでとう」と新しい年を祝います。

ニクソン大統領が卓球チームをホワイトハウスに招待します。フォレストはまたアメリカ大統領と会います。フォレストはウオーターゲートビルの前のホテルに宿泊し、向かいのビルの怪しい出来事を警察に通報します。その後ニクソン政権は倒れ、政権はジョンソンに引き継がれます。

バッバの遺志を継ぎ、バッバ・ガンプ・シュリンプ社を設立し事業を行う。

やがてフォレストの軍隊生活は終わり、故郷のアラバマに帰ります。そしてすぐにフォレストはバッバとの約束を守るために、彼の家族に会いに行きバッハの墓を参り遺志を継ぐことを報告します。

そして「バッバ・ガンプ・シュリンプ」を設立してエビ漁の事業に乗り出します。エビ採り船を購入しますがなかなか思うように採れなく、漁師のアドバイスを受けてげんを担ぐために船に“ジェニー号”と名前をつけます。

そのころジェニーはヒッピーとなってマリファナに溺れていました。フォレストは行方しらずのジェニーを想い続けます。

やがてダンもフォレストのエビ漁に加わります。ダンもフォレストと一緒にエビ漁に夢中になり、生まれ変わったように元気を取り戻しますが、それでも漁はかんばしくありませんでした。

そこで毎日曜に教会に行きフォレストは収穫を祈ります。それでもあいかわらず収穫はありません。ある日、ハリケーン “カルメン” が海を襲います。沿岸に停泊したエビ漁の漁船は壊滅的な被害を受けますが、たった一隻、フォレストのジェニー号は嵐に耐えて無事でした。

それから大量続きに恵まれます。エビはシュリンプカクテルやバーベキューに必要でバッバ=ガンプ社のエビは売れに売れます。ダンはフォレストに感謝し、それまで自らの不幸に神を信じなかったダンは、神と仲直りをしたようです。

最愛のママを亡くし、再会したジェニーもフォレストのもとを去ります。

ある日フォレストのもとにママが病気だと連絡が入り、急ぎ自宅へ戻ると癌で死期が近いと知らされます。

ママはフォレストに「死を怖がらないでね、生の一部なのだから」といい「自分の運命は自分で見つめるもの、神様の贈り物を生かして。人生はチョコレートの箱、食べるまで中身は分からない」と言い残して死んでいきます。

その後、ダンはエビ漁で稼いだ金をフルーツの会社(アップルコンピューター)に投資して “一生食う金に困らない” くらいの大金持ちになります。同時にフォレストも投資で大金持ちになりますが、ママが良く言っていた “意味のないお金は無駄な金” の教えを守り、一部はごっそり教会へ、一部は漁師共済病院へ寄付をして、そしてバッバの取り分を彼の家族に渡します。

夜、ひとりになるとフォレストはジェニーを想います。

ある日ジェニーが訪ねてきます。二人は昔のように“豆と人参”のように仲良くなります。ジョニーとのひとときは本当の家族のように幸せでした。フォレストはジェニーにプロポーズをします。ジェニーもフォレストを愛し二人はその夜、結ばれます。

しかし、翌朝早くジェニーは、フォレストのもとを去っていきました。成功して大金持ちになったフォレストと落ちぶれた日々を送るジェニー。二人の間は大きな違いがありすぎることを彼女は思います。

ジェニーが去りしばらく放心状態だったフォレストは、なぜか走りたくなります。彼はジェニーから贈られたナイキのシューズを履いてアラバマ州を横断します。彼はなんの理由もなく走り続けます。そしてカルフォルニア州まで走り、さらに走り続けます。走りながらママやバッバやダンのことを、そしてジェニーのことを想います。

こうしてアラバマ州の庭師のフォレスト・ガンプは2年間を走り続け、アメリカ大陸を横断します。そしてさらに4回も大陸を横断。訳もなく走るフォレストの後ろをひとりまたひとりと人々が続いて、やがて大勢が彼と一緒に走ります。

ママは言った “過去を捨ててから、前へすすめ” と。フォレストは結局3年と2か月と14日と16時間走り続けます。そして疲れてアラバマに戻ります。

バス停のベンチから駆けだし、ジェニーと再会し二人は結婚します。

レーガンの暗殺未遂が行われた日、ジェニーから手紙が届きます。そしてフォレストはジェニーに会いに行くためにバスを待ち続けていました。隣の老婦人から目的地はバスに乗るほどの距離ではないことを知らされ、フォレストは懸命に走ります。そしてジェニーの住むアパートに辿り着きます。

ジェニーはフォレストを歓迎し今までのことを詫びます。ジェニーは子供と住んでいて子供の名前はフォレストjr、父親がフォレストであることを打ち明けます。

「頭はどうなの?」と心配するフォレストに「とても利口よ、学校で一番なの」と答えるジェニー。

ジェニーは「ウィルスの不治の感染病(HIV)にかかっている」と言います。フォレストは「グリーンボウルに一緒に住んで看病をする」と言います。そうして二人は、ついに結婚を誓い合います。結婚の祝いにダンもかけつけます。ダンはチタン合金で作った義足をつけていて、アジアの女性と結婚して幸せそうでした。

フォレストはダンの足を「魔法の脚だ」といって祝福します。

ジェニーが死にフォレストは人生に感謝し、息子を育てる決意をします。

ジェニーの死期が近づきます。ジェニーはベトナムでのことをフォレストに尋ねます。

フォレストは「ベトナムの美しい星空、山や湖のこと」を話します。ジェニーが「一緒に見たかった」と残念そうに言うと、フォレストは「いつも一緒だった」と言います。

そしてジェニーは土曜の朝に死にました。フォレストは小さなころ二人で上った木の下にジェニーの亡骸を埋めます。そして彼女の苦しい思い出となった家もブルドーザーで壊しました。悲しみに耐えて、フォレストは息子の子育てをがんばっていることを墓前のジェニーに報告します。

フォレストは人生には定めがあるのか、ただ風に乗ってさまよっているのか分からないけれど、多分、その両方なのだろう。両方が同時に起こっていると思います。

「欲しいものがあったらいつでも呼んでくれ」そう言い残してフォレストは、ジェニーの墓を去っていきます。そしてフォレストは自分が初めて学校に行った時と同じように、息子がスクールバスに乗るのを見送ります。

その足元からは、一片のはねがゆっくりとどこまでも空に舞い上っていきます。