中長編小説

中長編小説

太宰治『斜陽』あらすじ|新しい社会を恋と革命に生きる女性の姿。

解説>戦闘開始!人間は、恋と革命のために生まれてきたのだ。裕福な家系に生まれ戦後の没落する貴族階級のなか、母の死を見とどけ、かず子の道徳革命が始まります。変化する社会の中でシングルマザーとして生きる決意をする逞しい女性の生き方を描きます。
中長編小説

太宰治『人間失格』あらすじ|ただ、いっさいは過ぎて行くということ

解説>「恥の多い人生を送ってきました」の始まり、残酷な「無垢の信頼心は、罪の源泉なりや」の出来事。裕福な家に生まれながら人間関係に適応できない大庭葉蔵の人生は、破滅の道を歩みます。それは太宰自身を投影し弱者への慈悲の眼差しでもありました。
中長編小説

夏目漱石『坊ちゃん』あらすじ|明治を生きた漱石のほんとうの歴史観

解説>曲がったことが大嫌いで、正義のためなら自身を顧みない坊ちゃん。ずる賢い赤シャッに立ち向かい、そして美しく敗北する。東京から松山の中学校に赴任した坊ちゃんが巻き起こす正義感あふれる痛快で純朴な物語。漱石は近代日本をどう見ていたか。
スポンサーリンク